映像センター 東北映像機器フェスティバル2016に出展

株式会社映像センター(本社:東京都江東区 代表取締役社長 尾﨑求 http://www.avc.co.jp/)は昨年に引き続き「東北映像機器フェスティバル2016」に出展する。本展示会では正規輸入総代理店をつとめているAVマウントブランド<CHIEF(チーフ)>と、商空間や店舗などで情報発信ツールとして活用されているLED表示システム、2つのソリューションを展示する。「サイネージによる情報発信」という共通したキーワードのもとに、場所や用途に応じた設置・設営を可能にするディスプレイ・プロジェクター用のマウントソリューションと、耐久性・メンテナンス性に加え色再現に優れた美しいLED表示システムを同時に体験できる。また今年で2年目となるCHIEF全国キャラバンは、引き続き6月末の「サウンドフェスタ(大阪)」、7月末の「九州放送機器展(福岡)」と出展を予定している。

東北映像機器フェスティバル 2016
撮影から編集・送出・ライブラリー、そして中継と映像製作に関するあらゆる機器を一堂に集めた東日本唯一の映像に関する総合機材展。また、東北のコンテンツ制作の向上を目的とした「東北映像フェア2016」も同時開催。
http://www.tohoku-eikyo.or.jp/

20160519160507

■ 名 称
「東北映像機器フェスティバル 2016」&「東北映像フェア 2016」
■ 開催日時
2016年6月2日(木) 10:00〜17:00
2016年6月3日(金) 10:00〜16:00
■ 会 場
仙台国際センター展示棟 青葉山コンソーシアム(指定管理者)
〒980-0856 仙台市青葉区青葉山無番地
Tel. 022-265-2211(代表)
Fax. 022-265-2485
http://www.aobayama.jp/intro/
■ 主 催
一般社団法人 東北映像製作社協会
http://www.tohoku-eikyo.or.jp/
■ 入 場
無料
■ 事務局
東北映像機器フェスティバル 2016 実行委員会
事務局:中村 倫明 (株式会社 システムズ)
事務局e-mail:kiki-j@tohoku-eikyo.or.jp

【 本件に関する問い合せ先 】
株式会社映像センター 広 報担当 佐藤芳子 佐藤郁 (管理企画室 広報課)
TEL:03-3527-8571 FAX:03-3527-8580 E-mail:pr-avcinfo@avc.co.jp

関連記事

広告

PR

イベント大学 by イベント学会

イベント大学 Powered by イベント学会   感動、喜び、発見、楽しみ。イベントには新たな時代を創る力がある。イベント学会最大のリソース=会員の知識・知恵の共有と活用、個人会員/賛助会員とも相互にもっと知り合う場を創出する

イベントの未来をつくる105人

イベントの未来をつくる105人 森ビル 虎ノ門ヒルズフォーラム   時代とともに進化していくイベント。 そのイベントの未来の形を考えながら、これから活躍する人々や技術を発掘し、イベントのつくり方などをサポート。5年後10年後の未来を探るコミュニティです。

2024年6月の展示会・イベント

2024年6月のイベント・展示会の開催予定

次号 「LIVeNT2024」の歩き方

108号特集: -「LIVeNT2024」の歩き方 (2024年6月30日発行)

- イベント企画・運営・機材・用品・会場・施設・イベントテック
- イベント総合展 - ライブ・エンターテイメントEXPO
- 第16回マーケティングWeek夏

イベントマーケティング バックナンバー

107号 2024年5月31日発行

安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー 安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー


106号|2024年4月  
体験価値を向上する映像のチカラ 演出意図と実践

105号|2024年3月  
会場・エリアと共創するイベントづくり

104号|2024年2月  
空間デザインの分岐点

103号|2024年1月  
2024 年の動向を聴く

102号|2023年12月  
体験価値をあげるイマーシブな演出と映像活用

101号|2023年11月  
会場からはじまるイベントづくり -

100号|2023年10月  
イベントプロフェッショナル100

Like Us On Facebook

Facebook Pagelike Widget

イベマケYoutubeチャンネル

イベントマーケティングYoutubeチャンネル

2024年 編集計画(特集)

月刊イベントマーケティング 2024年編集計画(特集)

 

PR

カテゴリー

広告

ページ上部へ戻る