神戸開港150年記念事業 「紅茶のまち」神戸での大型イベント!KOBE TEA FESTIVAL 開催

神戸ティーフェスティバル運営実行委員会(協力 神戸市)は、神戸開港150年記念事業の一環として、神戸港から日本に入り広まった欧米文化の一つである紅茶を気軽に楽しんでもらおうと、2017年1月27日(金)~29日(日)に紅茶の大型イベント『KOBE TEA FESTIVAL supported by Sir Thomas Lipton 』を開催する。本イベントは、紅茶の消費額が全国で最も多い神戸市から新しい紅茶のスタイルを発信するもので、紅茶の色・香り・味わいの違いを楽しむ、サー・トーマス・リプトンが新しく提案する紅茶体験、「TEASTING(ティースティング)」や、市街地では、路上の駐車スペースを賑わい創出の場として活用する、日本初の社会実験「パークレット」をはじめとする各所で、語らいながら紅茶を楽しむ「TEA STAND」を設置。また神戸市内外の紅茶に合わせてパンやスイーツを提供する「TEA SHOP マーケット」や、神戸から広がった西洋文化や紅茶の楽しみ方を学ぶワークショップなどを実施する。

<開催概要>
1実施期間:
2017年1月27日(金)~1月29日(日)
2実施内容:
①TEASTING/TEA SHOP マーケット
開催時間10:00~18:00
(神戸ハーバーランド umie  MOSAIC海側 高浜岸壁 )
②神戸街中TEA STAND
開催時間10:00~日没
(KOBEパークレット、大丸、三宮一丁目センター街、元町1丁目交差点、北野町広場)
③セミナー/展示/ワークショップ
(デザイン・クリエイティブセンター神戸KIITO)
3主催:
神戸ティーフェスティバル運営実行委員会
(三宮中央通りまちづくり協議会、神戸・三宮センター街、グリーンバード神戸TEAM)
4共催:
神戸開港150年記念事業実行委員会
5協賛:
サー・トーマス・リプトン
6協力:
神戸市経済観光局、神戸市みなと総局

関連記事

広告

PR

イベント大学 by イベント学会

イベント大学 Powered by イベント学会   感動、喜び、発見、楽しみ。イベントには新たな時代を創る力がある。イベント学会最大のリソース=会員の知識・知恵の共有と活用、個人会員/賛助会員とも相互にもっと知り合う場を創出する

イベントの未来をつくる105人

イベントの未来をつくる105人 森ビル 虎ノ門ヒルズフォーラム   時代とともに進化していくイベント。 そのイベントの未来の形を考えながら、これから活躍する人々や技術を発掘し、イベントのつくり方などをサポート。5年後10年後の未来を探るコミュニティです。

2024年6月の展示会・イベント

2024年6月のイベント・展示会の開催予定

次号 「LIVeNT2024」の歩き方

108号特集: -「LIVeNT2024」の歩き方 (2024年6月30日発行)

- イベント企画・運営・機材・用品・会場・施設・イベントテック
- イベント総合展 - ライブ・エンターテイメントEXPO
- 第16回マーケティングWeek夏

イベントマーケティング バックナンバー

107号 2024年5月31日発行

安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー 安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー


106号|2024年4月  
体験価値を向上する映像のチカラ 演出意図と実践

105号|2024年3月  
会場・エリアと共創するイベントづくり

104号|2024年2月  
空間デザインの分岐点

103号|2024年1月  
2024 年の動向を聴く

102号|2023年12月  
体験価値をあげるイマーシブな演出と映像活用

101号|2023年11月  
会場からはじまるイベントづくり -

100号|2023年10月  
イベントプロフェッショナル100

Like Us On Facebook

Facebook Pagelike Widget

イベマケYoutubeチャンネル

イベントマーケティングYoutubeチャンネル

2024年 編集計画(特集)

月刊イベントマーケティング 2024年編集計画(特集)

 

PR

カテゴリー

広告

ページ上部へ戻る