Home » Interview » 感染症対策総合展の主催者に聞いてみた。いまどき(withコロナ)の展示会開催とは 名古屋市観光文化交流局 柳原貴人さん

感染症対策総合展の主催者に聞いてみた。いまどき(withコロナ)の展示会開催とは 名古屋市観光文化交流局 柳原貴人さん

9月9日(水)から3日間、ポートメッセなごやで「名古屋から提案! 新しい生活様式のビジネスシーン 感染症対策総合展」が開催される。主催者は名古屋市、(一社)日本展示会協会、(一社)日本ディスプレイ業界団体連合会で構成される感染症対策総合展実行委員会。

出展料無料で、装飾負担金1小間5万5000円(税込)という条件で、7月7日から募集していた出展スペース(100小間)はすでに満小間売切れになっている。

新型コロナウィルス感染症の影響により経済活動が著しく停滞しているなか、三密を避けるなど、感染症対策を万全に行うことで、経済活動を徐々に再開させていき、今後も新しい生活様式を模索し、活力を取り戻す段階へと進めていくための、アイデアやソリューション、機器が一堂に集結する。

オンラインで展開しているイベントマーケティングNewsでは、8月12日16:30から生放送で、実行委員会の名古屋市観光文化交流局の柳原貴人氏へインタビューを実施した。

田中力 MICE研究所

田中力 MICE研究所

田中力 MICE 研究所 代表 展示会 イベントの集客は、来場者数、来場者の質、滞留時間という「集客3D理論」を展開。