Home » News » 野戦病院設置に日本展示会協会が要望書

野戦病院設置に日本展示会協会が要望書

吉村洋文大阪府知事の「新型コロナウイルス対策としてインテックス大阪に臨時医療施設の整備」に関する報道をうけて、日本展示会協会が、大阪府と大阪市に要望書を提出した。

要望書には、新型コロナ感染による医療のひっ迫の緩和・解消に期待をよせる一方、野戦病院以外の部分が使用可能ながら病床と隣接した会場でのイベント成立は困難とし、展示会中止・延期となった場合の経営的損失を懸念。以下4点の配慮・検討を要望した。

  1. イベント会場の使用方法等に関する正確で早い情報提供
  2. インテックス大阪全体の感染防止対策の策定と一般への周知
  3. イベント会場使用制限の早期緩和
  4. 開催中止・延期および縮小に伴う損失に対する補償その他の手当て

また、要望書では、同協会の会員企業・団体がガイドラインを遵守して展示会を開催し、クラスター発生なしに経済活性化に寄与したことにも触れた。

日本展示会協会が大阪府に提出した、インテックス大阪「野戦病院」設置に係る要望書

日本展示会協会が大阪府に提出した、インテックス大阪「野戦病院」設置に係る要望書

日本展示会協会のWebサイト
https://www.nittenkyo.ne.jp/

 

 

 

 

田中力 MICE研究所

田中力 MICE研究所

田中力 MICE 研究所 代表 展示会 イベントの集客は、来場者数、来場者の質、滞留時間という「集客3D理論」を展開。

Similar posts