Home » Articles posted by 田中力

News timeline

JTB金井大三氏が”スポーツとMICEの共創”語る  〜MPI Japan セミナー(5/9)〜

JTB金井大三氏が”スポーツとMICEの共創”語る  〜MPI Japan セミナー(5/9)〜 »

24 4月, 2018

MPI Japan Chapterは5月9日、六本木アカデミーヒルズでセミナーを開催。 今回のテーマは「スポーツが奏でるMICEとの未来共創(仮)」で、 講師は株式会社JTB新宿第三事業部副事業部長の金井大三氏がつとめる。

2025年の国内市場規模予測が15.2兆円と言われるスポーツビジネスと、親和性が高いMICEの共創について、金井氏がこれまでの経験を交えてビジネス領域を可視化する。

■開催概要 日 時:2018年5月9日(水)18:30~20:10 会 場:六本木ヒルズ 森タワー49階 六本木アカデミーヒルズ      http://www.academyhills.com/aboutus/map.html 参加費:会員無料、一般4,000円、学生1,000円      ※参加費は当日、セミナー会場にて支払い。 申込み:下記URLより。     https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScmNADLs7rRHC3V0Xmd5sUcs1fp2Pdf6KXFwz3t7CYHWBVlGg/viewform

イベント保険をテーマにセミナー開催 〜ホットスケープ〜 割引コードあり

イベント保険をテーマにセミナー開催 〜ホットスケープ〜 割引コードあり »

13 3月, 2018

イベントの企画・制作、イベント施設の運営などを手がけるホットスケープが3月27日、AP新橋虎ノ門で「第4回 HOT SCAPE Biz セミナー「イベントのリスクヘッジ~イベント保険を考える~」を開催する。

同セミナーシリーズは、日々進化をとげつイベント運営手法やテクノロジーについて、知識や情報を共有して業界の人材育成に貢献することが目的で、年に3〜4回開催される予定となっている。

第4回目となる今回のテーマは、「イベントのリスクヘッジ~イベント保険を考える~」。講師は、ほけん設計(株)取締役副社長の長尾博康氏とホットスケープの前野伸幸代表取締役が務める。

前野氏は、開催にさきがけ「イベントの開催においては『想定外を減らすこと』が重要です。今回の弊社主催セミナーではそのなかでもイベントに関わるリスクを理解しその対応のひとつとして、「保険」をクローズアップします。」と語っている。

すでに様々な業界から申込みがあり、残席はあとわずかとなっている。 申込はイベントレジストページ(http://eventregist.com/e/hotscape_Biz4)から イベマケ読者限定割引コードは HBSMAReveYU

 

■開催概要 日 時:2018年3月27日(火)18:45~21:00 ※18:30受付開始 20:00~ 意見交換・懇親会 場 所:AP新橋虎ノ門 東京都港区西新橋1-6-15 NS虎ノ門ビル11F

3月6日応募締切 〜第4回JACEイベントアワード

3月6日応募締切 〜第4回JACEイベントアワード »

19 2月, 2018

日本イベント産業振興協会(JACE)は、「第4回JACEイベントアワード」を実施。応募締切が3月6日までとなっている。

同アワードは、昨年1月から12月31日までに実施の国内外のイベントのうち、創造的で革新的なイベントを表彰するもの。

選考は、日本商工会議所顧問で全国中小企業取引振興協会会長の中村利雄氏を委員長に、各界の専門家からなる選考委員とイベント業務管理士によって、最優秀賞経済大臣賞(日本イベント大賞)1作品(賞金30万円)、イベントプロフェッショナル賞1作品(賞金30万円)、優秀賞5〜7作品(賞金各10万円)が選ばれる。

選考基準は「コンセプト構築力」「イノベーション活用力」「オペレーション&マネジメント力」「インパクト創出力」「経済波及効果及び集客効果」という独自な5つの視点をもって行われる。

優秀賞の発表は5月下旬、日本イベント大賞とイベントプロフェッショナル賞の発表と表彰式は6月12日に都内で行われる。

 

<前回受賞作品>

◯日本イベント大賞(第3回) 「日本橋 桜フェスティバル」 企画を手がけた博報堂尾崎徳行さんのインタビューは本紙14号でも掲載

◯イベントプロフェッショナル賞(第3回) 「女子高生によるマグロ解体ショー 『フィッシュガール』」

詳細は、公式サイトまで。

課題や改善点を利用者と楽しく(飲みながら)共有 〜ソラシティカンファレンス2018〜 【レポート】副編タナカが行く!

課題や改善点を利用者と楽しく(飲みながら)共有 〜ソラシティカンファレンス2018〜 【レポート】副編タナカが行く! »

19 2月, 2018

2月7日、楽しみにしていた「ソラシティカンファレンス2018~心を込めてゴーゴゴー!!もーすぐ5周年だよ!全員集合スペシャル~」に参加してまいりました。

いやぁ楽しかったですねぇ。お酒を飲みながら、ということもあり、一緒のテーブルに座った初対面の人とも意気投合!?して、なにかとイジられるくらいに仲良しな雰囲気になっていました。(イジられるのが好きだと言っているワケではありません)

そんな雰囲気をつくっていたのは… 【ケータリング居酒屋~ソラシティゴールデン街~】入場後、オープニングの前から、お酒とおつまみを楽しんじゃう。

おり原、サンケイ会館、シービーサービス、フォリクラッセ、ホテルコンチネンタル、C’Sケータリングという主力ケータリング会社が「居酒屋」風なおつまみとドリンクを提供。

ワタクシはカレーライスとお蕎麦とか、食べ損ねた昼ごはんのように堪能していました。この会は1000円の飲み放題でおつまみはチケット制なんですが、これで¥1,000は安い!毎日やって欲しい。(目的が違う?)

そして、ほぼ酔っ払ったところで、チームに分かれてワークショップ形式で、【クイズ そこんトコどーなの!?】がスタート。

参加した人の多くがソラシティカンファレンスの利用者(イベント主催者・企画者)なので細かいことまでワンサカと。

第4問目は、利用者からのクレームの1位から3位までをあてる問題。クレームを大っぴらにするだけならまだしも、順位づけまで…。と思ったら正解発表後にご丁寧に10位まで発表。施設側がお客さんにそんなこと言っていいのか、と心配になるくらいオープンな意見交換でした。

 

 

続いては【サービス・ラボ】 「さらに使いやすい会場を目指して―。皆様のアイディアをパクらせ・・貸してください!」というテーマで、課題と改善策を1枚の絵で表現するというお題。

ワタクシのチームは、絵を描く人のセレクションから開始。お題はドラえもん。同点決勝のピカチュウを描いていたところで時間終了に。

机の上には記憶がおぼろげな大人たちの落書きが散らかっていました。他のチームの方に審査してもらった時には、「このドラちゃんカワイイ」とか言ってくれて。悪ふざけにもちゃんと対応してくれる大人の優しさが心にしみました。

結局われわれは「絵が上手な人は斜めの視点から描く」というコーナーの趣旨とまったく違う教訓を得ただけで、施設の皆様の期待に応えられなかったのが反省でございます。

利用者の要望と施設側が提供するものとのミスマッチを、本音で語り合うことがサービス品質向上に絶対必要なもの。というのは頭では理解できるのですが、本音で話すためには、関係性を育てることが重要なんだなということを身をもって体験した良いイベントでした。(と酔いが冷めてから思いました)

 

イベント関係者は2月7日、御茶ノ水にゴーゴゴー!!  〜ソラシティカンファレンスセンター〜

イベント関係者は2月7日、御茶ノ水にゴーゴゴー!!  〜ソラシティカンファレンスセンター〜 »

2 2月, 2018

ソラシティが開業5周年を4月に控えて、スペシャル企画「ソラシティカンファレンス2018~心を込めてゴーゴゴー!!もーすぐ5周年だよ!全員集合スペシャル~」を開催する。入場はチケット制。¥1,000で飲み放題と5ブースおつまみ引換券が付く。

会場内で行われる主なプログラムは以下のとおり

■ケータリング居酒屋~ソラシティゴールデン街~ 御茶ノ水に ”ソラシティゴールデン街”が登場。ケータリング会社6社同時出店、食べ比べのチャンス!ケータリング会社の居酒屋メニューとは??お酒の力を利用しながら新たな出会いや発見の場となることも

■クイズ そこんトコどーなの!? 事前に行った会場利用に関するアンケート結果をクイズ形式で紹介。どんな「会場」が真に「良い会場」なのか。ソラシティの課題をおもしろおかしく考えていく1時間。上位チームにはご褒美も?

■サービス・ラボ さらに使いやすい会場を目指し、参加者のアイデアをパク…借りる企画。課題に対する改善策をチームで協力して考え、1枚の絵で表現する。他会場の事例もご紹介しながら、より良い会場・より良いサービスを目指し、「あんなこといいな、出来たらいいな」をカタチにしていく。

 

開催テーマは、『いつも会場をご利用頂いておりますお客様への感謝の気持ちを具現化し、今後のご利用につなげていくこと』。

一般向けのキャンペーンのようにも見えるが、会場運営側のBtoB向けのイベントとしてのとしての設えにもなっている。 ソラシティのサービス内容や貸会場使用のメリット、課題と解決策を、イベント主催者・参加者と楽しく共有する一夜となる。 国際会議などマジメな催事の印象が強いソラシティの新たな一面は、イベントプランナーのアイデアを活性化するだろう。

主催者でなくても楽しめそうな企画が盛りだくさん。 イベントに出席する人もイベント関係者なので、とにかく暖簾をくぐってみてはいかが!? 御茶ノ水に突如現れた宴の場はきっと集まることの楽しさが凝縮されているに違いない。

欧米からみた日本MICEへの期待語る 〜MPI Japan Chapter〜

欧米からみた日本MICEへの期待語る 〜MPI Japan Chapter〜 »

19 1月, 2018

2月20日、MPI Japan Chapterは 第3回セミナーを六本木アカデミーヒルズで開催する。 「日本に求められるMICEの対応 〜What International MICE planners are looking for”」【DMO六本木協賛企画】をテーマに、ドイツ・ケルンに本社を置く国際的MICE企画運営会社teamtravel international Gmbh社の代表Yuji Andreas Wendler 氏と、タイ・バンコクに本拠を置くディスティネーションアジアの日本支社のジェネラルマネージャーのPeter Cools氏 が議論する。モデレーターはメットライフ生命保険イベントマネージメントチーム シニアマネージャー でMPI Japan Chapter教育委員会副委員長の保坂恵子氏が務める。

展示会研究会が初セミナー  〜イベント学会

展示会研究会が初セミナー  〜イベント学会 »

19 1月, 2018

展示会に係る多様な理論および手法の分析・開発を主目的 として、イベント学会内に設置された展示会研究会が2月4日、アクセア半蔵門で初めての主催イベントを実施する。

内容は、京都大学大学院での

いよいよ1月24日(水)〜幕張メッセで販促・マーケティングの総合展「第1回 販促ワールド[春]」が開催!

いよいよ1月24日(水)〜幕張メッセで販促・マーケティングの総合展「第1回 販促ワールド[春]」が開催! »

19 1月, 2018

リード エグジビション ジャパンは、1月24日(水)から3日間、幕張メッセにて「第1回 販促ワールド【春】」を開催。

販促ワールドは、売り上げ拡大に繋がる製品・サービスが一堂に出展する、販促・マーケティングの総合展。「販促EXPO」、「店舗販促EXPO」、「Web販促EXPO」、「広告宣伝EXPO」、「営業支援EXPO」の5つの展示会で構成されている。2009年に「第1回 販促EXPO【夏】」として東京ビッグサイトで初開催。売上拡大のヒントが見つかると、販促・マーケティング担当者からの高評価に応えるかたちで、今年から7月に加え1月に幕張メッセで「第1回 販促ワールド【春】」の開催を決定した。初回から230社が出展、同時開催展を含め、6万人の来場を見込んでいる。

出展製品は、ノベルティ、印刷・ DMサービス、什器・POP、デジタルサイネージ、O2O、営業支援IT、広告枠、デジタルマーケティング、 ECサイト戦略など。来場対象者は、あらゆる企業の販促、マーケティング、営業、広報・宣伝、Web担当、経営者などである。

なかでも注目は、IT・Webに特化した販促専門展「Web販促EXPO」。デジタルマーケティング、ECサイト戦略、AI(人工知能)などを扱う企業が出展し、エンドユーザーに直接売込める場として開催する。

また、最新の業界動向が学べるマーケティングセミナーも同時開催。コーセー、日本ロレアル、Google、トヨタ自動車、C Channel、アウディ ジャパン、ソニーマーケティングなどの企業で活躍する講師が公演。ブランディングや販促活動に関するセミナーを多数用意。事前登録制となっている。

◎セミナー全16講演 詳細 >>> http://www.spex.jp/spring/seminar/

 

現在事務局では、招待券(無料)の申込みを公式HP(http://www.sp-world.jp/spring/inv/)で受付けている。 なお、招待券のない場合は入場料1人5,000円(18歳未満の入場は不可)。 また、同サイト上で「出展社・製品検索システム」を利用し、 出展製品・サービスの閲覧や出展社とのアポイントをとることが可能となっている。 ●連絡先 主催者 リード エグジビション ジャパン株式会社 販促ワールド事務局 TEL:03-5324-1267 URL:http://www.sp-world.jp/spring/

イベント向けプロジェクター展示会を11月15・16日幕張で  ーエプソン

イベント向けプロジェクター展示会を11月15・16日幕張で  ーエプソン »

2 11月, 2017

ビジネスプロジェクター22年連続国内シェアNo.1※1のエプソンは、レーザー光源搭載プロジェクターの新商品として、明るい常設モデル5機種、超短焦点壁掛け対応モデル3機種の全8機種を2017年11月より順次発売する。

それに合わせて、11月15・16日、幕張メッセInterBEEの会期にあわせて近隣のホテルで併設展を開催する。

イベントやオフィスなどさまざまなシーンでご活用いただけるビジネスプロジェクターを豊富に展示し、明るさや画質を実際に体感できる。

新商品の明るい常設モデルは、15,000lm(ルーメン)の『EB-L1750U』(ホワイト)『EB-L1755U』(ブラック)、12,000lmの『EB-L1500UH』(ホワイト)『EB-L1505UH』(ブラック)、5,000lmの『EB-L1000U』で、全機種「4Kエンハンスメントテクノロジー」を搭載している。

また、超短焦点壁掛け対応モデルは、全機種4,000lmで当該モデルにおいてエプソンとして初めてレーザー光源を搭載した、ホワイトボード機能搭載『EB-1470UT』、電子黒板機能搭載『EB-710UT』、『EB-700U』を取りそろえる。

エプソンのレーザー光源搭載プロジェクターは、明るいだけでなく高コントラストの映像を投写でき、さらに無機の素材でできた蛍光体とLCDパネルを組み合わせることで、20,000時間メンテナンスフリー※2を実現。ランプ切れの心配がなく長時間稼働が可能なため、導入後メンテナンスの手間軽減に貢献する。

■開催概要 エプソンプロジェクター新商品展示会 日時:11月15(水)・16(木) 10:00 〜18:00 会場:ホテルフランクス(http://www.francs.co.jp/access/) 幕張メッセ・Inter BEE 会場から徒歩1 分/ JR 京葉線 海浜幕張駅より徒歩 3 分 ) 展示内容:レーザー光源15000lm モデル、超短焦点ゼロオフセットレンズ、 壁掛け超短焦点モデルほか 入場料:無料

保護中: イベント後のお礼メールを 2年間無料で使えるクーポン付き <PR> 

保護中: イベント後のお礼メールを 2年間無料で使えるクーポン付き   »

15 9月, 2017

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。