Home » Interview » Innovator #2 ロボット+人間=最高のロボてなし フューブライト・コミュニケーションズ

Innovator #2 ロボット+人間=最高のロボてなし フューブライト・コミュニケーションズ

Innovator #2
ロボット+人間=最高のロボてなし
フューブライト・コミュニケーションズ株式会社

居山 俊治 さん   代表取締役社長(写真中央)
吉村 英樹 さん   取締役 (写真左)
近藤 幸一 さん サービス企画部長(写真右)

7月 24 日、インバウンド外国人観光客・国内観光客向けに Pepperを活用した「ロボてなし」をリリースしたフューブライト・コミュニケーションズ。

Pepper アプリ開発をする同社では、もともと医療介護を主軸として脳トレクイズや歌、エクササイズなどレクリエーションアプリのノウハウを蓄積してきた。

「ロボットが家庭に入ってくるという状況は、日本が先行しています。コミュニケーション型の Pepper はサイズ感と愛嬌で介護施設での反応もよく、今後高齢者家庭に余地があるでしょう。それと、いま向いているのが観光です」と居山代表は話す。

Pepper の表現プログラミングを担当する近藤さんは、Pepper の集客力を傍で感じてきたこと、事務所近くの爆買いストリートのようすを間近で感じ、2020 東京オリンピック・パラリンピックに向けニーズのある分野だと、観光大使として「ロボてなし」を開発したと続ける。

「ロボてなし」では、ビーコンと連携することで、国籍などのユーザー情報をスマホ・タブレットから受信し多言語対応(英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語)ができる。専用アプリから観光案内やクーポンを受け取るだけでなく、個別の質問には、多言語コールセンターへ Pepper が電話接続してくれる。

「ロボットは不眠不休で活動でき、クラウドを活用した情報リソースの活用など能力と可能性がある反面プログラミングされたことしかできません。そして、人間は稼働時間が限られ、同一のサービスを提供するにはある程度の教育時間が必要ですが、臨機応変に対応できるノウハウや気配りがあります」と、ロボットならではの「おもてなし」の提供を追求している。

観光シーンだけなく、集客力を活かして展示会での誘客や声がけ、ユーザーを招いた企業イベントなどですでに稼働中。「『ツーリズムEXPO』では自社ブースで誘客・デモ・接客にと大活躍です」と広報担当の吉村さんは、活用シーンの可能性は広いと話す。

これから地域のコンテンツ開発、伝統芸能とのコラボと意欲的だ。

Pepper

Pepper があなたの町を紹介する

 

樋口陽子

樋口陽子

樋口陽子  月刊イベントマーケティング 編集長 MICE 研究所「イベントは体験提供の場」として、イベント現場で体当たり取材を行っている