日本を代表するストリートアーティスト8組が 飯田橋のオフィスビルをアートで埋め尽くす!? アートイベント<VATES ベイツ>9月3日・4日限定開催

VATES実行委員会は、アートプロジェクト「#BCTION」「POW! WOW! JAPAN 2015」・音楽フェスティバル「RAINBOW DISCO CLUB」の各主催者であるJOJI SHIMAMOTO、TAKUMA KOBAYASHI(JAM THE LIFE Inc.)、MASAHIRO TSUCHIYA / YUTA SHIMIZUが結託して、2016年9月3日(土)・4日(日)の2日間、株式会社新英の新英ビルでアートイベント<VATES ベイツ>を開催する。
またそれにあわせて、未公開だった「#BCTION@麹町」のドキュメントを一般公開した。

<VATES ベイツ>:
http://vates.jp
「#BCTION」動画 #BCTION Documentary:
https://www.youtube.com/watch?v=xWbjwnnJ50A

■<VATES ベイツ>の未来に向けた新たな挑戦
ミューラル&ミュージック(壁画と音楽)を軸に、日本アンダーグラウンドアートシーンの「現在と未来」を体現できるアートイベント<VATES ベイツ>。今回のローンチイベントはVATES 2016 IIDABASHI“ACTIVATE”と題され、日本のアートカルチャーを世界へ発信する。未来に必要とされるアートの概念をストリートアートと実力派DJ達によるプレイに特化して表現し、会場ではスケートボードのミニランプ設置、子供向けキッズウォールの併設、ビルの提供を行った株式会社新英とアーティストがコラボしたクリアファイルや特注バインダーなどのアートグッズの販売も予定。

■多数のブランドやショップがサポート!
信頼の国内音響ブランド パイオニア、ハイセンスなアウトドアブランド Monro、常に時代の少し先を提案するインテリアショップ ASPLUND、遊びの中に新しいチカラを創造するGREENFULがイベントをサポート。世界的に注目が高まるカルチャーでありながら、日本の都市部では「非常識」とされるミューラルアートを体験。

■<VATES ベイツ> 概要
イベント名: VATES 2016 IIDABASHI“ACTIVATE”
入場料  : 無料
会場   : 新英ビル(株式会社新英/東京都新宿区新小川町1-16)
WEB    : http://vates.jp
Facebook : https://www.facebook.com/vatesart
Instagram : https://www.instagram.com/vates_art

会期:
8月29日(月)~9月4日(日)(作家制作期間/見学来場のみ可能)
9月 3日(土)ブロックパーティ開催(フリー制/どなたでも来場可能)
9月 4日(日)ブロックパーティ開催(フリー制/どなたでも来場可能)
9月 5日(月)~9月11日(日)展覧期間(アポイント制/どなたでも来場可能)

出演アーティスト(a-z順):
<ペインター>
COOK ONE: https://www.instagram.com/cookdissizit/
HIDEYUKI KATSUMATA: http://hideyk.com
JAY SHOGO: http://www.jay-shogo.com
JONJON GREEN: http://www.jonjongreen.com
MON: http://www.koutaroooyama.com
MHAK: http://mhak.jp
ONEZKER: https://www.instagram.com/onezker/
TADAOMI SHIBUYA: http://dutchuncle.co.uk/tadaomi-shibuya

<DJ>
9月3日
KIKIORIX: https://soundcloud.com/kikiorix
DJ NOA: https://www.facebook.com/dj.noa.tokyo
YOSA: https://soundcloud.com/yosa
9月4日
ALYN: https://soundcloud.com/alyn-1
Hyota.: https://soundcloud.com/hyota
Youforgot: https://soundcloud.com/youforgottt
Koudai: https://soundcloud.com/koudai2bk

■<VATES ベイツ>の名前の由来
日本アートシーンの底上げとして誕生。
Culture(文化)の語源はラテン語のCultivate(耕す)。文化は心を耕すところからCultureという言葉が生まれた。VATESはCultivateから派生するInnovate,Activate,Motivate,そしてprivateという、様々なvateを意味する造語である。

ACTIVATE(活性) VATESを通じて街を活性化。
INNOVATE(革新) VATESを通じて新しいエンターテイメントを東京に導入。
MOTIVATE(動機) VATESが一つの動機となり、人々に新しい価値観を。
PRIVATE (秘密) これはまだあなたしか知らない東京の新しい楽しみ方。

■問い合わせ先
一般的な問い合わせ     : contact@vates.jp
ボランティア参加の問い合わせ: contact@vates.jp

関連記事

広告

PR

イベント大学 by イベント学会

イベント大学 Powered by イベント学会   感動、喜び、発見、楽しみ。イベントには新たな時代を創る力がある。イベント学会最大のリソース=会員の知識・知恵の共有と活用、個人会員/賛助会員とも相互にもっと知り合う場を創出する

イベントの未来をつくる105人

イベントの未来をつくる105人 森ビル 虎ノ門ヒルズフォーラム   時代とともに進化していくイベント。 そのイベントの未来の形を考えながら、これから活躍する人々や技術を発掘し、イベントのつくり方などをサポート。5年後10年後の未来を探るコミュニティです。

2024年6月の展示会・イベント

2024年6月のイベント・展示会の開催予定

次号 「LIVeNT2024」の歩き方

108号特集: -「LIVeNT2024」の歩き方 (2024年6月30日発行)

- イベント企画・運営・機材・用品・会場・施設・イベントテック
- イベント総合展 - ライブ・エンターテイメントEXPO
- 第16回マーケティングWeek夏

イベントマーケティング バックナンバー

107号 2024年5月31日発行

安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー 安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー


106号|2024年4月  
体験価値を向上する映像のチカラ 演出意図と実践

105号|2024年3月  
会場・エリアと共創するイベントづくり

104号|2024年2月  
空間デザインの分岐点

103号|2024年1月  
2024 年の動向を聴く

102号|2023年12月  
体験価値をあげるイマーシブな演出と映像活用

101号|2023年11月  
会場からはじまるイベントづくり -

100号|2023年10月  
イベントプロフェッショナル100

Like Us On Facebook

Facebook Pagelike Widget

イベマケYoutubeチャンネル

イベントマーケティングYoutubeチャンネル

2024年 編集計画(特集)

月刊イベントマーケティング 2024年編集計画(特集)

 

PR

カテゴリー

広告

ページ上部へ戻る