Home » Blog » 田中旅日記 与那原はよなよな(その1)

田中旅日記 与那原はよなよな(その1)

1月14日〜16日、沖縄の新MICE施設が建設される与那原町に、MPIのツアーで行ってきました。

与那原町はMICE受入体制づくりの一環として、DMO(観光促進組織)やアフターMICEメニューの開発、MICEビジネス受注組織の設立に取り組んでいて、今回はMICEメニュー候補のコンテンツについて、ミーティングプランナーが集まるMPIのメンバーが体験し、商品化へアドバイスをする、という目的の招聘事業です。

なんだかむずかしくなりましたが、ご招待されたので沖縄に行ってきた、ということです。

1月なので朝晩は肌寒さを感じる、ということは事前に聞いていたのですが、「沖縄人の寒いは信用できない、20度切るとコタツを出す県民だ」というポリシーのもと薄着を用意していたのですが、当日は日本列島を覆う寒波。沖縄も例外ではなく、みんなコートを着ているという、せっかく沖縄なのにもったいない感じでした。

さて、まずは宿泊先のパシフィックホテル宴会場をインスペクション(視察)

宴会場でいただいたのが、沖縄伝統の宮廷料理と西洋料理のアレンジしたお料理。昼ごはん後なので食べやすいように、みんなピンチョスサイズでしたが、ワタクシお腹が空いていたので、もりもり食べました。

オススメは豆腐ようとクリームチーズをミックスしたもの。豆腐ようのちょっとクセのある味を食べやすくチーズで抑えつつ、でも沖縄の(泡盛の)味はしっかりするという料理長オリジナルのアレンジ。

「地元の沖縄料理の店につくってもらいたいなあ」というワタクシの心ない発言にも、料理長はニコニコ顔で聞いてくれていました。

パシフィック料理長お話豆腐ようとクリームチーズ宴会場の写真

今回は与那原のツアーでしたが、那覇市のホテルに宿泊しました。与那原町にはまだホテルが建てられていないんです。MICE視察建設が決まり、いろいろと建設話があがっているのですが、具体的な計画づくりはこれからなんだそうです。

 

沖縄女子短大さて、その後は沖縄新大型MICE施設建設予定地と概要説明。建設予定地の沖縄女子短期大学の屋上から視察しました。女子短期大学で建物もピンク色、校舎内はなんとなくいい香りが立ち込める〜、現役だよなぁ、と変なところで盛り上がったおじさんたちでしたが、ちゃんと視察してきました。展示ホール3万平米で、多目的ホールとホワイエも合わせると4万㎡の展示会も開けるという、日本有数の規模になるということです。

スクリーンショット 2017-01-30 6.36.11

が、現在は原っぱ。写真左側が多目的ホール、右手が展示ホールとなる予定。真ん中付近にある道はなくなり、1つの大きな建物がボカンと立ちます。

なかなかの規模ですね。これを展示会で埋めるのは、大変だなあ、という話しは、与那原プロジェクト会議のメンバーとの意見交換会のところで書きます。

月刊イベマケ19号に掲載した記事は下のURLから。
https://www.event-marketing.co.jp/contents/8198

 

さあ、いよいよ与那原MICEメニューの体験となりますが、ここから先は来週お届けします。
おそらくMICE業界初のスナックやバーをはしごするという「夜のまち歩きプログラム」もレポートしますのでお楽しみに。

 

田中力 MICE研究所

田中力 MICE研究所

田中力 MICE 研究所 代表 展示会 イベントの集客は、来場者数、来場者の質、滞留時間という「集客3D理論」を展開。