Home » News » 「第19回 ADAユーザコンファレンス2018」7月6日開催

「第19回 ADAユーザコンファレンス2018」7月6日開催

アプライドデザイン株式会社(略称:ADA、本社:東京都文京区、代表取締役:三宅 昌昭)は、2018年7月6日(金)にベルサール九段にて、「第19回 ADAユーザコンファレンス2018」を開催する。

例年開催で19回目を迎える当コンファレンス、本年は、自動車業界、鍛造協会の基調講演と共に、鍛造、押出し、リングローリング、ロール成形、板成形、射出成形など様々な製造業分野における国内外(海外開発者講演では同時通訳有り)の最新CAE事例を紹介する。

【講演内容】

<司会>
川崎重工業株式会社

<特別基調講演>
(1)『日本の精密鍛造技術の歴史と発展 II(仮題)』
講演者:竹内 雅彦氏(元 トヨタ自動車株式会社 第5生技部長/元 愛知製鋼株式会社 常務取締役/元 日本鍛造協会 会長(現:顧問))

<ユーザ基調講演>
(1)『鍛造部材の軽量化、高精度化技術の動向及びQFORM事例(仮題)』
講演者:五十川 幸宏氏(元 日本塑性加工学会 鍛造分科会 主査/元 大同大学 工学部 総合機械工学科 機械システム専攻 教授)
(2)『押出し加工生産技術研究の動向及びQFORM事例(仮題)』
講演者:星野 倫彦氏
(日本大学 理工学部 機械工学科 教授/塑性加工学会 押出加工分科会 主査)

<国内ユーザ事例講演>
(1)『鍛造部材の生産におけるQFORMユーザ適用事例(仮題)』
講演者:株式会社エム・ティ・シィ[鍛造]
(2)『MAPS-3Dのユーザ適用事例(仮題)』
講演者:富士電機エフテック株式会社[射出成形]
(3)『Stampackトリムライン最適化解析(TROP)適用事例(仮題)』
講演者:有限会社石川鉄工所[プレス成形]/アプライドデザイン

<海外開発者講演>(同時通訳有り)
『次期QFORM VX(鍛造)、RR(リングロ―リング)の特徴と新機能(仮題)』
『次期QFORM Extrusion(押出)、QEx-DD(ダイデザイナー)の特徴と新機能(仮題)』
『COPRA RF & FEA RF 2019の特徴と新機能(仮題)』
『Stampack Xpressの特徴と新機能及び解析事例(仮題)』

※各講演者やスケジュール詳細・参加申込みはWebサイト参照
http://www.ada.co.jp/events/userconf_top.html

【概要】
名称  :第19回 ADAユーザコンファレンス2018
– 進化するグローバルモノづくりCAE II –
開催日時:2018年7月6日(金)10:00~17:50(9:30受付開始)
※技術交流懇親会 18:00~19:30
会場  :ベルサール九段 3Fホール
参加費用:無料(事前登録制)
主催  :ADAユーザ会 アプライドデザイン株式会社
協賛  :QuantorForm社、dataM Sheet Metal Solutions社、Stampack社、CIMNE、ESRD社、VM-Tech社、日本ユニシス株式会社、日本ユニシス・エクセリューションズ株式会社、株式会社日本HP、株式会社構造計画研究所

※概要の詳細
http://www.ada.co.jp/events/userconf_sum.html