Home » 特集 » 六本木から盛り上げる 「ベルサール六本木 グランドコンファレンスセンター」

六本木から盛り上げる 「ベルサール六本木 グランドコンファレンスセンター」

ー特集 新しい会場 新しいカタチー

CONFERENCE02「ベルサール六本木 グランドコンファレンスセンター」
住友不動産六本木グランドタワー

住友不動産六本木グランドタワー

9つのルームと3 つの控え室、総面積1,500㎡、1,100 名以上を収容する大型カンファレンスセンター「ベルサール六本木グランドコンファレンスセンター」。

同会場では、株主総会、セミナーと分科会、採用活動といった企業主催の催事が多数開催されているほか、マーケティング、ウェブ、ブロックチェーン、AI 関連のイベントも連日行われ、時代のキーワードが発信される場所になっている。

今年2 月2 日・3 日に行われた「ホリエモン万博2019 ~節分まつり~」ではメイン会場となり、ベルサール六本木など他会場と連携して開催。堀江貴文氏が掲げた「一つの会場で完結するのは簡単だが、六本木を盛り上げる、節分を盛り上げるため」(1 月18 日の記者会見より) というミッションの成功に寄与した。

設備面も充実している。150㎡以上のルームは、天吊りのデジタルプロジェクターとスクリーンを完備。天井高3. 5mとゆとりがあり、大人数を収容するイベントでも、後方からの視認性が高くなるように設計されている。また、住友不動産六本木グランドタワー9階から六本木の街並みの眺望も楽しめ、解放感のある空間づくりが、セミナー等で疲れた脳をリフレッシュに高い効果を発揮する。

泉ガーデン街区内にあり、数多くの飲食店やホテル、美術館などカンファレンス前後の時間も有意義に過ごせそうだ。

交通アクセスは、直結している六本木一丁目駅だけでなく六本木駅からも徒歩5分と好立地。イベント集客においても強い味方になりそうだ。

 

 

六本木一丁目駅直結! 13 室22 パターンの高い利便性を誇る最新設備のハイグレードな会議室です。
営業担当 市川 恭平さん

 


<住友不動産ベルサール>

田中力 MICE研究所

田中力 MICE研究所

田中力 MICE 研究所 代表 展示会 イベントの集客は、来場者数、来場者の質、滞留時間という「集客3D理論」を展開。