「ODAIBA FLEA MARKET 2017 in AOMI」6月3日、4日開催決定

Tokyo Familiar Project実行委員会は、『ODAIBA FLEA MARKET 2017 in AOMI』と、同時開催『e-kidsプロジェクトin青海』を6月3日(土)、4(日)に開催する。

▼○ODAIBA FLEA MARKET 2017 in AOMI○ :
https://trx.jp/hallDetail.xhtml?hallId=219

▼○e-kidsプロジェクトin青海○ :
https://kidsfm.trx.jp/hallDetail.xhtml?hallId=218

ODAIBA FLEA MARKET 2017 in 青海e-kidsプロジェクトin青海とは?
誰もが参加できるエコイベント”を通して、リユース運動の促進を図り、循環社会を意識する場を創出するイベント。自宅の奥底に眠る着なくなった洋服や子ども用品・日用雑貨などをリユースできる“フリーマーケット”に加え、売るのも買うのも子どもだけのフリーマーケット“キッズフリマ”、親子で参加できる“ものづくりワークショップ”、昔の懐かしい遊びを親子で体験できる“昔懐かしの遊び”など、様々なイベントを開催。

e-kidsプロジェクトとは?
5e” 【eco(環境) energy(行動力) entertainment(おもてなし) experience(経験) enjoy(楽しむ)】を通じた社会活動による子どもと親の成長を応援するプロジェクト。e-kidsプロジェクトに参加することで、親子で様々な体験をすることができ、子どもたちは自ら考え成長する機会を、そして親は子どもたちを信頼し、成長を見守るチャンスを得る活動を応援している。

開催概要
■開 催 日:2017年6月3日(土)、4日(日)
■開催時間:11時~16時(※受付開始予定9:00)
■開催住所:お台場シンボルプロムナード公園センタープロムナード(ダイバーシティガンダム前周辺)
■アクセス:東京臨海高速鉄道りんかい線「東京テレポート」駅より徒歩3分
■出店料金:フリーマーケット:¥2,500/1ブース キッズフリマ:¥300/1ブース
■主催  :ODAIBA FLEA MARKET in AOMI実行委員会(株式会社東京リサイクル、MOTTAINAIキャンペーン事務局)
Tokyo Familiar Project実行委員会(東京臨海副都心グループ、株式会社東京リサイクル)
e-kidsプロジェクト事務局(NPO法人キッズフリマ&東京リサイクル運動市民の会)
■共催:一般社団法人東京臨海副都心まちづくり協議会
■後援:東京都港湾局 キッズフリマ:文部科学省、江東区教育委員会
■予約方法:電話またはHPより。
フリーマーケット:03-3384-6666  https://trx.jp/
キッズフリマ:03-3384-0675 https://kidsfm.trx.jp/
電話受付時間:平日10時30分~17時

■会社概要
会社名: 株式会社東京リサイクル
代表者: 代表取締役 赤池 慶彦
所在地: 〒164-0012 東京都中野区本町2-2-11 FLOOR&WALLS 7F-8F
URL : http://tokyorecycle.jp/

■本件に関する問い合わせ先
株式会社東京リサイクル 広報担当:筒井
TEL:03-3384-0671

関連記事

広告

PR

イベント大学 by イベント学会

イベント大学 Powered by イベント学会   感動、喜び、発見、楽しみ。イベントには新たな時代を創る力がある。イベント学会最大のリソース=会員の知識・知恵の共有と活用、個人会員/賛助会員とも相互にもっと知り合う場を創出する

イベントの未来をつくる105人

イベントの未来をつくる105人 森ビル 虎ノ門ヒルズフォーラム   時代とともに進化していくイベント。 そのイベントの未来の形を考えながら、これから活躍する人々や技術を発掘し、イベントのつくり方などをサポート。5年後10年後の未来を探るコミュニティです。

2024年6月の展示会・イベント

2024年6月のイベント・展示会の開催予定

次号 「LIVeNT2024」の歩き方

108号特集: -「LIVeNT2024」の歩き方 (2024年6月30日発行)

- イベント企画・運営・機材・用品・会場・施設・イベントテック
- イベント総合展 - ライブ・エンターテイメントEXPO
- 第16回マーケティングWeek夏

イベントマーケティング バックナンバー

107号 2024年5月31日発行

安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー 安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー


106号|2024年4月  
体験価値を向上する映像のチカラ 演出意図と実践

105号|2024年3月  
会場・エリアと共創するイベントづくり

104号|2024年2月  
空間デザインの分岐点

103号|2024年1月  
2024 年の動向を聴く

102号|2023年12月  
体験価値をあげるイマーシブな演出と映像活用

101号|2023年11月  
会場からはじまるイベントづくり -

100号|2023年10月  
イベントプロフェッショナル100

Like Us On Facebook

Facebook Pagelike Widget

イベマケYoutubeチャンネル

イベントマーケティングYoutubeチャンネル

2024年 編集計画(特集)

月刊イベントマーケティング 2024年編集計画(特集)

 

PR

カテゴリー

広告

ページ上部へ戻る