Home » News » 地域社会と共存する民泊の在り方を目指す(一社)民泊協会がイベントを開催

地域社会と共存する民泊の在り方を目指す(一社)民泊協会がイベントを開催

一般社団法人民泊協会(所在地:東京都渋谷区、代表理事:高橋延明、以下民泊協会)は、2016年6月26日に都内の秘密の場所にてイベントを開催雨する。「『民泊』が私達の生活をどう変えるか」また、「シェアリングエコノミーと呼ばれる、共有思考の生活は、人々の暮らしを豊かにするのか」、実際に体験できるようなイベントを企画。当日は遠方からも参加して出来るよう、宿泊先も無償にてシェアする予定。(※数名限定)

■イベント概要
開催日:6月26日、日曜日
開催時間:15:00〜18:00
開催場所:都内の秘密の某所
参加費用:会員1,000円 非会員2,000円
コンテンツ:Bring Drink & Food、住宅の無償お試し宿泊

■団体概要
名称:一般社団法人民泊協会
主たる事務所:東京都渋谷区桜丘町4-18
代表者:代表理事 高橋 延明
設立:2015年9月16日
理念:安心・安全な民泊の普及を推進し、地域経済、日本経済の発展に寄与する

ミッション:
1.日本社会に合った安心・安全な民泊育成のための法整備に協力すること
2.民泊サービス提供者への啓蒙・情報提供を行い、安心安全な民泊を実現すること
3.国民、諸業界の理解を広く得て、日本社会に適合する民泊を共に育てること

会員:
正会員 旅館業法の許可、特区民泊の特定認定を受けた者
準会員 旅館業法の許可、特区民泊の特定認定を目指す者
賛助会員 民泊協会の趣旨に賛同する関連事業者

会員数:228名(※2016年5月31日現在)
Web:http://min-paku.or.jp/

■活動実績
2016年3月14日 規制改革会議・公開ディスカッション
「民泊サービスにおける規制改革」(傍聴席より発言)
2016年4月5日 規制改革会議・「第31回地方活性化ワーキンググループ」
2016年4月12日 第8回「民泊サービスのあり方に関する検討会」

■企画例
・当日の参加資格をシェアリングエコノミーサービスをなんでもいいので、1回でも使ったことがある人にする。

家族やビジネスの団体出張、ゆったり過ごすには「Homeaway」、旅先での交流や家主によるガイドも求めるのであれば「airbnb」がオススメ。
「airbnb」 https://www.airbnb.jp/
「Homeaway」 http://www.homeaway.jp/

住宅の無償提供サイトで最も有名なのは「Couchsurfing」で、来る人たちも個性的な旅人ばかり。
「Couchsurfing」 https://www.couchsurfing.com/

遠方から来られる方は「notteco」で誰かの車に相乗りさせてもらったり、自身が運転する車に誰かを乗せてくることで、移動費用を共有して削減できるし、時間も共有することで友達のように親しくなる機会が作れる。
「Notteco」 https://notteco.jp/

せっかくの休日だから「anyca」で、自分が普段乗らない車を借りてみるのもいい。
「anyca」 https://anyca.net/

駐車場は「akippa」で探せば手頃な値段で利用することができる。
「Akippa」https://www.akippa.com/

東京の面白いイベントに行くなら、同じ想いの仲間を募って何名かで来たいって人は「Trippiece」で企画を投稿してみんなで行くツアーを作っちゃおう。
「Trippiece」 https://trippiece.com/

子育て中のママさんは「AsMama」を使って、託児することで自分の時間を作ることができる。
「ASMAMA」 http://asmama.jp/

家事に追われている方は「anytimes」で代わりの方に依頼してみてはどう?
「anytimes」 https://anytimes.co.jp/

東京で優れている人のスキルを学びたい人は「Time Ticket」で気になる人を探してみると良い。
「Time Ticket」 https://www.timeticket.jp/

イベント前後の空き時間は「coffee meeting」で空き時間を共有することで、無駄な時間もなくなる。
「Coffee meeting」 http://coffeemeeting.jp/

詳しい情報は http://min-paku.or.jp/

編集部情報班

編集部情報班

イベント、マーケティング情報のほか、展示会、MICE、プロモーションイベントのニュースもお届けします。