触らないタッチパネルを展示会向けアンケートに 明成商会 「ZERO TOUCH」

明成商会ゼロタッチ

触らないタッチパネルを展示会向けアンケートに
明成商会 「ZERO TOUCH」

明成商会は、展示会向けアンケート非接触操作システム『ZERO TOUCH』を開発リリース。空中結像を直接タッチする何にも触らないタッチパネル装置は、アンケート用紙とペンを手渡すという動作を省略し、展示会アンケートでの接触による感染リスクを低減する。

「ZERO TOUCH」は株式会社アスカネットの「ASKA3Dプレート」とエプソン製スキャナー「ES-50」を取り入れた非接触操作システム。筐体に内蔵された高輝度モニターの発する光を特殊なプレートによって反射させ、何もない空間に像を結ぶことで、空中にモニター画面が浮かんでいるように見える『空中ディスプレイ』の技術を使用。空中のどこに触れているのかを検出する空間センサーを組み合わせることで、空中のモニター画面でタッチパネルのようなフリック操作やタッチ操作が実現している。

明成商会 展示会向けアンケート非接触システム「ZERO TOUCH」

製品ラインナップ

今後、明成商会は非接触システムを基幹とした以下のソリューションを提供していく予定。

展示会向け受付システム

非接触システムでタッチ操作が可能なアンケートシステム。名刺のスキャンデバイスが付属しており、画像認識で読み込んだ名刺情報とアンケートの回答情報を紐付けて管理できる。

■オフィス向け受付システム

非接触システムでタッチ操作が可能な受付・呼び出しシステム。モデムとマイクロフォン、スピーカーが付属しており、ボタンや受話器に触れずに内線呼び出し等が可能になる。

導入によるメリット

■ボタンや画面操作など、接触リスクの低減が可能。
■接触する物を減らすことに伴う、消毒・除菌用品のコスト削減。
■最新技術の導入および対策実施による企業努力PR。
■”非接触”のリスク管理による、クライアントへの安心感の提供。

明成商会ゼロタッチBioJapan 2020でデモ機を体験可能

10月14日(水)~16日(金)開催の『BioJapan 2020』(会場:パシフィコ横浜)にて、味の素株式会社様(本社:東京都中央区)の出展ブース(ブース番号:C-24)で『展示会向けアンケートシステム』のデモ機のテスト導入が決定している。デモ機には名刺スキャンデバイスが付帯しており、ご来場の方には名刺のスキャンから非接触システムによるアンケート回答まで、実際の操作感を体験できる。

基本製品スペック(ディスプレイ装置)

本体サイズ(W x D x H): 262.1mm x 127.8mm x 239.8mm
本体重量: 1.73kg
結像サイズ: 7インチ
センサ: Neonode zForce AIRタッチセンサ
入力端子: HDMI、USB、AC
音声: スピーカー(ビルトイン)
ACアダプタ: 入力:100-240V~50 / 60Hz 0.6A、出力:12V 3A
材質: 筐体/樹脂、レンズ/光学樹脂
付属品: ACアダプタ、HDMIケーブル、USBケーブル
対応OS: Windows10(キャリブレーション可能OS)
動作環境温度: -10~35℃

会社概要

会社名 :株式会社明成商会
所在地 :〒103-0023 東京都中央区日本橋本町4丁目8番14号 東京建物第3室町ビル4階
代表理事:川辺 孝治
設立  :1934年5月5日
事業内容:化学製品事業、電子材料事業、機能製品事業、家庭用部品・材料事業、太陽光発電事業

関連記事

PR

イベントの未来をつくる105人

イベントの未来をつくる105人 森ビル 虎ノ門ヒルズフォーラム   時代とともに進化していくイベント。 そのイベントの未来の形を考えながら、これから活躍する人々や技術を発掘し、イベントのつくり方などをサポート。5年後10年後の未来を探るコミュニティです。

2023年イベント一覧

2023年の展示会一覧・イベントスケジュール

次号空間デザイン 特集

97号特集: -空間デザイン
BtoBの集客に効く戦略設計・ツール選択 (2023年7月31日発行)

--マーケターに聞く集客の目標設定と戦略
-空間デザインでの集客 <トータルプロデュースできる空間デザイン会社>
-集客ツール紹介

イベントマーケティング バックナンバー

103号
2024年1月31日発行

2024年動向を聴く 月刊イベントマーケティング103号表紙・2024年動向を聴く

102号|2023年12月  
体験価値をあげるイマーシブな演出とビジネスイベントの映像活用

97号|2023年7月  
空間デザイン戦略

-- プロに聞く集客できるメソッド -
96号|2023年6月  
イベントテクノロジー

-AI・XR・プラットフォーム活用で どう変わる!?
95号|2023年5月  
LIVeNT2023の歩き方

ライブ・エンターテイメントEXPO、イベント総合EXPO、eスポーツビジネスEXPO
94号|2023年4月
映像 / 照明で体感する新たな世界観

プロに聞く、イベント演出の裏側と未来
93号|2023年3月
新しいイベント会場の選び方

エリア連携と多空間利用 リアル開催成功の方程式
93号|2023年3月
新しいイベント会場の選び方

エリア連携と多空間利用 リアル開催成功の方程式
92号|2023年2月
空間デザイン・ディスプレイ 2023

今年はこうなる!?
91号|2023年1月
BACKSTAGE2022

90号|2022年12月
イベントの集客

Like Us On Facebook

Facebook Pagelike Widget

イベマケYoutubeチャンネル

イベントマーケティングYoutubeチャンネル

2023年 編集計画(特集)

月刊イベントマーケティング 2023年 編集計画(特集)

5月31日95号 LIVeNT(イベント総合展)
6月30日96号 イベントテクノロジー
7月31日97号 集客・ブランディングの
    戦略・ツール・空間デザイン
8月24日98号 BACKSTAGE
    イベント企業合同説明会

カテゴリー

ページ上部へ戻る