Home » News » 満足度高く 引き込む空間  〜 マルミ光機株式会社 x 株式会社ボックス・ワン

満足度高く 引き込む空間  〜 マルミ光機株式会社 x 株式会社ボックス・ワン

特集 クライアントと創る空間デザイン

今回のクライアントは…. マルミ光機株式会社
プロジェクト名:CP+(シーピープラス)

1) クライアントのニーズ
ブース全体で出展製品を来場者に手に取ってもらい、レンズフィルターの良さを実感できる体験の場として活用したい。 新製品の PR にワンポイントのデザインを盛り込みたい。とにかく明るくしたい!など

2)ニーズ具現化のポイント
株式会社ボックス・ワン 葛西竜彦 さん BOX1 カメラのレンズフィルターの魅力を伝えるため、各コーナーで実際に商品を手にもって効果を体感してもらうコンテンツ制作も手がけました。フィルター体験では被写体をコーナー毎に設け、デコレーションに近い制作もクライアントの要望を確認しながら提案することで細部に至るまでブース全体のイメージをクライアントと共有しています。手がける負担は増えますが、そのおかげで満足度の高い、より来場者を引き込む空間を構築できました。また、スローシャッターを目的にした製品がメインのため、フェイス部分に動きを取り入れるためのアクアウォールを採用しています。

葛西 竜彦さん
株式会社ボックス・ワン 課長代理 (ディレクター)

 

田中力 MICE研究所

田中力 MICE研究所

田中力 MICE 研究所 代表 展示会 イベントの集客は、来場者数、来場者の質、滞留時間という「集客3D理論」を展開。

Similar posts