Home » News » 中小企業 新ものづくり・新サービス展が各地で開催中

中小企業 新ものづくり・新サービス展が各地で開催中

ものづくり補助事業成果発表・ビジネスマッチングを行う「中小企業 新ものづくり・新サービス展」が11月3・4日に仙台国際センター展示棟で北海道・東北ブロックの開催を皮切りに10・11日に大阪南港 ATCホール で近畿ブロック、26日・27日東京ドームシティで関東ブロックが実施された。今後12月2・3日に名古屋市国際展示場 ポートメッセなごや で中部ブロック、12月8・9日に西日本総合展示場で、九州・沖縄ブロック、12月15日・16日に県立広島産業会館で中国・四国ブロックが開催される。入場料は無料。

469-1-20151105132158_b563ad966c19dd中小企業新ものづくり・新サービス展は、「ものづくり補助事業」を通じて、日本の中小企業を元気にすべく、全国の中小企業が生み出した新しい製品・技術・サービスの発表・ビジネスマッチング会。「ものづくり補助金」の運営をサポートする中小企業団体中央会が、新しい切り口で「新技術・新サービス」に関する展示会となっている。「ものづくり補助金を取得した実績のある企業」がその研究成果を発表・公開する場として設定され、今年度が初の試みとなる。

主催は全国中小企業団体中央会(全国事務局)、展示会運営事務局は日本コンベンションサービス内に置かれている。

「中小企業 新ものづくり・新サービス展」ウェブサイト

田中力 MICE研究所

田中力 MICE研究所

田中力 MICE 研究所 代表 展示会 イベントの集客は、来場者数、来場者の質、滞留時間という「集客3D理論」を展開。