4Kが彩る映像演出を 〜 シネ・フォーカス4Kプロダクト内覧会

映像・音響の企画演出を手がけるシネ・フォーカスは12月2日~3日@大田区産業プラザPiOで「4Kプロダクト内覧会」を開催した。会場には「4K2.6mmLEDディスプレイAirMAG-2横10m×縦5m自立タイプ」、「4KレーザープロジェクターPanasonic」、「4K 98インチ液晶ディスプレイ Panasonic」が展示された。

シネフォーカストP2.6mmLEDはディスプレイは今年のライブ&イベント産業展に出展したものだが、今回は会場の天井高に合わせたサイズにしたことと、吊上げ式から自立式への変更があった。自立式は下から順に設置するが、最初の段の水平をとるのに苦労するが、製品の精度が高いため2段目以LED裏側降はきちんと組み上げれば、隙間は生まれないようになっているという。50cmx50cmのパネル1枚が9kgと軽量で今回のような大型化が可能になった。

プロジェクター

レーザープロジェクターは1万ルーメンと高輝度の製品を採用。ピクセルの格子が見えないなめらかな映像を映し出す。経時変化の少ないレーザー高原と内蔵の輝度センサーで約2万時間という長時間の連続運用も可能だ。

液晶98インチ液晶ディスプレイは、公共スペース、店舗サイネージ、イベント、会議室などさまざまなシーンに対応する汎用性の高さが特徴。高画質に加え、業務用ならではの堅牢性や24時間稼働への対応、縦置きで等身大映像の演出などで広いニーズに対応する。

会場では、視察に訪れたイベント関係者が会場内の商談テーブルで、4Kを活用した演出の導入などについて、同社の社員と相談する姿が見られた。

関連記事

広告

PR

イベント大学 by イベント学会

イベント大学 Powered by イベント学会   感動、喜び、発見、楽しみ。イベントには新たな時代を創る力がある。イベント学会最大のリソース=会員の知識・知恵の共有と活用、個人会員/賛助会員とも相互にもっと知り合う場を創出する

イベントの未来をつくる105人

イベントの未来をつくる105人 森ビル 虎ノ門ヒルズフォーラム   時代とともに進化していくイベント。 そのイベントの未来の形を考えながら、これから活躍する人々や技術を発掘し、イベントのつくり方などをサポート。5年後10年後の未来を探るコミュニティです。

2024年6月の展示会・イベント

2024年6月のイベント・展示会の開催予定

次号 「LIVeNT2024」の歩き方

108号特集: -「LIVeNT2024」の歩き方 (2024年6月30日発行)

- イベント企画・運営・機材・用品・会場・施設・イベントテック
- イベント総合展 - ライブ・エンターテイメントEXPO
- 第16回マーケティングWeek夏

イベントマーケティング バックナンバー

107号 2024年5月31日発行

安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー 安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー


106号|2024年4月  
体験価値を向上する映像のチカラ 演出意図と実践

105号|2024年3月  
会場・エリアと共創するイベントづくり

104号|2024年2月  
空間デザインの分岐点

103号|2024年1月  
2024 年の動向を聴く

102号|2023年12月  
体験価値をあげるイマーシブな演出と映像活用

101号|2023年11月  
会場からはじまるイベントづくり -

100号|2023年10月  
イベントプロフェッショナル100

Like Us On Facebook

Facebook Pagelike Widget

イベマケYoutubeチャンネル

イベントマーケティングYoutubeチャンネル

2024年 編集計画(特集)

月刊イベントマーケティング 2024年編集計画(特集)

 

PR

カテゴリー

広告

ページ上部へ戻る