カルロス・ゴーン氏、Uber 創業者ガレット・キャンプ 氏も登壇ーSlush Tokyo 2017

3月29・30日、東京ビッグサイトで「Slush Tokyo 2017」が開催される。

Slushは、2008年フィンランド・ヘルシンキで学生が主体となって開催し起業ムーブメントを起こしたスタートアップイベント。2015年にアジアでは初めて日本に進出し、「Slush Asia」として東京・台場で初開催、昨年は幕張メッセで行なわれた。3回目となる今回は名称を「Slush Tokyo」に変更し、東京ビッグサイトを会場に実施する。

コンテンツには、起業家によるスピーチでどこで成功し失敗したのかのストーリーを共有し次世代起業家の育てるメインステージ、メインステージ登壇スピーカーに質疑応答のできるSlush Cafe、スタートアップが参加するPitch Stage、インタラクティブなセッションが用意されるDialogue Stage、出展ブースが並ぶDemo Areaなどが展開される。

Ghosn

ルノー・日産アライアンス会長兼 CEO のカルロス・ゴーン氏

今回はメインステージにルノー・日産アライアンス会長兼 CEO のカルロス・ゴーン氏の登壇が決定。イベント2日目の30日10時のオープニングトークとして「自動車の先端技術がつくる新しい時代」をテーマに語る。

 

Uber の創業者ガレット・キャンプ 氏

Uber の創業者ガレット・キャンプ 氏

また、Uberの共同創業者兼取締役会長であり、起業ネットワークExpaの創業者兼代表取締役でもあるGarrett Camp氏が初日29日のオープニングセッションに、エンジェル投資家でUber アドバイザーの Steve Jang氏とともに登場するほか、ゲストスピーカーとして、ラクスル株式会社代表の松本恭攝氏、ラピュータロボティクスCEOカジャモーハン・モーハナラージャー氏、株式会社ジーンクエスト代表取締役の高橋祥子氏など約 60 人の著名人 がメインステージに立つ。

今月14日に行われた記者発表でSlush Tokyo の CEO Antti Sonninen氏は、Slush Tokyo参加のメリットとして、参加企業のSlush後の資金調達を紹介。初優勝したVMFiveは600万USD、FASTMEDIAは270万USD、FOVEは1100万USD、Alpacadbは275万USD、Astroscaleは3500万USDなど、それぞれ数億円規模の調達をしていることを発表した。

 

Sonninen氏は「いかに起業しやすい環境をつくるかがテーマ」とし、日本向けのコンテンツとしてBUREIKO Lunchの企画も発表、起業家が投資家や大手企業との対話に尊敬語の使用禁止をするというルールが設けられており、起業家に必要なチャレンジ精神をつけようというメッセージを込めたと解説した。また、参加した起業家へのヒアリングで人脈づくりへの期待が高かったことから、投資家とスタートアップの架け橋となるマッチングシステムを導入、スムーズにミーティングができるエリアを提供する。

 

今回のPitch Stageには最大規模の80社が参加。30日16時15分からピッチコンテストファイナルがメインステージで行われ、同日17時45分には優勝者が発表される。

 

スタートアップ・テクノロジーイベントとして参加することはもちろん、約400名の学生ボランティアによる企画・運営、他のビジネスイベントにはみられないステージ演出など、自走する運営体制やムーブメントを起こすイベントスタイルを体験しに出かけてはいかがだろうか。

 

Slush Tokyo 2017

会期:3 月 29 日(水)、30 日(木)10:00~18:00

会場:東京ビッグサイト

http://tokyo.slush.org

 

関連記事

PR

イベントの未来をつくる105人

イベントの未来をつくる105人 森ビル 虎ノ門ヒルズフォーラム   時代とともに進化していくイベント。 そのイベントの未来の形を考えながら、これから活躍する人々や技術を発掘し、イベントのつくり方などをサポート。5年後10年後の未来を探るコミュニティです。

2023年イベント一覧

2023年の展示会一覧・イベントスケジュール

次号空間デザイン 特集

97号特集: -空間デザイン
BtoBの集客に効く戦略設計・ツール選択 (2023年7月31日発行)

--マーケターに聞く集客の目標設定と戦略
-空間デザインでの集客 <トータルプロデュースできる空間デザイン会社>
-集客ツール紹介

イベントマーケティング バックナンバー

97号|2023年7月31日発行空間デザイン戦略

-プロに聞く集客できるメソッド

月刊イベントマーケティング97号表紙・特集集客とブランディングに効く空間デザイン DX EXPO エバーリッジ石山文彦さん 97号|2023年7月  
空間デザイン戦略

-- プロに聞く集客できるメソッド -
96号|2023年6月  
イベントテクノロジー

-AI・XR・プラットフォーム活用で どう変わる!?
95号|2023年5月  
LIVeNT2023の歩き方

ライブ・エンターテイメントEXPO、イベント総合EXPO、eスポーツビジネスEXPO
94号|2023年4月
映像 / 照明で体感する新たな世界観

プロに聞く、イベント演出の裏側と未来
93号|2023年3月
新しいイベント会場の選び方

エリア連携と多空間利用 リアル開催成功の方程式
93号|2023年3月
新しいイベント会場の選び方

エリア連携と多空間利用 リアル開催成功の方程式
92号|2023年2月
空間デザイン・ディスプレイ 2023

今年はこうなる!?
91号|2023年1月
BACKSTAGE2022

90号|2022年12月
イベントの集客

Like Us On Facebook

Facebook Pagelike Widget

イベマケYoutubeチャンネル

イベントマーケティングYoutubeチャンネル

2023年 編集計画(特集)

月刊イベントマーケティング 2023年 編集計画(特集)

5月31日95号 LIVeNT(イベント総合展)
6月30日96号 イベントテクノロジー
7月31日97号 集客・ブランディングの
    戦略・ツール・空間デザイン
8月24日98号 BACKSTAGE
    イベント企業合同説明会

カテゴリー

ページ上部へ戻る