ライブ体験の拡張するアイデアが集結 〜LIVE MUSIC HACKASONG〜

1月26日、ビルボードライブ東京で「LIVE MUSIC HACKASONG」の最終発表と表彰式が行われた。
ライブとテクノロジーを組合せることで生まれる新たな演出技術や疑似体験などの技術やアイデアを競うもの。今回は最終選考に残った10組が持ち時間5分でプレゼンを行った。
審査員は委員長の慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授の中村 伊知哉氏のほか、第一線で活躍する音楽関係者らが集まり、司会はタレントのカラテカの入江慎也氏が務めた。

Dentsu Lab Tokyo、東芝、Napster、レコチョクの4社が塾つ提供をしたこと、昨年11月からの3か月にわたる長期間の実施ということもあり、実現性が高く熟成されたアイデアが見られた。

最優秀賞に選ばれたのは、チーム「ライブアース」の「アーティストのためのライブ動画自動撮影配信システムLiveCJ」。複数のカメラで撮影したライブ収録のスイッチングをリアルタイムで自動で行う。音源をアルゴリズムで解析して、どの楽器にフォーカスするかを判断する。プレゼンでは「Musilogue Band」の生演奏のようすをリアルタイムでカメラ割りした映像をスクリーンに投影した。審査員から「ライブ映像を商品にプロモーション映像にするのは手間も予算もかかるが、自動でできるのはすごい。全国のライブハウスとかでも導入されそうだ。」「映像も歯切れよく追随していた。小編成でソロ回しがある楽曲に向いてる。」「インディーズバンドのプロモーションに使えそう」と完成度の高さや実用性、市場性が評価された。

 

観客の盛り上がりを管理士て、ポップコーンをスクリーンに映し出すソリューションや、アイドルの動きに合わせて、観客のウチワが光る「投げキッスウチワ」、アーティスと脳波を映像で表現したものなど、市場性、話題性に富んだアイデアが集まった。ライブだけでなく、ビジネスイベントの体験提供をも加速するヒントにあふれていた。

審査員のコピー 最優秀賞_ライブアース4のコピー

Photo: Yuma Totsuka (トップ・上)

 

Photo: Riki Tanaka(下 の2点)

DSC_2828のコピー

投げキッスウチワ。アイドルがチュッとやると
その放物線や強さを計算して、落下点にいる観客のウチワがピカッ

DSC_2831のコピー

ライブに行けなかった人の代わりにPepper君が乱入。
自宅でVRマウントを付けると
舞台上を動き回るPepper君の視点でライブを楽しめる。

関連記事

広告

PR

イベント大学 by イベント学会

イベント大学 Powered by イベント学会   感動、喜び、発見、楽しみ。イベントには新たな時代を創る力がある。イベント学会最大のリソース=会員の知識・知恵の共有と活用、個人会員/賛助会員とも相互にもっと知り合う場を創出する

イベントの未来をつくる105人

イベントの未来をつくる105人 森ビル 虎ノ門ヒルズフォーラム   時代とともに進化していくイベント。 そのイベントの未来の形を考えながら、これから活躍する人々や技術を発掘し、イベントのつくり方などをサポート。5年後10年後の未来を探るコミュニティです。

2024年6月の展示会・イベント

2024年6月のイベント・展示会の開催予定

次号 「LIVeNT2024」の歩き方

108号特集: -「LIVeNT2024」の歩き方 (2024年6月30日発行)

- イベント企画・運営・機材・用品・会場・施設・イベントテック
- イベント総合展 - ライブ・エンターテイメントEXPO
- 第16回マーケティングWeek夏

イベントマーケティング バックナンバー

107号 2024年5月31日発行

安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー 安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー


106号|2024年4月  
体験価値を向上する映像のチカラ 演出意図と実践

105号|2024年3月  
会場・エリアと共創するイベントづくり

104号|2024年2月  
空間デザインの分岐点

103号|2024年1月  
2024 年の動向を聴く

102号|2023年12月  
体験価値をあげるイマーシブな演出と映像活用

101号|2023年11月  
会場からはじまるイベントづくり -

100号|2023年10月  
イベントプロフェッショナル100

Like Us On Facebook

Facebook Pagelike Widget

イベマケYoutubeチャンネル

イベントマーケティングYoutubeチャンネル

2024年 編集計画(特集)

月刊イベントマーケティング 2024年編集計画(特集)

 

PR

カテゴリー

広告

ページ上部へ戻る