Home » 海外リポート » UFI アジアパシフィックカンファレンスレポート

UFI アジアパシフィックカンファレンスレポート

3月14・15日に開催されたUFI アジアパシフィックカンファレンスの各セッションをレポートします。記事がまとまり次第順次アップしていきます。

■講演リポート

講演6「デジタル・ディベート」UFIのデジタル変革委員会の3人が討議 https://www.event-marketing.co.jp/46go/ufi_conference_6_digital_debete

■カンファレンスのようす(3月31日号の記事より)

3月 14 日・15 日の両日、東京ビッグサイトで「UFI アジアパシフィッ クコンファレンス2019」が開催され た。14 回目で初の日本開催となった。主催は国際見本市連盟(UFI)、共催および会場は東京ビッグサイト。 今回は 22 か国から 300 人を超え る展示会産業のキーパーソンが参 加。セッションでは毎回、展示会産 業の課題や最新動向について語られるが、今回は “Facing the Future” をテーマに、展示会のデジタル化、 優秀なタレントの確保、統合リゾートなどがキーワードになっていた。

編集部が注目したのは、昨年電通イージスネットワークの傘下に 入ったシンガポールのイベント会社 ブランデッド社のスコットマンロー CCO(チーフコマーシャルオフィ サー)のセッション。音楽カンファ レンス「Music Matters」の運営にはじまり、マーケティング、デジタ ル、ゲーム、スポーツなどのカンファ レンスを統合してできた「All That Matters」を題材に「イベントのフェスティバル化」について解説。 音楽業界を直撃した破壊的変革で ある、ストリーミングやデジタルトランスフォームに関する議論が、スポーツなど隣接するエンターテイメ ントビジネスと共通の課題であるという発想からスタートした。各分野 の知見を結集してイノベーションを 起こすために、相互作用のあるオーディエンスがネットワーキングする 環境を整備する必要性とその過程を 説明した。

マンロー氏は SXSWや You tubeのFan Festの事例もまじえて、 BtoB イベントのフェス化の手法とマネタイズについても説明した。各セッションの詳細レポートは、 順次イベントマーケティング Web 版の特設コーナーにアップしていく。

 

■プログラム

1日目

3 日本の統合型リゾート:見通しと影響
George Tanasijevich,
President & CEO of Marina Bay Sands and Managing Director of Global Development, Las Vegas Sands Corp.(シンガポール)

4 イベントの「フェスティバル化」
Jasper Donat, Co-Founder & CEO, Branded(シンガポール)

2日目

6 デジタル ディベート
モデレーター:Matthias Tesi Baur,
Founder, MBB-Consulting Group(イギリス)
講演者   Stephan Forseilles,
Head of Technology & Digital Transformation, Easyfairs(ベルギー)
Gunnar Heinrich, CEO, adventics(ドイツ)

7 中国におけるReed Exhibitions
Josephine Lee,
COO, Reed Exhibitions Greater China(中国)

8 デジタルとイベント:今後の道筋
Jason Popp,
Executive Vice President International, GES(アメリカ)

田中力 MICE研究所

田中力 MICE研究所

田中力 MICE 研究所 代表 展示会 イベントの集客は、来場者数、来場者の質、滞留時間という「集客3D理論」を展開。

Similar posts