Home » News » Plug and Play やユーザベースのオンライン配信イベントのコツを披露

Plug and Play やユーザベースのオンライン配信イベントのコツを披露

イベント関係者が集まるコミュニティ「イベントの未来をつくる105人」は3月6日、「オンライン配信ノウハウを伝えるオンラインイベント」を実施。(FacebookLiveによる配信、収録は虎ノ門ヒルズフォーラム)

今回の登壇者は、コロナウイルス感染症の影響で、自らのイベントをオンライン配信に直前に切り替えたat will work 代表理事の松林大輔さん,同じく藤本あゆみさん(Plug and Play執行役員 CMO も兼務)、日比谷 尚武さん(カンファレンスファクトリー取締役も兼務)と 自社スタジオで多くのオンライン配信を行い3月25日にはオンライン展示会「Saas Exhibition」を開催するユーザベース執行役員の酒居潤平さんの4人。

モデレーターを努めた藤本さんは、会場の様子や機材と機能などを説明しながら、パネリスト3人のオンライン配信についての考え方や実施時の注意点などを引き出した。

参加者はFacebookLIVEでの視聴に加えて、Slidoやtwitterでリアルタイムにコメントや質問をなげかけ、スピーカーがそれに応えるなどインタラクティブ性ももたせて展開した。

コロナウイルスの影響により、中止や延期するほかに、新しい選択肢となったオンライン配信。その手法と効果がわかったとともに、バーチャルでは再現できない空気感・熱量の共有、ネットワーキングができない、視聴者の集中力の低下という課題も浮き彫りになり、イベントの良さがあらためて感じたという意見が多かった。アフターコロナではリアルイベントがオンラインに移り変わるのではなく、ハイブリッドなイベントの増加するのではという予測もあった。

オンラインイベントのようすは同コミュニティの公式Youtubeチャンネルに動画をアーカイブしている。

 

また、使用した機材や、セッションの内容、オンラインなどについても、コミュニティ「イベントの未来をつくる105人」のウェブサイトにレポートとして掲載する。

<開催概要>
・3月6日(金)17時30分~19時00分 LIVE配信
・参加費:無料
・主催:イベントの未来をつくる105人
・協力:一般社団法人at Will Work、Plug and Play Japan株式会社、株式会社ユーザベース、株式会社カンファレンスファクトリー、株式会社ホットスケープ

<登壇者>
酒居 潤平(株式会社ユーザベース執行役員)
藤本 あゆみ(一般社団法人at Will Work代表理事・Plug and Play執行役員 CMO)
松林 大輔(一般社団法人at Will Work代表理事)
酒居 潤平(Uzabase執行役員)
日比谷 尚武(株式会社カンファレンスファクトリー取締役)

田中力 MICE研究所

田中力 MICE研究所

田中力 MICE 研究所 代表 展示会 イベントの集客は、来場者数、来場者の質、滞留時間という「集客3D理論」を展開。