展示会業界におけるCOVID-19感染拡大予防ガイドラインの第二次改訂版 日本展示会協会

日本展示会協会ガイドライン第二次改定

日本展示会協会がガイドラインの第二次改訂版を発表

日本展示会協会が、展示会業界におけるCOVID-19感染拡大予防ガイドラインの第二次改訂版を発表した。

内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室長より「11月末までの催物の開催制限等について」の通知により、徹底した感染防止対策の下で安全な展示会を開催する場合において制限の一部が緩和される。

経済産業省と相談の上、日本展示会協会のガイドラインの第二次改訂で、展示会及びセミナーなどの関連イベントは収容率・上限人数の緩和により参加者数が増加している。

主な変更点

展示会業界ガイドラインの第二次改定版の主な変更点は以下の通り。

-主催者及び会場がガイドラインを遵守し開催する旨ホームページ等で公表する
-セミナー等における聴講者間距離について、従来は「前後1メートル、左右は1名分の
間隔を確保する」としていたものを「規模、利用目的、場所の密閉度を考慮し適切な
身体的距離を保つよう努める」に制限を緩和
-展示会参加者全員のマスク着用を担保するために主催者がマスクを持参しない人に
配布する
-会場内で大声を出す人を注意する体制を整備する
-交通機関や飲食店の分散利用を促す
-出展者が試食を行う展示会においては、試食を行うすべての出展者がガイドラインP13
「飲食店・売店・休憩所・ラウンジにて行う対策」を遵守すること

等緩和に伴うリスク軽減措置が加えられており、これらの措置を行わない場合は緩和の
対象にはならない。

協会は、「今後の感染状況や新たな知見が得られる等の状況に応じ、今回、通知のあった取扱いに
変更があり得ることも留意しながら、お知らせしましたガイドラインをご参照の上、
全ての展示会が安全に開催できるよう、ご協力の程よろしくお願いいたします」と業界関係者に呼びかけている。

ガイドラインのPDF

※「展示会業界におけるCOVID-19感染拡大予防ガイドライン」第二次改訂版
https://www.nittenkyo.ne.jp/shr/document/201006_guideline3.pdf

関連記事

広告

PR

イベント大学 by イベント学会

イベント大学 Powered by イベント学会   感動、喜び、発見、楽しみ。イベントには新たな時代を創る力がある。イベント学会最大のリソース=会員の知識・知恵の共有と活用、個人会員/賛助会員とも相互にもっと知り合う場を創出する

イベントの未来をつくる105人

イベントの未来をつくる105人 森ビル 虎ノ門ヒルズフォーラム   時代とともに進化していくイベント。 そのイベントの未来の形を考えながら、これから活躍する人々や技術を発掘し、イベントのつくり方などをサポート。5年後10年後の未来を探るコミュニティです。

2024年6月の展示会・イベント

2024年6月のイベント・展示会の開催予定

次号 「LIVeNT2024」の歩き方

108号特集: -「LIVeNT2024」の歩き方 (2024年6月30日発行)

- イベント企画・運営・機材・用品・会場・施設・イベントテック
- イベント総合展 - ライブ・エンターテイメントEXPO
- 第16回マーケティングWeek夏

イベントマーケティング バックナンバー

107号 2024年5月31日発行

安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー 安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー


106号|2024年4月  
体験価値を向上する映像のチカラ 演出意図と実践

105号|2024年3月  
会場・エリアと共創するイベントづくり

104号|2024年2月  
空間デザインの分岐点

103号|2024年1月  
2024 年の動向を聴く

102号|2023年12月  
体験価値をあげるイマーシブな演出と映像活用

101号|2023年11月  
会場からはじまるイベントづくり -

100号|2023年10月  
イベントプロフェッショナル100

Like Us On Facebook

Facebook Pagelike Widget

イベマケYoutubeチャンネル

イベントマーケティングYoutubeチャンネル

2024年 編集計画(特集)

月刊イベントマーケティング 2024年編集計画(特集)

 

PR

カテゴリー

広告

ページ上部へ戻る