Home » イベント会場・施設情報

イベント会場・施設情報

  • 会場アクセス ショート動画シリーズ
  • NTTe-Sportsが秋葉原に「eXeField Akiba」を開業 ICT × eスポーツの交流施設

    NTTe-Sportsが秋葉原に「eXeField Akiba」を開業 ICT × eスポーツの交流施設 »

    13 8月, 2020

    株式会社NTTe-Sportsは、秋葉原UDX内に「ICT×eスポーツ」を通じて新しい文化・社会を創造する交流施設「eXeField Akiba(エグゼフィールド アキバ)」を2020年8月11日(火)に開業した。

     

    「eXeField Akiba」Webサイトへ

     

    NTTe-Sportsは2020年1月に設立し、ICTとeスポーツをかけ合わせて地域活性化をするというミッションを掲げている。同社は現在「施設事業」「サポート・教育事業」「プラットフォーム事業」「イベントソリューション事業」「地域活性化のコンサル事業」の5つの事業を展開している。

    eスポーツ・最先端の技術、新しい商材をかけ合わせて共創を目指す

    施設事業として新たに開業した「eXeField Akiba」では、最先端のICTと最新の機材を備え、人と人、地域と地域を繋げる拠点とすることで、幅広い層へのeスポーツの文化の定着とコミュニティの形成、eスポーツ関連技術の発展を目指した施設運営を推進していく。

    コロナウィルス禍の状況を踏まえオンラインイベントの配信に特化した施設であり、他の地域で同様の施設を作りたい方々にとって参考にしてもらえるようなショールームでもあると考え、施設の提案を行うための拠点という位置づけも兼ねている。

    用途に応じてカスタマイズできる施設機能

    同施設は大きく分けて「ICTエリア」「配信エリア」「プレイエリア」「カフェエリア」の4つのエリアに分かれている。また、受付では非接触型の会計などコロナウィルス禍においての配慮も充実している。

    受付

     

     

    アルコール消毒・検温といった基礎的な設備の他、会員登録や料金表の案内に関してはNTT東日本のクラウド型ロボットプラットフォームサービス「ロボコネクト」のコミュニケーションロボット「Sota」を採用し、非接触型の接客を推進している。

     

    また、店内の混雑状況を確認できるソリューションも取り入れ、滞在者数が一定数の人数に達した場合は入店制限を行う等のコロナウィルス感染拡大防止に努めている。

    会計は基本的にキャッシュレスとしているが、現金対応も可。自動釣銭機を導入しており、現金での支払に関しても非接触という徹底ぶりだ。

     

    ICTエリア

    ICTエリアでは、最先端の商品・技術を展示しているだけではなく、実際に体験できるスペースとなっている。新しい技術の実証実験や商品開発、ユーザーからのフィードバッグを得る場としても利用できるようになっている。

    画像解析でピースサインを検知して撮影することができる富士フイルムのAIチェキ。撮影した写真はイベントごとでの入館証などの用途への活用も想定している。

     

     

    内覧会では筑波大学と共同で行っている「eスポーツと脳科学」の実証実験を行っている場面も見られた。

     

    配信エリア

    昨今のコロナウィルス禍により、オフラインからオンラインイベントへのシフトが加速している。eXeField Akibaでも施設の特徴として配信に力を入れている。

     

    充実した配信機材・IPプロダクションを完備しているため、「eXeField Akiba」を拠点とした全国各地を繋ぐオンラインイベントの開催やYoutube等のインターネットLIVE配信が可能。また、会場内にある全 16台のモニターに対しても同様にフレキシブルに映像・音声を出力できる。

     

     

    今後配信を予定している方々や、同様の施設オープンを検討している方々の参考になるようにと、オペレーション卓は普段から写真のような配置にしており、配信関連等の機材ラックもあえて目に触れる場所に設置している。

     

    プレイエリア

    プレイエリアには 横幅6.7m✕高さ2.4mピッチ幅1.9mm(推定300インチ超)のLEDビジョンを設置。

    鮮明な映像だけではなく細かな文字まで映し出すことも可能で、ビジネスシーンにおけるプレゼンテーションなどの場面での活用も期待できる。16:9よりも横長な形状のため、対戦ゲーム等では中央にゲーム画面、両サイドにプレイヤーの画像、というような出力方法も可能。

     

    収納と展示を兼ね備えたラック等、店内は様々なレイアウトに対応できる工夫がなされている。

     

    特徴的なのは三角形のテーブル。このテーブルを組み合わせてスペースを有効活用しつつ様々なレイアウトを作ることが可能。床面にはテーブル設置のガイドになるよう、グリッドラインが引かれている。

     

    カフェエリア

    銀座スエヒロとのコラボにより運営するカフェエリア。イベントに合わせたオリジナルメニューなどの提供も想定している。

     

    アプリを使用して画像を取り込み、ロゴなどをプリントできるラテアートマシンを設置。鮮明にプリントされたロゴはイベントで話題になりそうだ。

     

     

    新しい内見の形への取り組み

    施設を作る際に作成した3Dデータを活用した「VR内見」も披露。コロナウィルス禍の影響で実際に現地を訪れての内見はハードルが高いが、そんな中でも会場の実際の雰囲気を感じてもらえるように工夫した。

    内覧会に登壇した株式会社NTTe-Sports 代表取締役副社長の影澤潤一さんは「VRと言うとリアルの代替といったイメージが強くあるが、VRの空間だからこそできる協賛企業の広告ジャックや、スモークをたくといったリアルでは難しいアレンジも可能になる」と語った。

     

    「地元をアピールするコンテンツとしてeスポーツを活用できるシーンの共創」

    同施設の開業を踏まえ、地域との交流や今後の予定について株式会社NTTe-Sports代表取締役副社長の影澤潤一さんに話をうかがった。

    −−街おこしイベントや各地との交流イベントなどについて、期待することや具体的に予定があれば 教えて下さい

    影澤 コロナウィルス禍の影響が出る前は、地元のお祭りや青年会の集まりなどへ若い方向けのeスポーツを取り入れたいという声が多くありました。リアルで集まることが難しくなり集まる場所の中心がオンラインとなった今、eスポーツを通じて地元を元気づける、地元の特産などをアピールする、ということを如何にして行えるかという事を、地元と一緒になって考えたいと思っています。

    うまく行くようであれば、ふるさと納税などを活用したり地元の特産品を売り込むイベントのようなものも行っていき、それを観てもらうためのコンテンツとして、eスポーツを活用していけるのではないかと考えていて、そういったシーンを地域と一緒に作って行ければと考えています。

     

    eXeField Akibaでの今後のイベント予定

     

    eXeField Akibaでは、現在以下のようなイベントを予定している。

    &GAMES

    株式会社スターダストプロモーション、株式会社サイコー!との共催イベント。ゲームの「コミュニケーションメイクパワー」と「芸能」「テクノロジー」をかけ合わせた、新たなエンターテイメントを提供予定。(2020年度 下期予定)

    企業対抗リーグ

    2020年6月から開催してきた「eスポーツ企業対応戦」を、「eスポーツ企業対抗リーグに拡大し、開催数・チーム数もグレードアップして展開する予定。(2020年度 下期予定)

     

    「eXeField Akiba」Webサイトへ

    新街・竹芝の可能性 -東京ポートシティ竹芝ポートホール/ポートスタジオ –

    新街・竹芝の可能性 -東京ポートシティ竹芝ポートホール/ポートスタジオ – »

    11 8月, 2020

    4K最先端プロジェクターに、400インチ2画面の広大なスクリーンが特徴の東京ポートシティ竹芝ポートホール/ポートスタジオ

     

    リアルタイムデータ活用など、来訪者が都市型スマートビルの最先端を体験できる「東京ポートシティ竹芝オフィスタワー」が9月14日に開業する。都内では、続々と新ビルオープンの情報が届くけれど、東京・竹芝の開発は、聞くほどに、新ビル開業というよりも新しい街が開かれる広がりを感じるトピックスばかり。開発背景や街づくり、イベント会場の位置付けまで、竹芝プロジェクトを推進する東急不動産のお二人に話を伺った。

     

    2020年9月誕生の東京ポートシティ竹芝ポートホール/ポートスタジオ

    東急不動産では、2013年から鹿島建設とともに「都市再生ステップアップ・プロジェクト(竹芝地区)」の事業を推進。東京都が推進する「都有地を活用したまちづくりプロジェクト」の一環で、2015年には国際戦略特区の認定も受け国際ビジネス拠点の創出を目指している。

    「東京ポートシティ竹芝オフィスタワー」は、地上40 階、地下2階、延床面積約18万㎡の大規模複合施設で、9~39階のオフィスフロアにソフトバンクグループが入居、8階にはシェアオフィスとスタジオ、1階にはホールを設置し、官民合築として低層階2〜5階に東京都立産業貿易センター浜松町館が入居、1〜3階には商業エリアとして飲食店等の21店が出店する。

    東京ポートシティ竹芝ポートホール/ポートスタジオのWebサイトへ

     

    新規事業や実証実験の場として 新しい取り組みを醸成したい

    国際ビジネス拠点の つながる機能

    これまで竹芝エリアは浜松町駅から進んでいくと、高速道路が上空を走り、心理的に分断されたエリアだった。

    「国際ビジネス拠点の創出のため、まず道路整備として駅から歩行者デッキを渡し、歩行者ネットワークの整備をしました。また、コンテンツ産業集積のため、ホールは集客の大きな役割を果たし、IoTを駆使した都市型のスマートビルは、エリアでのひとの快適な行動の支援をします」と、井戸さんは話す。

    「もっとも特徴的なのは、スマートビルの機能で、リアルデータ活用」と続ける。

    具体的には、混雑状況・環境情報をリアルタイムにデータを取得し、デジタルサイネージ上に表示したり、オフィスワーカーや飲食店舗にフィードバックしたりといった仕組みが実装される。

    ビル内の1000個の最先端のセンシングデバイスとエッジ解析により実現しているという。

    「店舗やビル内の出入りの移動データを、AIカメラやWi-Fiのデータを解析して属性情報と合わせることで、店舗テナントは施設利用の傾向情報を分析したレポートを受取ることもできます」とマーケティング支援にも展開される。

    地域住民・行政と連携して 規制緩和へ挑戦。 イベントでのまちづくりも

    官民2つの会場で 企業を支援

    東京ポートシティ竹芝オフィスタワーには、「東京都立産業貿易センター浜松町館(2〜5F)」と、東急不動産が企画、インフィールドが運営する「ポートホール(1F)/ポートスタジオ(8F)」がある。

    「ポートホール/ポートスタジオ」の企画に携わった土井さんは「国際ビジネス拠点創出の一つのテーマにデジタルとコンテンツの産業発展があります。ホールではコンテンツ発展が見込まれる映像をメインに据えることを考え、4Kの高精細プロジェクターと400インチ2面の広大なスクリーンを供えました。スタジオは今後配信系スペースの需要がふえると考え企画しました」と説明する。

    イベントは加速度的にカタチが変わるなか、スタジオでオンラインイベントを、ホールではVIP向け展示会といったハイブリッドイベントの問合せもあるようだ。

    東京ポートシティ竹芝ポートホール/ポートスタジオのWebサイトへ

    2400m2のMICE施設含む「羽田エアポートガーデン」開業を再度延期

    2400m2のMICE施設含む「羽田エアポートガーデン」開業を再度延期 »

    6 8月, 2020

    羽田空港国際線ターミナル直結で日本最大級のエアポートホテルや商業施設、温泉、MICE施設を含む羽田エアポートガーデンの開業が延期になった。 当初2020年4月の開業予定が夏頃へと延期されたが、このたび再度の延期となった。住友不動産商業マネジメント株式会社によると、開業日は未定で、諸外国の渡航制限、エアライン各社の就航状況、羽田空港 を利用する旅客数の推移等を考慮したうえで判断するという。

    同施設には約700名収容の約1,140㎡と国際会議を実施可能な大型ホール、約106㎡、計10室の会議室、約1,000㎡の吹き抜け空間「グランドホワイエ」などがワンフロアに揃う、本格MICE施設「ベルサール羽田空港」も設置される。

    迫力ある演出を手軽に実現する「ホテルフクラシア大阪ベイ ザ・コスモホール」

    迫力ある演出を手軽に実現する「ホテルフクラシア大阪ベイ ザ・コスモホール」 »

    1 4月, 2019

    ー 特集 新しい会場 新しいカタチ ー CONFERENCE08 ホテルフクラシア大阪ベイ ザ・コスモホール

    研修特化型ホテル「ホテルフクラシア大阪ベイ」は、研修室35 室(20㎡~ 918㎡)、客室320 室、宴会場7 会場を備え、研修や少人数の会議、方針発表会、周年イベント、国際会議まで用途に合わせた会場が利用できる。

    なかでも918㎡のザ・コスモホールは、360 度全面スクリーン常設、計9台のプロジェクター同期、ムービングライトによる演出など、イベントへの没入感を加速させる

    「多彩な映像・照明演出を手軽にできるコスモホールで、記憶に残るイベントを」と営業本部副本部長の市川浩之さんは呼びかける。

    またインテックス大阪、ATC ホール、ハイアット・リージェンシーとベイエリアMICEとして地域連携し、複数施設を使ったイベント開催や合同での誘致活動を行っている。

    所在地:大阪府大阪市住之江区南港北1-7-50 収容人数:ザ・コスモホール600 人(シアター形式) 運営会社:株式会社マックスパート ホテルフクラシア大阪ベイ URL: https://www.kensyu-center.jp/

     

    イベントが街にシャワー効果を「紀尾井カンファレンス」

    イベントが街にシャワー効果を「紀尾井カンファレンス」 »

    1 4月, 2019

    ー 特集 新しい会場 新しいカタチ ー CONFERENCE04  紀尾井カンファレンス

    2016 年7 月に開業した「紀尾井カンファレンス」は、東京ガーデンテラス紀尾井町を開発した西武プロパティーズと、国際会議やMICE 運営大手の日本コンベンションサービス(JCS)

     韓国・仁川パラダイスシティ  渡辺 祐介さん | セガサミー

     韓国・仁川パラダイスシティ  渡辺 祐介さん | セガサミー »

    28 11月, 2018

    9月に第二幕開業、よりリゾートらしく

    「パラダイスシティ」は、インチョン空港から車で3分という立地につくられた、韓国初の本格的統合リゾートです。昨年4月にカジノ、5つ星ホテルとコンベンションホールが先行オープンしました。大宴会場と2つの中宴会場5つの会議室を備えるコンベンションホールは、国際会議や各種催事に対応。天井の高さや演出機器の充実が、プランナーの方々に使い勝手の良い施設とご評価いただいています。

    9月21日には、ショッピングモール「PLAZA」、3000人を収容するクラブ「CHROMA」、ウオーターパーク「CIMER」、デザイナーズホテル「ART PARADISO」、美術館「PARADISE ART SPACE」、イベント空間「STUDIO PARADSCE」の営業がはじまり、ようなく統合型リゾートとして本格開業いたしました。 施設全体のコンセプトは“アートテイメント”。よくSNSで投稿される草間彌生さんのかぼちゃのオブジェなど3000点のアート作品に囲まれたインスタ映えする空間です。

    プロモ戦略も段階的に

    リゾートの運営は日韓の合弁会社PARADISE SEGASAMMY Co., Ltd.。私どもセガサミーは日本国内のプロモーションを担当しています。韓国では1箇所を除き自国民のゲーミングが認められていないので、海外からの集客がとても重要になっています。 パラダイスシティでは さまざまな施設が順次開業しており、プロモーション戦略もそれに合わせて変えています。カジノ、ホテルの先行開業時には、 カジノで遊ばれる愛好家をはじめとした富裕層へのプロモーションが中心でした。この時期に一般の旅行客においでいただくと、“カジノ”のイメージだけが強くなるので、幅広い層への訴求は控えました。 今回、リゾート要素の強い施設が開業したタイミングで、広末涼子さんにイメージキャラクターに就任していただき、テレビや一般誌、交通広告など各メディアでプロモーション展開をはじめました。 来年上半期に屋内型ファミリー向けエンタテインメント施設「WONDERBOX」もオープンし、パラダイスシティはさらに“アートテイメント”なリゾートに進化していきます。

     

    ヒルズカフェ/スペース(六本木ヒルズ)

    ヒルズカフェ/スペース(六本木ヒルズ) »

    17 1月, 2018

    <会場アクセス ショート動画シリーズ> 会場:六本木ヒルズ ヒルズカフェ/スペース スタート地点:日比谷線六本木駅1C出口 住所:東京都港区六本木6-10-1 ヒルサイド2F 撮影日:2018/1/16

     

    パシフィコ横浜に2020年春、 国内最大規模の多目的ホール等を有するMICE施設が誕生

    パシフィコ横浜に2020年春、 国内最大規模の多目的ホール等を有するMICE施設が誕生 »

    19 5月, 2017

    関連記事:MICEの意味 MICE 会場

    国内最大級の複合MICE施設、パシフィコ横浜(正式名称:株式会社横浜国際平和会議場、所在地:横浜市西区、代表取締役社長:鈴木隆)は、2017年5月22日(月)に、『みなとみらいコンベンション施設(仮称)』(以下、「新施設」)の予約受付を開始する。

    新施設は、パシフィコ横浜展示ホールに隣接して整備されるもので、2020年春に国内最大規模の多目的ホールと全42室の大中小会議室の開業を予定。規模・用途に応じて最大8分割可能な多目的ホールは、大型企業コンベンションの開催に最適なスペースで、記念式典やインセンティブトラベル(報奨・研修旅行)、見本市・展示会、新商品発表会、大型パーティーなどに利用できる。また、施設の拡張により、既存施設と併せて3,000名規模の大型国際会議・学会を2件同時並行で開催することが可能。

    沖縄MICE 施設建設に向け整備進む ― 与那原町

    沖縄MICE 施設建設に向け整備進む ― 与那原町 »

    15 1月, 2017

    2020 年9 月、中城湾マリンタウン地区に開業予定の沖縄県大型 MICE 施設について、各方面で準備が進んでいる。

    MICE 施設整備運営事業は設計、 建設、運営を含めたDBO 方式で、 今年10 月に基本契約締結と建設工 事請負契約、11 月に開業準備業務 委託契約を目指している。沖縄県は 昨年12 月の入札予定者との対話をうけ、1 月6 日には要求水準書の再 修正版を作成した。

    施設規模は展示場3万㎡、多目的 ホール7500㎡、会議室やホワイエ を含めて約4 万㎡規模の展示会開催 に対応する。整備事業費は513 億 円を予定している。

    建設予定地の与那原町では、アフターMICE のプログラムを整備し ている。近隣の与那原マリーナの活 用、東京駅より早く開業した与那原 駅舎のユニークベニュー、沖縄国体 の競技会場となったことから盛んに なった薙刀(なぎなた)体験を通じ た地元学生との交流プログラムなど を検討。その一環として1 月14 日 にはMICE 団体MPI Japan の幹部を招聘し、意見交換会などを実施 した。そのもようは次号でレポート する。

    MICE の新しい可能性を拓く ユニークベニュー八芳園が創るコンテンツ 〜日本文化のエクスペリエンス・イベント 『WAZA DEPARTMENT 2016 』in HAPPO-EN

    MICE の新しい可能性を拓く ユニークベニュー八芳園が創るコンテンツ 〜日本文化のエクスペリエンス・イベント 『WAZA DEPARTMENT 2016 』in HAPPO-EN »

    17 10月, 2016

     八芳園では訪日外国人観光客へのおもてなしとMICE 誘致を目的に、イベントやインセンティブパーティを数多く手がけている。なかでも昨年、日本各地の職人技を体感できるイベントとして好評を博した『WAZA DEPARTMENT』の第二回を8 月31 日に開催。関係省庁、旅行会社、外資系企業、ホテルコンシェルジュなど、2,000 名を超える参加者に八芳園の「企画力」と「プロデュース力」をプレゼンテーションした。

     

    「『WAZA DEPARTMENT』はヒトやモノを通して、技術や文化を知っていただくというイベント。ヒトに興味をもってもらい、その職人がいる町を紹介することで、そこへ足を運んでほしいのです」と話すのは八芳園 経営企画室・企画課係長の窪田理恵子さん。単に職人技を紹介するイベントではなく、そこには「地方の人たちと共創をして日本を発信していこう」という八芳園の思いが込められている。  第一回でコラボレーションした、福岡県「家具の町」大川市の職人から各地の職人へ。そのネットワークと絆は、瞬く間に全国へと広がって行った。

    1 年をかけて企画された第二回『WAZA DEPARTMENT』では、大川をはじめ、萩(山口)、徳之島(鹿児島)、有田(佐賀)、高崎(群馬)、中津(大分)、博多(福岡)、京都と8 つの地域の職人たちが参加した。イベントは1 階から6 階までのバンケットルーム、離れの「白鳳館」から庭にいたるまで、全館すべてを使って開催され、まさに非日常を提案するユニークベニューとなった。八芳園の「企画力」と「プロデュース力」がうかがえるブースをいくつかご紹介しよう。

    2 階は職人技を見て、体験できるブース。建具の生産日本一を誇る大川では、その装飾に使われる「組子」が有名だ。これは釘を使わずに木と木を組み付けて、「麻の葉」など200 種類以上の図柄をつくっていく技法。参加者は大川組子の職人、木下正人の緻密な技に感嘆の声を漏らし、組子のコースターや木のスプーンづくり、八芳園のシェフが指導する巻き寿司づくりを楽しんでいた。

    3 階の竹をモチーフにした「グレース」は有田焼のブース。七代目弥左衛門・松本哲が生み出すモダンな器に八芳園のパティシエがインスパイアされて生まれた「和のアフタヌーンティー」が披露された。プラチナをかけた三層の重箱にディスプレイされた和菓子や点心は、さながら宝石箱のような美しさを演出している。

    同じく3 階にある大空間の「チャット」でプレゼンテーションされたのは、八芳園オリジナルブランドの「KIKI」。八芳園のスタッフが見つけた全国の食材と「行列のできるショコラティエ」野口和男とのコラボレーションで生まれた和のスイーツだ。桜・紫蘇・酒粕・竹炭など、厳選した和の食材を練り込んだチョコレートのほか、パウンド生地に米粉を使い、ホワイトチョコを合わせた新作のガトーショコラもお目見えした。

    自慢の庭で、ひときわ目を引いたのは離れへと続く小道にディスプレイされた氷柱だ。氷の中に入っているのは博多織職人が使用する道具や糸。氷柱に浮かぶそれらを眺めつつ会場「白鳳館」に入ると、鳥をイメージしたストールがアート作品のようにディスプレイされている。ステージでは博多織とバイオリンのコラボレーションによるミニコンサートが行われ、参加者を花鳥風月の世界へと誘っていた。

    イベントも終盤にさしかかった頃、1 階のガーデンフロアで「WAZA ENTERTAINMENT」と銘打ったパーティが始まった。 オープニングではVTR が上映され、八芳園の井上専務のあいさつに続き、大川の家具職人と作った櫓「KAGURA」で和のエンターテイメントが繰り広げられた。フロア続きの庭園から職人が登場。参加者の「よいしょ」のかけ声のなか、鏡開きが行われ夏の最後を飾る粋なパーティも終演。第二回『WAZADEPARTMENT』も幕を閉じた。

    「八芳園の強みは、ウエディングで培った企画力とプロデュース力です」という窪田さん。お客さまの想いに向き合い、丁寧にヒアリングしながら、予想を超える企画を実現するのがモットーだ。選任スタッフが初回打ち合わせから当日までワンストップで担当。案件ごとにチームを編成し、コンセプトに沿って、内装・花・料理・器から箸の袋に至るまで、トータルプロデュースすることが可能だという。

    また、日本文化を海外に紹介することは八芳園のビジョンでもある。「2020 年に向けて、私たちのOMOTENASHI で、お客さまと一緒に東京と、日本を盛り上げていきたいと思っています」(窪田さん) (文:西口みな子)