Home » News » HISが注目の海外見本市・展示会ランキング発表 コロナの影響か、在宅関連が上昇

HISが注目の海外見本市・展示会ランキング発表 コロナの影響か、在宅関連が上昇

株式会社エイチ・アイ・エス(HIS)は3月12日、ビジネスパーソンとHIS法人営業スタッフを対象に、それぞれ「行ってみたい海外見本市・展示会」、「お勧めしたい海外見本市・展示会」のアンケートを実施し、ランキングにまとめ発表した。

注目の海外見本市・展示会ランキング

https://www.his-j.com/corp/contents/ranking/exhibition.html

ビジネスパーソン:経営者含む課長職以上の役職者
(勤務先の業種分類:卸売・小売業20%、製造業20%、情報通信業10%、建設業7%、専門・技術サービス業7%、サービス業6%)
アンケート実施期間:2021年2月2日~2月21日、インターネット投票にて実施
有効回答者数:170

健康食品に高い注目

ビジネスパーソンによる投票で2位、HIS法人営業スタッフによる投票で3位に入った「ANUGA」は、見本市大国ドイツで開催される見本市です。ビジネスパーソンによる投票では、ドイツ開催の見本市として「ANUGA」の他、「ハノーバーメッセ」、「アンビエンテ」がランクインしており、ビジネスパーソンが注目する国としてドイツが高い。食品見本市である「ANUGA」が共に注目されたのは、近年、オーガニックやフードロス、代替肉といったフードテック関連市場が世界的に盛り上がってきていることが要因と考えられる。新型コロナウイルス感染拡大の影響により在宅時間が増え、食に対する関心、需要が高まっている影響も考えられます。家族の食事を1日に3食用意する機会も増え、簡単にすぐ作ることのできる食品への需要の高まりや、外出自粛による“コロナ太り”から食を見直すきっかけや、感染予防の観点から健康食品への注目も高まっているようだ。

eスポーツに加え、おうち時間を楽しむ需要に注目

HIS法人営業スタッフのランキングでは、世界最大規模の家具見本市の「ミラノサローネ」、「CES」、前述の「ANUGA」に続き、ゲームの見本市「Electronic Entertainment Expo<E3>」が4位にランクインした。業界関係者向けに開催されていた「E3」は、2017年に一般向けに開放され例年約7万人の来場者と、比較的規模の小さい見本市であるものの、最近トレンドとなっているeスポーツ、コンピューターゲームは、コロナ禍の影響で在宅時間が増えた事で需要が高まっており、その影響が、このランキング結果に反映されたものとみられる。

注目の高かった見本市

CES

ビジネスパーソン1位/HIS法人営業スタッフ2位
次回開催:2022/1/5~1/8
開催地:アメリカ・ラスベガス

最新テクノロジーの総合見本市。家庭用エレクトロニクス分野で世界最大の国際見本市で、世界中から企業の経営者、小売店のバイヤー、コンテンツ・プロバイダー、エンターテイメント業界関係、投資家、技術者、政府関係者、メディアなど約140カ国から10万人以上の人が集まります。業界関係者にとって「CES」は業界のリーダーやビジネスパートナーに出会える絶好のイベント。
【ビジネスパーソンの投票理由抜粋】
目まぐるしく進化するデジタルテクノロジーの最先端が垣間見えるから。
【HIS法人営業スタッフの投票理由抜粋】
幅広いテーマになっており、ビジネスに繋がるアイデアが生まれそうだから。

ANUGA

ビジネスパーソン2位/HIS法人営業スタッフ3位
次回開催:2021/10/9~10/13
開催地:ドイツ・ケルン

2年に1度開催される、食品・飲料・健康食品・サプリメント等を扱う世界最大の食品見本市。全世界の食品流通市場に商品を供給する重要な役割を果たす見本市です。メッセ会場の隅々まで食品や飲料に埋め尽くされ、全世界から6,000社以上の有力メーカーが出展、約15万人の専門業者が訪れる。
【ビジネスパーソンの投票理由抜粋】
欧州最大の食品展示会は参加も出展も、その後のビジネス展開にも憧れがある。
【HIS法人営業スタッフの投票理由抜粋】
コロナ禍により、家の中を豊かに過ごす食に注目が集まっているため。

ハノーバーメッセ

ビジネスパーソン3位
次回開催:2021/4/12~4/16
開催地:オンライン開催
あらゆる生産財に関する最新テクノロジーが集結、様々な分野にわかれた複数の専門見本市を、同一会場で同一時期に開催する世界最大の総合見本市。

MWC

ビジネスパーソン4位
次回開催:2021/6/28~7/1
開催地:スペイン・バルセロナ
世界最大のモバイル関連見本市。大企業からベンチャー企業まで、モバイルに関連する業者が集まります。毎年2月開催ですが今年はコロナの影響で6月開催となる。

アンビエンテ

ビジネスパーソン5位
次回開催:2021/4/20
開催地:オンライン開催
家具インテリア・雑貨・キッチン用品・照明等、一般生活消費財の見本市。消費財メーカーやデザイナーなどが集まり、バイヤーとの商談を行う。

ミラノサローネ

HIS法人営業スタッフ 1位
次回開催:2021/9/5~9/10
開催地:イタリア・ミラノ
世界最大規模の家具見本市。インテリアデザインの国際見本市と、市街各所で行われるメーカーやデザイナーの展示会や展覧会等を併せてミラノサローネと呼ばれる。

Electronic Entertainment Expo<E3>

HIS法人営業スタッフ 4位
次回開催:2021/9/5~9/10
開催地:イタリア・ミラノ
世界最大規模の家具見本市。インテリアデザインの国際見本市と、市街各所で行われるメーカーやデザイナーの展示会や展覧会等を併せてミラノサローネと呼ばれる。

NAB show

:HIS法人営業スタッフ 5位
次回開催:2021/10/9~10/13
開催地:アメリカ・ラスベガス&オンライン開催
映像・音響・照明・画像などの展示会で、放送業界最大のイベント。今年はコロナの影響で、ラスベガスでのオフラインとオンラインのハイブリットで開催予定。

※開催スケジュール、開催場所は2021年3月8日時点の情報。予告なく変動の可能性あり。

▼海外見本市オンラインのメリット

  • 海外・開催地に向かうまでの移動時間が削減できる。
  • 出張に関わる費用を削減できる。
  • 興味のあるブースに待ち時間なくスムーズに参加できる。
  • 興味のある講演は好きな時間にアーカイブで視聴可能。自動翻訳機能を利用すれば、語学に自信がなくても安心。

▼海外見本市オフライン(現地)視察のメリット

  • 実際に製品を見て、触れて判断できる。
  • 立ち寄る予定のなかったブースでの偶然の出会い・新たな発見がある。
  • その場での名刺交換や商談・交渉が可能。

実際に会場に足を運ぶことで、その場の熱量や空気間を肌で感じることができるオフライン(現地)開催と、参加イベントをスケジュール立ててこなすオンライン開催。コロナ禍の展示会は、両者のメリットを踏まえ、オンラインとオフラインの併用が必要になってくるターニングポイントの時期にあると考えられる。

HIS法人営業本部では、現地へ渡航される際のホテル・空港~ホテル間送迎、入場券をセットにしたランドパッケージの取り扱いや、渡航が難しい場合には見本市会場と中継をつなぎ担当者にリアルタイムで質問が可能な「オンライン視察」など、要望にあわせたサービスを展開している。また、会場での対面商談、またはオンライン商談のセッティング等も行っている。ウィズ・コロナ、アフター・コロナを想定した「新しい生活様式・働き方の新しいスタイル」の実践の一助を目指した、オンライン視察サービスのサービス拡充を図ることで、企業の事業の継続・拡大を支援し、ニューノーマルな海外ビジネスを提案していく。

HISが発信する海外見本市情報:https://www.his-j.com/corp/expansion/inspection/#menu01
HISオンライン視察サービス:https://www.his-j.com/corp/expansion/inspection/online_inspection/

田中力 MICE研究所

田中力 MICE研究所

田中力 MICE 研究所 代表 展示会 イベントの集客は、来場者数、来場者の質、滞留時間という「集客3D理論」を展開。

Similar posts