Home » 特集 (Page 3)
【Visit Hiroshima】 旅行者の視点、感性、体験で  コンテンツをつくり続けるしくみ

【Visit Hiroshima】 旅行者の視点、感性、体験で コンテンツをつくり続けるしくみ »

17 1月, 2017

観光スポットで旅行者が投稿するSNS 上 の生の声を参考に行き先を決めることが多く なり、ホームページは一方的な情報発信とみ なされがちだ。そんななか広島県はインバウ ンド向けサイトVisit Hiroshima を今年 10 月にリニューアルし。外国人目線でのコン テンツづくりやポータルサイトと連携し、多く の人の知識や感性が盛り込まれ、常に新しい 情報を発信し続けるしくみをもった。最新ツー ルの導入だけでなく、ウェブサイトなど既存メ ディアの再設計も検討してみてはいかが?

外国人カメラマン採用と 情報のメリハリで興味喚起

爆買いという社会現象を生んだ中国人旅行 客が訪日外国人数の首位となった昨年も、広 島県への外国人旅行者は、米国が13.9%、欧 州28.6% という構成となっている。団体より個 人旅行が多い欧米からの来訪者をターゲット に、広島ではインターネットを利用したプロモー ションの重要性に着目。平成24 年8 月にイン バウンド専用のウェブサイトVisit Hiroshima を立ち上げている。

Visit Hiroshima の構築にあたり、企画・制 作を手がけた広告会社オリコムは 日本語サイト の翻訳からの脱却と、情報の取捨選択を提案し た。多くの写真を小さく網羅的に掲載するので はなく、厳選した写真を大きく印象的に掲載し た。外国人ユーザーの興味喚起のためカメラマンも外国人を採用した。

Visit Hiroshima のサイトを担当する広島県 商工労働局観光課主事の白井保美さんがとく にこだわったのは、「情報を調べるサイトであ る前に、広島の魅力をアピールした誘客のた めのサイトでありたい」ということ。たとえば DINING(食事)ページでは、Okonomiyaki, Oyster, Japanese Sake といったように、広 島ならではで,かつ外国人に人気の高いものを ピックアップしてカテゴライズして、その魅力 を写真で紹介。それ以外はプルダウンメニューに格納し、メリハリをつけている。

ポータルと連携し 掲載情報を充実

今年10 月のリニューアルの最大のポイント はぐるなび外国語版、宿泊予約のBooking. com というポータルサイトとの連携。白井さん は「行政や関連団体が観光振興を手がけるのは、 消費額増による地元産業の振興のため」と、観 光客数が順調に伸びているものの消費額が伸 び悩んでいる現状を課題とした。そのため、情 報掲載だけでなく、予約までできる導線を構築 し、飲食と宿泊予約の利便性を図り、消費額と 旅行者の満足度を向上させるのが狙いだ。

掲載数と予約ダイヤルの ぐるなび ぐるなびを採用したのは、外国語版のサイ トが充実し、店舗数も突出して多いといったこ とだけでなく、外国人向けの予約専用ダイヤ ルを備えていた点だ。また、ウェブサイトの連 携スキームが整備されていたことで、前述の Okonomiyaki、Oyster といった独自のカテゴ ライズにも柔軟に対応できた。  掲載店舗数はリニューアル前の29 店舗から 1,453 店舗へと大幅に増加した(10 月31日現 在)。ぐるなびのデータが自動的に反映される ため、滞りのない情報更新といったメリットも ある。

外国人客の宿泊先をカバー Booking.com

県内ホテルでのヒアリングでもっとも多くの 外国人客に利用されており、県内ホテルの掲載 数が多いことや、サイトとの連携スキームが整っ ているBooking.com を選定。外国人が宿泊す るほとんどのホテルをカバーし、地域のプロモー ションと宿泊予約まで一気通貫でカバーする。

PDCA の武器として ウェブサイトを活用

ポータルサイトとの連携は情報発信の拡充だ けでなく、宿泊客数の把握や、人気の飲食カテ ゴリーといった情報をビッグデータとしてマー ケティングに活用できそうだ。またウェブサイトの構築にも「これまでVisit Hiroshima は不 足している機能を追加してきたが、これからは PDCA

ARで動線をつくりだす!?  ———— Eventos(イベントス)

ARで動線をつくりだす!?  ———— Eventos(イベントス) »

6 11月, 2016

イベント公式アプリ× AR

今年の「東京ゲームショウ(TGS)」では、公式アプリにARカメラ機能が搭載された。会場内の4箇所に設置されたフォトスポットで、TGS のポスターに描かれているキャラクターの3D版と一緒に写真が撮れるという試み。新しもの好きの本紙編集部が早速体験しに行ってみた。

2ショット写真ではないが、実際のARカメラを通してみるキャラクターは、等身大サイズ で想像よりも大きく、CG とはいえ立体的でリアルだったことに驚き、正面や側面など、ARのキャラクターが現れるギリギリの位置を探ってさまざまな角度から何枚も撮ってしまった。エア撮影会のようにもみえる行動は、「誰がいるんだろう?」と端から見たらきっと不思議だったに違いない。

公式アプリ開発元のブレイブソフト菅澤英司代表によると、ARカメラを搭載したのは「アプリならではの『おっ!』という驚きや新鮮味があって、イベントに来ないと体験できないプレミア感や楽しさを盛り込むため。SNSのシェアを誘発してイベントの認知を上げるという狙いもあった」とのこと。ARカメラの効果もあってか、アプリのダウンロード数は前年に比べて大幅に伸びたという。

「イベントとARの親和性はかなり高いと思っています」と菅澤さん。「例えば、3D キャラクターに動きをつけて誘導役にしたり、

「安心・安全」にもイベントテクノロジー in リオデジャネイロオリンピック・パラリンピック

「安心・安全」にもイベントテクノロジー in リオデジャネイロオリンピック・パラリンピック »

5 11月, 2016

−−−NECウォークスルー顔認証システム

リオデジャネイロオリンピック・パラリンピックでは、期間中、東京・日本をPRする拠点として開設された「Tokyo 2020 JAPAN HOUSE」に、カメラの前で立ち止まることなく歩きながら顔認証ができるNECの「ウォークスルー顔認証システム」が導入された。

NEC の顔認証エンジン「NeoFace」を活用し、事前に撮影・登録したメディア関係者の顔画像と、ゲートに設置したカメラで撮影した顔画像を照合して本人確認を行う。ゲートへ近付く間に顔を撮影し、ID カード(プレスパス)を 読み取り機に着券後、すぐに顔認証を行う。歩 くスピードのまま認証ができる。ID カードの貸 し借りや盗難によるなりすまし入場、ID カード 偽装による不正入場を防止した。

(写真)「CEATEC JAPAN 2016」NEC グループブースの体験コーナーにて

特集「イノベーターに捧ぐイベントテクノロジー」 Part1 ひととの距離を再現する – cluster.

特集「イノベーターに捧ぐイベントテクノロジー」 Part1 ひととの距離を再現する – cluster. »

5 11月, 2016

ひととの距離を再現する – cluster.

加藤 直人さん クラスター株式会社 Founder & CEO

イベントまるごとVR上で開催する

目新しい会場や新規体験コンテンツを探しているなら、VRイベントはどうだろう? でも、どんな準備が必要なのだろうか。

「イベント作成用の cluster. 管理画面から、 イベント開催の日時を設定、好みのバーチャ ル会場を選択して、イベントの解説文を入力 します。スライド形式で展開するコンファレ ンスイベントのような場合は、当日に(VR 上の)スクリーンに映すパワーポイントやkeynote のデータをアップ ロードすれば準備は完了。会 場が VR 空間になる以外は、 通常のイベントをつくるのと同じです」(加藤さん) 主催者が設定した開催日時に、参加者が、cluster. アプリを起動してイベントに入 場(をクリック)してくれる のを待つだけだ。

当日、主催者は、管理画面上の操作からは離れ、参加者と同じように cluster. アプリにログインし て自分のアバターでイベントに登場する。主 催者しかできないのは、登壇者ステージに上 がり、(スカイプで話す要領で)音声を届け、 スライド操作ができる点だ。管理画面上から ステージに登壇できるゲスト権限を参加者に 付与し、複数の登壇者とパネルディスカッ ションもできる。 映像をライブ配信したい場合も個別にだが 対応している。今年4月には「Unity 2016 Tokyo」の基調講演で活用され、リアル会 場と同じ動画・スライドを cluster. 会場でも 映し出し、世界初、VR 空間での基調講演と して話題となった。 ここまで読んで、「ウェビナーやライブ視 聴とは何が違うの?」と思うかもしれない。

この相違点について加藤さんは、「VR に とって一番のメリットは、『距離感』が近くなることです」と、視聴体験の違いをハッキリと答える。VR は、画面1枚を隔てない世 界観をつくる。だからこそ生まれる一体感が VR 空間にはあるという。

起業前は、大学院を中退して引きこもって いたという加藤さん。当時、大好きな声優さんのライブに行きたかったが京都の自宅から 大阪や東京のライブ会場までは出向くのが面倒で、仕方なく DVD でライブ映像を観てい た。そのライブに行けなかったという疎外感 や敗北感でいっぱいになった」と悔しそうに 話す。この個人的な体験があったからこそ、 VR ヘッドマウントディスプレイをかぶって 最初に思いついたのが、「VR でライブへ行きたい」という率直な気持ちだ。それが、現在の VR イベントに結びついている。

「VR 体験の可能性は無限大ですが、まだイベントに特化したものは多くありません。 cluster. でひととの距離、たくさんひとが集まったときの熱狂感を再現しようと考えています」(加藤さん)

cluster. でコアとなっているのが、インタ ラクティブに反応を示す「テキストチャット」 や「拍手」「いいね」「!」「笑う」「ハイタッチ」のアクション機能で、『会う』、『集まる』 体験にフォーカスしたものだ。

2017年のアップデートで追加される新機能

cluster. が、2017 年1月に予定しているアッ プデートでは「、自由にイベント作成機能(200 名程度までのイベント作成の無料化)」、「有 料チケット制機能」、「グループ機能(コミュ ニティ作成)」が追加される。 追加機能で、VR イベントの開催コストが 低くなり、参加者の課金体制も整備されて有 料イベントでの VR 参加枠がでてくれば、裾 野は広がりそうだ。そのさきには、「タイムシ フト参加(イベント追体験)」や「名刺交換(相 互フォロー)」なども検討中という。

「現在、バーチャル会場のキャパシティはテス ト段階で 5000 人ですが、将来的には数万人が集まるライブも実現させたいですね。バーチャル空間にしかできない演出で新しい体験 を届けたい」と話す加藤さん。そのためにも、VRイベントの実績をふやし、安定性が高く、主催者や参加者にとって扱いやすいアプリにするためカイゼンを繰り返している。

VR イベントがふえると、本物に会えるリアルイベントの体験価値は今以上に高まるとも話す加藤さん。プランナーにとっては企画の腕の見せ所だ。

イベントの明日をつくるテクノロジー(6)ペッパー・フォー・ビズ

イベントの明日をつくるテクノロジー(6)ペッパー・フォー・ビズ »

22 10月, 2016

これからはAI駆使した ロボット接客が主流に!?

 

大きな集客力をもつペッパーをイベント会期中の数日だけ使いたいという需要に応える。呼び込み、挨拶、つかみトーク、締 めトークといった接客用にパッケージ化されたコミュニケーショ ンのほか、提携開発会社とともに独自アプリの企画・開発を進めている。(西尾レントオール(株)

イベントの明日をつくるテクノロジー(3)アイコトバ

イベントの明日をつくるテクノロジー(3)アイコトバ »

22 10月, 2016

見る、聞く、受け身でなく 話させることで深い認知を

業界初の「しゃべる広告」。ユーザーは広告主のキャッチフレー ズなど、合言葉をスマホに話しかけることで、飲食店や小売店と いったアイコトバ加盟店舗のクーポンをもらえる。ユーザー自身 が声に出してしゃべることで深い認知を獲得するしくみ。((株)ア イコトバ)

イベントの明日を創るテクノロジー(2) イー・ツー・ダブル・デッカー

イベントの明日を創るテクノロジー(2) イー・ツー・ダブル・デッカー »

22 10月, 2016

2階建ての存在感を 2時間でつくりあげる

高さ3.5mの商談席でVIPと歓談する、欧米の展示会のような存在感があってエレガントな空間をつくる。統一されたシステム部材の採用で、10m × 10m のブースを2時間とスピーディに施工。高級感とローコスト運営を両立する。安定性も高く2階部分もグラつきは感じない。(サクラインターナショナル(株))

イベントの明日を創るテクノロジー(1) イベントレジスト

イベントの明日を創るテクノロジー(1) イベントレジスト »

22 10月, 2016

イベントはもっと楽になる

イベントページ作成、チケット販売、領収書発行、SNS 拡散、 受付用アプリ、来場履歴管理など、誰でも簡単にイベント運営 ができるプラットフォーム。有料でタイムテーブルや請求書対応、 アンケート、来場トラッキングなど、BtoB イベントでニーズの 高い機能も利用できる。(イベントレジスト(株))

VISUAL EXPERIENCEの可能性

VISUAL EXPERIENCEの可能性 »

T × T

株式会社テー・オー・ダブリュー 福島裕介さん

太陽企画株式会社 小畑瑞輝さん

 

イベントの企画・制作で40年の実績あるテー・オー・ダブリュー(TOW)とTVCM制作で50年の実績ある太陽企画は昨年10月、リアルと映像の力で新たなブランド体験の可能性を目指すヴィジュアル・エクスペリエンスユニット『T×T』を結成した。

TOWはイベント、太陽企画は映像の制作現場で両社とも半世紀近いノウハウをもつ異業界のプロフェッショナルだが、PRという領域では同じクライアントのキャンペーン案件を分業することもある近い存在だった。ユニット誕生の前から同じ案件のリアルキャンペーンとCM、体験イベントとWebなど、それぞれの持ち場を担当する間柄で、その距離感が以前にくらべ特に最近は近くなってきた。その変化が『T×T』に至ったと経緯を説明する。

活況VR市場 ー「Japan VR Summit(JVRS)」

活況VR市場 ー「Japan VR Summit(JVRS)」 »

「Japan VR Summit(JVRS)」が5月に初開催された。VR元年と言われる2016年、世界的なVRへの期待の高まりを背景に、事前チケット(通常チケット3万円)は完売、当日は約500名が参加し、メイン会場は立ち見、ホワイエで展開したVR体験ブースには長蛇の列ができるなど、VR業界の活況を体感できるイベントとなった。

Session1の「VRがもたらす大革命」では、ハコスコ代表の藤井直敬氏をモデレーターに、Oculusの池田輝和氏、HTC Corporationのレイモンド・パオ氏、ソニー・インタラクティブエンタテイメントLLC(以下ソニー)の吉田修平氏といった最近のVRデバイス3メーカーのキーパーソンが登場(写真)。VR活用ではゲームが先行しているが、Oculusの池田氏はOculusの親会社でもあるFacebookがF8(Facebook Developer Conference)で発表したように、“VR空間上でのコミュニケーション”にも力を入れていく可能性について触れ、VR空間で物に触ったり、手を使ったアクションができるデバイスOculus Touch(下半期発売予定)を紹介。また、HTCのパオ氏も、ゲーム以外のVRのポテンシャルは大きいとし、エンターテインメントではスポーツ観戦で好きなアングル、好きな選手をみることができたり、デザイン分野では車の100以上あるアクセサリーをVR上で試すことができたりと、さまざまな分野での活用に言及。ソニーの吉田氏は、VRはひとりでも楽しいけれど、閉じこもって暗い印象を与えたくないとし、ヘッドセットを持っているひとと、持っていないひとが同時に一緒に楽しめる“ソーシャルスクリーンミラーリングモード”と“ソーシャルスクリーンセパレットモード”といった2種類の画面表示モードをプレイステーションVRには搭載しているとし、何よりもまずは体験してみてほしいと伝えた。

そのほか、JVRSでは広がるVR領域とし、リモートコミュニケーション、Live/Show、トレーニング、ファッション、美術館・博物館、観光、医療、不動産などが挙げられている。

イベント周辺では、スペース内見のVR閲覧などでVR活用がされてきているが、コンファレンスへのリモート参加、スポーツイベントのVR観戦、展示物の追加体験など、時間と空間を越え、物理的制限を壊す、新たな体験コンテンツづくりが生まれそうだ。

(月刊イベントマーケティング11号「特集:リアル×映像・照明の体験」より)