Home » Articles posted by 田中力 MICE研究所 (Page 45)
田中力 MICE研究所

田中力 MICE研究所

田中力 MICE 研究所 代表 展示会 イベントの集客は、来場者数、来場者の質、滞留時間という「集客3D理論」を展開。

展示会で見込み客が3倍になる事例大公開セミナー~動画メールも つくれる!

展示会で見込み客が3倍になる事例大公開セミナー~動画メールも つくれる! »

13 10月, 2015

【出展者向け】

月刊イベントマーケティング編集部では、「face to face を科学する」をコンセプトに、マーケティング戦略の全体最適からイベント設計を考える月刊紙での情報提供のほか、セミナーを実施。セミナーでは、イベント活用を効率化するノウハウやサービスご提案の場をつくっています。業種・職種間の垣根を超えイベントノウハウ共有のネットワークの機会にも、月刊イベントマーケティング主催セミナーをご活用ください。

今回は、「展示会出展で見込み客を3倍にする」をテーマに開催します。

【セミナー概要】

日  程:10月23日 16:00~18:30(受付開始:15:30~) 会  場:コングレスクエア日本橋 3階ルームA1・A2 (東京都中央区日本橋1-3-13 東京建物日本橋ビル) 定  員:40名 参加費:1,500円 タイトル:【出展者向け】展示会で見込み客が3倍にある事例大公開セミナー

【プログラム】

16:00~「マーケティング戦略から考える展示会・イベントの位置づけとは~Webマーケティングをより効果的にするイベントマーケティングシナジー~」(40分) 特別ゲスト:株式会社船井総合研究所 柴崎智弘氏

16:40~ 休憩(10分)

16:50~「展示会で見込み客が3倍になる事例大公開~展示会戦 弱者のための用兵論~」(30分) 講師:フレイ・スリー 前田考歩氏

17:20~「デモツアー~名刺スキャンから動画付きHTMLメール作成まで~」(40分)

18:00~名刺交換会(体験コーナー/飲み物あり)

問合せ: (株)MICE研究所 樋口 / 田中 TEL 03-6721-5303 Email: yoko-higuchi@event-marketing.co.jp 申込みページ :http://eventregist.com/e/tenjikai3bai

ビジネスマンと成長企業が触れ合う3時間 ~ベンチャーDIVE!

ビジネスマンと成長企業が触れ合う3時間 ~ベンチャーDIVE! »

7 10月, 2015

“成長企業の経営に参画できる”「サンカク」を提供するリクルートキャリアと、球場からお寺までさまざまな空間をイベント会場として提供するスペースマーケットが9月29日、東京・品川のザ・ランドマークスクエア・トーキョーで「ベンチャーDive!」を開催した。

イベントは大企業からベンチャーの世界に飛び込んだ経営陣の体験談が語られる「パネルディスカッション」とベンチャー企業の業務内容やリアルな経営課題について直接企業の経営者やスタッフと話せる企業出展ブースの2部構成で実施された。

パネルディスカッションは“大企業出身者がベンチャーの世界に飛び込んだワケ-注目ベンチャー企業の経営者が明かす過去。そしていま-”をテーマに実施。NTT東日本からフォトクリエイトを経てスペースマーケットを創業した重松大輔氏をモデレーターに、リクルート(現リクルートホールディングス)からトレンダーズ取締役に就任した後にLiBを創業した松本洋介氏、ゴールドマン・サックス証券からビザスクを立ち上げた端羽英子氏、三菱商事からRettyのCFOに就任した奥田健太氏がパネリストとして登壇。それぞれベンチャー企業に参画した経緯や当時の想い、ベンチャー企業で働くこと、起業の苦労ややりがいについて語った。

松本氏は、実家が自営業であったことや、自分を信じてくれる仲間たちと世の中を変えたり、関わる人数を増やしたい、といった起業に至った想いを述べた。ベンチャー企業経営の魅力については、ホワイトボードに書いたものが現実になる実感をあげたほか、大企業での勤務を“試合に出られずにベンチにいるつらさ”、ベンチャー企業を“試合に出て結果を出し続けなければいけないつらさ”と表現した。

奥田氏は、自身がドイツのプロサッカーチームの下部組織にいた際の、各国から集まったメンバーの多様性から、異なった人たちが一つの目標に向かっていくようすを動物園にたとえ、ベンチャーでのビジネスになぞらえて、その魅力を語った。

端羽氏は、ビジネススクール時代に起業の魅力に触れたこと、ママ友が起業するようすをみて手軽にできそうと感じたことなどが起業につながったと説明。また、90歳まで生きた場合の年金生活と起業をロジカルに比較して、必ずしも起業はリスキーではないという判断したことなどを語った。

重松氏は、大企業で先輩方が決まったタイミングに昇進することをみて、自分の将来が見えてしまうつらさを語った。大企業勤務からベンチャー企業で経営に参画し、自身で起業というプロセスを踏んだことで、双方の経験を踏まえたことにより、経営ノウハウや市場を把握することができ、失敗のリスクが減るとともに、大企業の出資なども受けられる土壌になったと説明。またベンチャー企業での経験はビジネススキルの向上につながるため、仮に大企業に戻る場合でも、一社で継続して勤務するよりも高い地位で復職できるのでは、と自身の考えを述べ、大企業に勤めながらベンチャー企業の経営に触れられる「サンカク」をきっかけにベンチャーの海にダイブしてほしいと、参加者にエールを送った。

企業出展ブースでは、パネルディスカッション登壇者の企業4社のほか、レアジョブ、パラダイムシフト、イプロスなど13社が出展。大企業のビジネスパーソンを中心とした来場者と1対1で、自社の事業紹介やサービス拡充へのアイデアブレストなど、活発にディスカッションが行われていた。

<主催>株式会社リクルートキャリア(http://www.recruitcareer.co.jp/) サンカク(https://sankak.jp/

<共催>株式会社スペースマーケット(https://spacemarket.com/

<登壇企業>(社名50音順): 株式会社ビザスク(http://visasq.co.jp/) 株式会社LiB(https://www.libinc.co.jp/) Retty株式会社(http://corp.retty.me/

<出展企業>(社名50音順): アスタミューゼ株式会社(http://www.astamuse.co.jp/) 株式会社イプロス(http://corporate.ipros.jp/) ECマーケティング株式会社(http://www.ecmarketing.co.jp/) 株式会社ギブリー(https://givery.co.jp/) 株式会社コズレ(http://www.cozre.co.jp/) シェルフィー株式会社(https://shelfy.jp/) 株式会社パラダイムシフト(http://paradigm-shift.co.jp/) 株式会社レアジョブ(http://www.rarejob.co.jp/) 株式会社Loco Partners(http://loco-partners.com/) <会場> ザ ランドマークスクエア トーキョー(http://www.landmark-tokyo.com/)

 

混信に強く、多チャンネル運用にも対応 ~デジタルワイヤレスシステム

混信に強く、多チャンネル運用にも対応 ~デジタルワイヤレスシステム »

7 10月, 2015

会議室・貸ホールの検索サイト「会議室.com」を運営するアスノシステムは9月10日、同社のグループ会社MCEAホールディングス(東京・港区)会議室において「第3回会議室.comセミナー」を開催した(協賛:ヒビノインターサウンド)。

テーマは、会議やセミナーにおけるより快適な音響システムの構築。マイクシステムのリーディングカンパニーであるシュアの日本法人、シュア・ジャパン フィールドアプリケーションエンジニア 井上直行氏が、最新のデジタルワイヤレスシステムについて分かりやすく説明した。当日は、会議室を運営する企業の担当者など25人ほどが参加した。

井上氏はまず、ワイヤレスシステムの導入メリットについて3点にしぼって説明した。1点目は多チャンネル運用が可能なこと。アナログシステムは最大6チャンネルなのに対し、デジタルシステムは最大30チャンネルを運用できる。ふたつ目は混信や干渉に強いこと。井上氏は「混信に対する強さはデジタルワイヤレスシステムのもっとも大きな特徴のひとつです。違うフロアや隣接するビルで別のデジタルシステムを使っていても、混信が起こることは通常ありません」と話す。

そして3つ目として挙げられるのが、優れたランニングコストだ。1週間に4回、3年間運用したと仮定した場合、アナログシステムはマイク1本につき概算で約9万9000円の電池代がかかるが、デジタルシステムは充電式のリチウムイオン電池が使えるので電池代は不要だ。 「1回の充電で12時間の利用が可能です。また、電池残量はマイク本体に時分単位で表示されますからとても便利です」(井上氏)

続いて、アナログマイクとデジタルマイクの音質の違いを、簡単なデモを行いながら紹介した。井上氏が同じ内容の言葉を、最初にアナログマイクで次にデジタルマイクで話したところ、デジタルマイクは非常にクリアな音質であることが分かった。

また、妨害波を発生させ、故意に電波干渉を起こさせる実験を行った。アナログシステムは話している途中で音声が途切れたり、「パツパツ」という雑音が入るが、デジタルシステムではそうした不都合は起きず、クリーンな音声のままだった。

今回のセミナーでは、シュア社の2種類のデジタルワイヤレスシステムを紹介。ひとつは「ULX-D」で大規模な会議やプレゼンテーションに最適なシステムだ。もうひとつは「QLX-D」で、こちらは中規模や会議や研修に最適なコンパクトタイプのシステムだ。

井上氏は「当社のデジタルワイヤレスシステムは盗聴にも強いのが特徴。秘話性能は米国トップクラスです。また、システムの施工も、とてもシンプルに行うことができます」と付け加えた。

参加者は自社でのデジタルワイヤレスシステムの活用を想定しながら、真剣に耳を傾けていた。

暗記から問題解決に重点移す ~国際MICE資格CMP~

暗記から問題解決に重点移す ~国際MICE資格CMP~ »

2 10月, 2015

MPI Japan Chapterは9月30日、六本木アカデミーヒルズで、今期第1回セミナーを開催、約60人が参加した。「~JAPAN MICEのグローバル化の中で、今、最も注目される国際資格CMP(Certified Meeting Professional)~」をテーマに、CMP取得者で、問題作成委員でもある日本コンベンションサービスのMICE都市研究所主任研究員西本恵子氏が、CMP取得のメリットや勉強方法、新しくなった近年の問題の傾向を語った。

開催に先立ち、MPI Japan Chpterの山本牧子会長が、MPIの概要を説明。世界22か国に1万8500人の会員をもつ規模や、会員全体のバイイングパワーが230億USドルに上り、86%の会員がMPIの会員と取引をしていることなど、その大きな影響力を語った。

 

講演の冒頭に西本氏はCMP取得のメリットとして、国際的信用を得られること、イベント業務を体系的に理解できること、英語での専門用語の理解、国際的なネットワーキングをあげた。

合格に向けた学習については、重ねると9㎝になるほどのテキストの量や300時間の勉強が必要だったが、昨年の問題改定により約2/3ほどの勉強量で合格ラインに届くのではという見解を語った。また問題の内容については、暗記問題(Recall)に重点をおいた過去の出題傾向から、現場での対応法(Application)や分析・問題解決(Analysis)を重視するようになっていることを説明。講演の後半では、各ドメインの試験での比重や出題傾向について詳細に解説した。

また、来年2月15・16日の両日六本木アカデミ―ヒルズでCMPブートキャンプを実施する予定を明らかにした。

イベント来場者の満足度測定ツール開発 ~ 富士通アドバンストエンジニアリング

イベント来場者の満足度測定ツール開発 ~ 富士通アドバンストエンジニアリング »

30 9月, 2015

富士通アドバンストエンジニアリングは来場者の満足度をリアルタイムに可視化するイベント支援運営ソリューション「EXBOARD」の提供にむけた取組みを開始した。これはMicrosoft Azure の IoT サービスによる屋内測位を活用したもの。

9 月 2 日から開催されたマイクロソフトの新イベント FEST2015  では、「EXBOARD」の実証実験を実施。来場者の名札に超薄型軽量のセンサービーコンを入れ、会場内での滞在数・位置・動線を把握できる。

また、興味・関心ある展示の場所でビーコン入りの名札を動かす(このアクションを Bravo!という)とその加速度を感知して、来場者の関心を集めた展示のランキングなど、イベントのマーケティング情報をリアルタイムに計測・表示できる。

主催者にとってのメリットは、展示会場の来場状況を定量的に可視化できること、人気エリアや混雑状況をリアルタイムで把握し、来場者のスムーズな誘導、空調のコントロールなど、来場者のストレスを低減することができること。来場者の動線分析や興味分析を行い、より効果的な展示会運営を実現する。

出展者は、重要顧客の来場をメールで通知を受け、出迎えや個別対応が可能になる。商談の機会損失の低減が見込める。来場者は人気のゾーンを把握したり、混雑を避けて効率的な視察ができるようになる。

今後、商業施設、オフィス、工場、駅、空港などでのナビゲーションや、安心安全などのサービス提供、それらが連携できるロケーションプラットフォームの実現を目指し、技術検証やサービス検討を進めていく。

2016 年 1 月に商品化を予定。その他、さまざまな業種、利用シーンに応じたアプリケーションと組み合わせるサービス「ロケーションプラットフォーム」の提供も行う。

MICE国際資格の問題作成者が語る  ~MPIセミナー9月30日~

MICE国際資格の問題作成者が語る  ~MPIセミナー9月30日~ »

6 9月, 2015

MPI Japan Chapterは9月30日、六本木アカデミーヒルズで、今期第1回セミナーを開催する。「~JAPAN MICEのグローバル化の中で、今、最も注目される国際資格CMP(Certified Meeting Professional)~」をテーマに、CMP取得者で、問題作成委員でもある日本コンベンションサービスのMICE都市研究所主任研究員西本恵子氏が講師を務める。

CMPは世界で約2万団体・10万人が加盟するコンベンション・インダストリー・カウンシル(CIC)が認証する国際資格で、世界中で1万4000人が取得しているが、日本ではまだ合格者は9人と少ない。

日本MICEの国際化やオリンピックなどの国際イベントが多数開催されるにあたり、CMP取得者のニーズが高まっているなか、資格取得者でありCICのCMP試験問題作成委員でもある西本氏が、制度の目的や試験内容、受験勉強のコツや取得後の成果などについて、説明する。

■セミナー概要 <タイトル>CMPとは? ~JAPAN MICEのグローバル化の中で、今、最も注目される国際資格 「CMP(Certified Meeting Professional)」~

<講師> 西本 恵子 氏 Keiko Nishimoto, CMP

<開催日時> 2015年9月30日(水) 18:30~20:00

<開催場所> 六本木ヒルズ49F 六本木アカデミーヒルズ

<参加費> 会員(無料)/ 一般(3,000円)学生(1,000円) ※参加費は当日、セミナー会場にて支払うこと。

<申込受付> http://www.mpijapan.com/event/index.htmlまで。

■講師プロフィール 西本 恵子(にしもと・けいこ)氏 日本コンベンションサービス株式会社 MICE都市研究所主任研究員 2015年4月より2年間、Convention Industry CouncilのCMP試験問題作成委員に就任。社会人学生として、京都大学経営管理大学院で地方創生やイベント・マネジメントのサービスイノベーションについて研究している。

【創刊記念イベントレポート】  イベントのイロハを知る ~ 人数と時間の把握は基本のキ

【創刊記念イベントレポート】 イベントのイロハを知る ~ 人数と時間の把握は基本のキ »

27 8月, 2015

本紙では、8月 27 日に虎の門ヒルズフォーラムで「月刊イベントマーケティング創刊記念イベント」を開催しました。

創刊号で展開した特集「いま、『イベント』×『マーケティング』の理由」を、実際に取材されたヒラヤマコウスケさん(イベントレジスト CEO)に映像と分析を交え解説いただいたほか、公開編集会議「ガンコ編集長をやっつけろ」を実施。情報交換会では、日本イベント産業振興協会の穂苅雄作専務理事による祝辞と、BtoB マーケティングの父 ノヤン先生ことシンフォニーマーケティングの庭山一郎代表取締役から中締めのご挨拶をいただきました。

「face to face を科学する」をコンセプトに、マーケティング戦略としてのイベント活用とその最適化を提唱する本紙ですから、実践に勝る学習なしというトライ & エラー方式での第1回。実は代表の田中も編集長樋口も本格的なイベント開催は今回が初めてでした。

最初の壁は、開場まで「全員参加した場合は席が足りない」という緊張感との戦いでした。実際には 70 名入る部屋でしたが、参加希望は 100 名を超え、対応策として情報懇親会場を急きょパブリックビューイング仕様に変更(実際は使用せず)。そして第二の壁は、時間感覚です。主催者が挨拶で話しすぎると、時間が足りなくなるという当たり前のことを学びました。人数と時間はイベントの基本のキですよね。

以上、公開反省レポートでした。

2年振りに大阪で内覧会 ~「FORWARD」タケナカ内覧会2015 in 大阪 ~

2年振りに大阪で内覧会 ~「FORWARD」タケナカ内覧会2015 in 大阪 ~ »

22 8月, 2015

イベント向けに映像や音響とICTのトータルサービスを提供するタケナカは、8月26日から28日の3日間、「“FORWARD”タケナカ内覧会2015 in 大阪」を、港区築港の大阪支店で開催する。

内覧会では、中国製品の品質向上によりよりダイナミックな表現が可能になったLED演出を、高精細、屋外、クリエイティブ、透過型といった多様なコンセプトで展開。またプロジェクションマッピングの「BeamPainting」や高解像度の世界を堪能する4Kコーナー、オリジナルインタラクティブソリューションも展示される。

毎回注目を集める特別セミナーは、立命館大学映像学部インタラクティブ専攻の望月成徳准教授と、映像新聞記者でプロジェクションマッピングアナリストの川田宏之氏が登壇する。

望月氏は、「おっ!?心をつかむインタラクティブ」と題して、映像演出に欠かせなくなったインタラクティブについて、何を主眼にプロデュースやディレクションをしていくべきかたを語る。

 

川田氏は、「集客できるプロジェクションマッピング」をテーマに、年間30件以上のプロジェクションマッピングを取材したなかから事例をあげ、人を惹きつけるマッピングは何かを考える。

両講演の聴講には内覧会とは別に事前予約を行うこと。収容人数に制限があり、早めの申 込みが必要な状況となっている。 http://nairankai.takenaka-co.co.jp/

保護中: 企業とMICEをマッチング  ~ 横浜市~ »

15 8月, 2015

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

創刊記念イベントを虎の門ヒルズフォーラムで ~月刊イベントマーケティング

創刊記念イベントを虎の門ヒルズフォーラムで ~月刊イベントマーケティング »

11 8月, 2015

“Face to Faceを科学する” フリーペーパー「月刊イベントマーケティング」の創刊記念イベントが8月27日、虎の門ヒルズフォーラムで開催される。

イベントでは、同紙創刊号で特集した、米国の「~EXPERIENTIAL MARKETING SUMMIT 2015リポート~について、より詳細に解説。イベントを活用したマーケティングの最新トレンドがわかる内容となっている。

また、次号の企画を参加者全員で考える公開編集会議「ガンコ編集長をやっつけろ!」も実施。イベント、MICE、マーケティングなどさまざま分野の関係者の意見をまじえて、新機軸の媒体づくりを目指す。

15:30~受付開始 16:00~紙面連動企画 「いま、『イベント』×『マーケティング』の理由」 ~EXPERIENTIAL MARKETING SUMMIT 2015リポート~ (イベントレジスト株式会社CEO・ヒラヤマ コウスケ氏)

16:45~公開編集会議「ガンコ編集長をやっつけろ(仮)」 17:15~情報交換会(SnSnap体験会なども予定) 18:00ごろ終了