Home » MICE » 6000人規模の国際会議 受入実績も「Osaka Bay Area MICE のチームのおもてなし」

6000人規模の国際会議 受入実績も「Osaka Bay Area MICE のチームのおもてなし」

ー特集 新しい会場 新しいカタチー 運営のしかた03 

 6000人規模の国際会議 受入実績も

大阪南港のベイエリアでは、4会場・1団体が共同で出資した「Osaka Bay AreaMICE」が昨年9月からエリア一体型のMICE受入体制を整え、活動を本格開始した。

左からインテックス大阪長内さん・齊藤さん、ATC ホール井上さん、インテックス大阪近藤さん、ハイアットリージェンシー大阪高橋さん、ATCホール内田さん・中村さん、ホテルフクラシア大阪ベイ市川さん

創設メンバーは複合商業施設も併設する会議向け「ATC ホール」、宿泊やケータリング含めレセプションパーティ向けの「ハイアットリージェンシー大阪」、大型展示会向けの「インテックス大阪」、研修特化型でケータリングも対応する「ホテルフクラシア大阪ベイ」の4会場と、大阪へのMICE 誘致とプロモーションを担う大阪観光局。数年前に勉強会からスタートし、共通する目的は、大阪での大型MICE 案件の一括受注だ。

これまでも大阪ベイエリアでは2012 年に世界中の金融エグゼクティブが集う国際会議「Sibos(サイボス)」の6,000人規模の受入を経験した。その際はハイアットリージェンシー大阪とホテルフクラシア大阪ベイで分宿とケータリングを手配、本イベントでは、展示・メイン会議をインテックス大阪、中小会議を2ホテルとATC 会議室、懇親会をインテックス大阪で対応した連携の実績がある。

今年は6月に日本で初開催される「G20大阪サミット2019」や10 月に「ツーリズムEXPO ジャパン」が控えており、国内外へ発信する機会と捉え、一企業を飛び越えた民間主導型のエリアコーディネイトの役割を担っていく。

トップ写真:4 施設の位置関係
Osaka Bay AreaMICE パンフレットより


田中力 MICE研究所

田中力 MICE研究所

田中力 MICE 研究所 代表 展示会 イベントの集客は、来場者数、来場者の質、滞留時間という「集客3D理論」を展開。

Similar posts

1 Comment