Home » MICE » MICEでナイトタイムエコノミーの促進を狙う パシフィコ横浜で『野毛 横浜おもてなしナイト』実証実験を開催

MICEでナイトタイムエコノミーの促進を狙う パシフィコ横浜で『野毛 横浜おもてなしナイト』実証実験を開催

国内最大級の複合MICE施設、パシフィコ横浜(正式名称:株式会社横浜国際平和会議場 所在地:横浜市西区、代表取締役社長:中山こずゑ)は、2018年6月28日に国際会議をはじめとするMICE参加者向けユニークベニュー開発のための実証実験『野毛 横浜おもてなしナイト』を開催し、その実施結果をまとめた。

今回の実証実験では、ナイトタイムエコノミー(夜間の経済活動)促進とMICE参加者を送客する新しいユニークベニューとして、横浜に古くからある昭和の下町風情の残る『野毛』地区で、飲み屋街や夜景を見ながら「ナイトライフ」を楽しむバークルーズイベントを企画。2018年度にリニューアルされた『野毛手形(金券クーポン)』を活用し、野毛の街を飲み歩く実証実験に、41組180名が参加した。

参加者からは、「外国人に“飲み歩き”という日本文化を紹介しながら、おもてなし感を演出することができる」「ホテルと会議室の往復になりがちな国際会議の参加者には、飲み歩きはおススメできる」「野毛地区を知るよい機会になった」、また店舗側からは、「平日にかかわらず、まとまった来客があり売上につながった」「海外の方への対応改善の必要性を感じた」など、多くの感想や意見を集めることができた。(詳細はアンケート結果参照)

1.「野毛 横浜おもてなしナイト」実証実験開催概要
開催日 :2018年6月28日(木)
開催場所:横浜市中区 野毛町
主催  :パシフィコ横浜
協力  :横浜DMC(YDMS株式会社)、横浜市中区役所
参加者 :市内企業・関係機関やMICE関係者41グループ 180名
協力店舗:40店舗(『野毛手形』加盟店の一部)
実施内容:
・参加者は、1軒目(約1時間)+2軒目(約1時間)の2店舗でモニター調査を行い、参加者アンケートを実施
・参加者有志により、開催日翌朝に、街のゴミ拾いを実施

2.アンケート結果
・野毛への来訪実績
https://www.atpress.ne.jp/releases/164080/img_164080_3.jpg
・野毛の印象について
https://www.atpress.ne.jp/releases/164080/img_164080_4.jpg

■野毛手形とは
野毛地区振興事業協同組合が発行しているチケット式の金券「野毛手形」。1,500円×2枚がセットとなっていて、飲食時の支払いに使用できる。手形専用のお得なセットメニューもあり、敷居が高く感じてしまいがちな野毛初心者も手形を片手に気軽に飲み歩いて、野毛探索をすることができる。2018年4月に「野毛通手形」からリニューアルされた。
野毛手形ホームページ
http://noge-tegata.com/

編集部情報班

編集部情報班

イベント、マーケティング情報のほか、展示会、MICE、プロモーションイベントのニュースもお届けします。

Similar posts