「VFX-JAPANアワード2017」最優秀賞決定 ~3月10日18時からの表彰式にて受賞作発表~

コンピュータグラフィックス(CG)と視覚効果(VFX)の業界団体である一般社団法人VFX-JAPAN(東京都千代田区)は3月10日(金)18時から開催された「VFX-JAPANアワード2017」表彰式(秋葉原UDX)において、以下7つの部門の優秀賞作品から最優秀賞1作品を発表。部門は、「劇場公開実写映画部門」、「劇場公開アニメーション映画部門」、「テレビ番組部門」、「ゲーム映像部門」、「CM・プロモーションビデオ部門」、「ショートフィルム部門」、「先導的視覚効果部門」の7つ、2016年度の日本を代表するCG・VFXを活用した優れた映像作品計27作品が表彰された。さまざまなジャンルの映像作品で活用されるCG・VFX技術に関する賞は、映画分野では米国アカデミー賞に「視覚効果(VFX)賞」が創設されているが、日本アカデミー賞には視覚効果賞が存在しない。本アワードは、一般的には理解されにくいCG・VFXの認知拡大と業界発展を目的に開催されるもので、デジタルコンテンツの中核となるCG・VFX技術を取り入れた映像作品を一挙に紹介する祭典として日本では唯一の存在となり、本年で第5回。

受賞作品
https://www.atpress.ne.jp/releases/123669/att_123669_1.pdf

【表彰式開催概要】
日時  :2017年3月10日(金)18:00~20:00
会場  :秋葉原UDXシアター
住所  :東京都千代田区外神田4-14-1秋葉原UDX北ウィング4F
主催  :一般社団法人VFX-JAPAN
特別協賛:京楽ピクチャーズ.株式会社

【一般社団法人VFX-JAPANについて】
一般社団法人VFX-JAPAN(東京都千代田区)は、コンピュータグラフィックス(CG)と視覚効果(VFX)産業の発展を目的として2012年3月に設立された業界団体。CG・VFX技術は、映画・テレビ番組・TVCM・ゲーム・アニメ・遊技機などのエンタテインメント分野のみならず、プロダクトデザイン・建築デザイン・シミュレーション・医療などの産業応用での活用も年々拡大している。一般社団法人VFX-JAPANは、日本国内のCG・VFX技術の普及・発展を目指し「月例無料セミナーの開催」、「会員交流会」、「先進技術の情報提供」、「フリーランス対象国民健康保険斡旋」など様々な活動をおこなっているが、代表的な活動の一つが「VFX-JAPANアワード」。
https://vfx-japan.jp/

関連記事

広告

PR

イベント大学 by イベント学会

イベント大学 Powered by イベント学会   感動、喜び、発見、楽しみ。イベントには新たな時代を創る力がある。イベント学会最大のリソース=会員の知識・知恵の共有と活用、個人会員/賛助会員とも相互にもっと知り合う場を創出する

イベントの未来をつくる105人

イベントの未来をつくる105人 森ビル 虎ノ門ヒルズフォーラム   時代とともに進化していくイベント。 そのイベントの未来の形を考えながら、これから活躍する人々や技術を発掘し、イベントのつくり方などをサポート。5年後10年後の未来を探るコミュニティです。

2024年6月の展示会・イベント

2024年6月のイベント・展示会の開催予定

次号 「LIVeNT2024」の歩き方

108号特集: -「LIVeNT2024」の歩き方 (2024年6月30日発行)

- イベント企画・運営・機材・用品・会場・施設・イベントテック
- イベント総合展 - ライブ・エンターテイメントEXPO
- 第16回マーケティングWeek夏

イベントマーケティング バックナンバー

107号 2024年5月31日発行

安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー 安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー


106号|2024年4月  
体験価値を向上する映像のチカラ 演出意図と実践

105号|2024年3月  
会場・エリアと共創するイベントづくり

104号|2024年2月  
空間デザインの分岐点

103号|2024年1月  
2024 年の動向を聴く

102号|2023年12月  
体験価値をあげるイマーシブな演出と映像活用

101号|2023年11月  
会場からはじまるイベントづくり -

100号|2023年10月  
イベントプロフェッショナル100

Like Us On Facebook

Facebook Pagelike Widget

イベマケYoutubeチャンネル

イベントマーケティングYoutubeチャンネル

2024年 編集計画(特集)

月刊イベントマーケティング 2024年編集計画(特集)

 

PR

カテゴリー

広告

ページ上部へ戻る