Home » News » 「No Maps 2017」札幌にて10月5日~15日に開催決定! CPS/IoT Exhibitionをテーマにした 「CEATEC JAPAN」と連携を発表

「No Maps 2017」札幌にて10月5日~15日に開催決定! CPS/IoT Exhibitionをテーマにした 「CEATEC JAPAN」と連携を発表

No Maps実行委員会(札幌市)は、Sapporo Creative Conventionの名のもと「No Maps 2017」を10月5日(木)~15日(日)の11日間開催。第一弾の発表として全体像となる規模感、そして「新しい価値・文化・社会の姿」を提案する技術やサービスの社会的な実証実験の場を提供をめざす『No Maps Future Lab』の活動を発表した。Conference(会議)、Exhibition(展示)、Event(興行)、Meet-up(交流)、Experiment(実験)という5つを事業として、50以上のシンポジウムやセミナー、トークセッションの実施、地下歩行空間や特設会場を展示ブースとしたトレードショー、3,524作品のエントリーがあった第12回札幌国際短編映画祭や150組を超えるアーティストによるライブ、No Mapsに参加した人たちが自由に交流できるラウンジなどを用意。経済産業省北海道経済産業局と技術開発推進機関 NEDO、さらに北海道起業家万博(総務省 北海道総合通信局等)と連携した「No Maps NEDO Dream Pitch with 北海道起業家万博」を連携事業として実施する。

今年は、国内最大のCPS/IoT Exhibitionをテーマにした「CEATEC JAPAN」とも連携を発表。CEATEC JAPANの会場にてNo Mapsがビジネスミートアップセミナーを開催。またNo Maps会期中に「No Mapsベンチャーカンファレンス Meet UP!! in Sapporo」として“CEATEC JAPAN米国メディアパネルイノベーションアワード”の特別賞受賞者をNo Mapsベンチャーカンファレンスに招待。あたらしい交流を創出していく。

さらに、札幌・北海道を「実証実験・社会実装の聖地」とすべく、「No Maps Future Lab」を発表。産官学連携した連絡調整会議にて、さまざまな社会実験、社会実装の要望にどこよりも早く答えられる地域を目指していく。

詳しい情報は https://no-maps.jp/

編集部情報班

編集部情報班

イベント、マーケティング情報のほか、展示会、MICE、プロモーションイベントのニュースもお届けします。