Home » MICE » 沖縄MICE 施設建設に向け整備進む ― 与那原町

沖縄MICE 施設建設に向け整備進む ― 与那原町

2020 年9 月、中城湾マリンタウン地区に開業予定の沖縄県大型 MICE 施設について、各方面で準備が進んでいる。

MICE 施設整備運営事業は設計、 建設、運営を含めたDBO 方式で、 今年10 月に基本契約締結と建設工 事請負契約、11 月に開業準備業務 委託契約を目指している。沖縄県は 昨年12 月の入札予定者との対話をうけ、1 月6 日には要求水準書の再 修正版を作成した。

施設規模は展示場3万㎡、多目的 ホール7500㎡、会議室やホワイエ を含めて約4 万㎡規模の展示会開催 に対応する。整備事業費は513 億 円を予定している。

建設予定地の与那原町では、アフターMICE のプログラムを整備し ている。近隣の与那原マリーナの活 用、東京駅より早く開業した与那原 駅舎のユニークベニュー、沖縄国体 の競技会場となったことから盛んに なった薙刀(なぎなた)体験を通じ た地元学生との交流プログラムなど を検討。その一環として1 月14 日 にはMICE 団体MPI Japan の幹部を招聘し、意見交換会などを実施 した。そのもようは次号でレポート する。

田中力 MICE研究所

田中力 MICE研究所

田中力 MICE 研究所 代表 展示会 イベントの集客は、来場者数、来場者の質、滞留時間という「集客3D理論」を展開。

Similar posts