Home » Articles posted by イベントマーケティング 編集部

News timeline

News
11月 19, 2018

ゲームマーケット2018秋 11月24日(土)、25日(日) 東京ビッグサイトにて開催

News
11月 19, 2018

「障害者アートフェスティバル in SONIC」開催 ~見て!感じて!心くすぐるアートの魅力~

News
11月 16, 2018

名古屋発の世界最大級コスプレイベントが東京進出『世界コスプレサミット2019 in Tokyo』開催決定

News
11月 16, 2018

自動車産業分野での海外展開チャンス!自動車CEO商談会を開催 019年1月16日~18日 東京ビッグサイト

News
11月 15, 2018

目指せ、第2のLINE!IoT、AI、VRなどの韓国先鋭ベンチャー40社が東京に集結 韓国最新IT動向セミナー、展示会、ピッチイベント 11月27日(火) 開催

News
11月 15, 2018

東京都アクセラレータプログラム「FinTech / Tech Business Camp Tokyo 2018」24の海外スタートアップによるビジネスプラン発表イベント開催

News
11月 14, 2018

「TechCrunch Tokyo 2018」 をPR TIMES LIVEでライブ配信決定!日本最大級のスタートアップ・テクノロジーの祭典を、国内、香港、シンガポール、インドへ生中継

News
11月 14, 2018

モースポフェス2019 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~2019年3月2日(土)・3日(日) 初開催

News
11月 13, 2018

Inter BEE 2018の歩き方−初日編−

Interview
11月 13, 2018

[インタビュー]「Inter BEE 2018」コンテンツ・サービス切り口へ

ルシアン×antenna* の体験型イベントのつくりかた『「Quilts1989 / 100ネエサン」特別ワークショップ』レポート(1)
top

ルシアン×antenna* の体験型イベントのつくりかた『「Quilts1989 / 100ネエサン」特別ワークショップ』レポート(1) »

1 8月, 2018
2018年6月22 日、代官山にあるLECIEN CREATIVE SPACEにて、『「Quilts1989 / 100ネエサン」特別ワークショップ』が開催された。ワークショップの内容は、手芸作家の中島一恵さんが手がける
ルシアン×antenna* の体験型イベントのつくりかた『「Quilts1989 / 100ネエサン」特別ワークショップ』レポート(2)

ルシアン×antenna* の体験型イベントのつくりかた『「Quilts1989 / 100ネエサン」特別ワークショップ』レポート(2) »

1 8月, 2018
たとえば、こちらの参加者の方の作品。黒字にショッキングピンクという色使いの映え具合が美しく、極め付けにアクセサリーとなっているピアス・ネックレス・ブレスレットの部分が、玉留め技法を多く用いて立体的になっているところが面白
ウクライナのキエフで公衆衛生医療展が開催

ウクライナのキエフで公衆衛生医療展が開催 »

25 7月, 2018

ITEGroup plcは、2018年10月2日〜4日、ウクライナのキエフで公衆衛生医療展2018を開催する。詳細は日本代理店の有限会社ビディア(http://www.vidya.jp/)まで。

27th International Medical Exhibition PUBLIC HEALTH`2018 offers an excellent platform for professionals to network and exchange experiences.

Dates of the Event: October 2-4, 2018 Organizer of the fair: PremierExpo, part of ITEGroup plc. Venue: IEC, 15, Brovarsky Prospect 15, Kyiv, Ukraine

 

展示会の秘訣とは?!悩める出展担当者向け『展示会マーケティング』セミナー開催のお知らせ

展示会の秘訣とは?!悩める出展担当者向け『展示会マーケティング』セミナー開催のお知らせ »

6 6月, 2018

月刊イベントマーケティング/展示会マーケティングコンソーシアムでは、「展示会の秘訣!効果アップのために押さえておきたい事とは?~<悩める出展担当者さま向け>『展示会マーケティング』セミナー~」を開催します。

展示会は、BtoBビジネスにおける新規顧客の開拓や新製品の認知向上などが非常に効率よく行える手段です。 多額の費用をかけて参加する展示会ですので、より効率的に、より大きな効果をという期待が出展運営者・担当者にミッションとしてかかってきます。 本セミナーでは、展示会をマーケティングツールとして最大限に活用する最新の情報をお伝えいたします。

「見込み客を案件に結びつけ、展示会の効果をきちんと出したい」 「今回の展示会に出展する新製品のプロモーションをできるだけ幅広く行いたい」 などとお考えの出展担当の方は、ぜひ受講ください。

当日は、食品機械を中心に原料処理から製造、物流にいたるまで食品製造プロセスのすべてを網羅したアジア最大級の「食」の総合トレードショー『FOOMA JAPAN 2018(国際食品工業展)』の開催日。セミナーの前後に、ぜひ展示会へもご来場ください。 http://www.foomajapan.jp/

<開催概要>

*日程:6/14(木) *場所:TFTビル東館 9F 研修室910 *時間:13:30~15:30 (2時間) *定員:限定10社 *受講料:無料 *主催:月刊イベントマーケティング/展示会マーケティングコンソーシアム

<セミナー内容>

「展示会なんて難しくない!コツは「当たり前の準備を当たり前にやる」ことだけ」 (サクラインターナショナル 取締役 大阪企画営業部本部長 植木雅史)

展示会に出展して顧客開発や製品プロモーションを行う事自体に、特別重要なことは有りません。 当たり前の準備をして、それを着実に実行する。そして結果検証をして次回に活かす。 結果が出ない出展者様の多くは、この当たり前のことが出来ていないことが多いように思います。 出展準備のプロセスを再度検証して、御社の「成果の上がる出展のサイクル」を構築してください。

「展示会マーケティングは『シナリオ』を設計せよ~実践編~」 (MICE研究所 代表取締役 田中力)

さて皆さんに質問です。展示会に出る目的は?「案件を持ったお客さんが来てくれれば」「できるだけ多くの人に見てもらえれば・・・」なんて思っていませんか?目的が漠然としているので、その成果も漠然としたものになるのです。映画の1シーンのように、見込み顧客がどう振る舞うのかについてのシナリオを描き、ハッピーな結末を用意した上で展示会に望むという「シナリオ思考」の展示会出展を企画しないといけません。今回は、実際に御社に合うシナリオを、ペンを持って考えてみましょう。

「『展示会をやり切る』のに必要なこととは」 (ビディア 代表取締役 酒井統史)

展示会の来場目的は情報収集目的が8割。直接案件を相談しに来る「今すぐ客」は、じつはそんなに多くありません。この想定の違いが、「展示会は効果が出にくい」と思われる原因ではないかと思います。営業の成績に直結する「今すぐ客」はそんなにいない、でも導入を検討し製品に興味を持つ「そのうち客」がたくさんいる・・・そういう想定に基づくと展示会の使い方は大きく変わります。展示会をもっともっと利用してみませんか?

<月刊イベントマーケティング/展示会マーケティングコンソーシアムについて>

「月刊イベントマーケティング」は、株式会社MICE研究所が発行する、人と人とが出会うイベントをマーケティングの観点から分析する月刊紙。イベントマーケティングの最新動向をレポートしています。 「展示会マーケティングコンソーシアム」は、展示会をマーケティングツールとして利用していく手法を、より効率的に、より効果が出せるように進化させるビジネスコミュニティです。隔月ペースでセミナーを開催して参ります。

<お申込み>

お申込みは下記の申し込みサイトよりお申し込みください。

http://eventregist.com/e/Mgwk2jgnHk09

シナリオ設計・メディア利用・見込み客案件化を語る「展示会マーケティングセミナー」を開催

シナリオ設計・メディア利用・見込み客案件化を語る「展示会マーケティングセミナー」を開催 »

29 3月, 2018

月刊イベントマーケティング/展示会マーケティングコンソーシアムでは、食関連展示会担当者向けに「展示会マーケティングセミナー~シナリオ設計、メディア利用、見込み客案件化 編~」を開催します。

展示会は、BtoBビジネスにおける新規顧客の開拓や新製品の認知向上策などとして様々な産業分野にて活用されています。一方、多額の費用をかけて参加する展示会であるため、より効率的に、より大きな効果をという期待が出展運営者・担当者にミッションとしてかかってきます。このセミナーでは、展示会をマーケティングツールとして最大限に活用する最新の情報をお伝えいたします。

「限られた予算だが、できるだけ多くの見込み顧客と出会いたい」 「見込み客を案件に結びつけ、展示会の効果をきちんと出したい」 「今回の展示会に出展する新製品の認知度を幅広く向上させたい」 という方は、ぜひ受講ください。

当日は、惣菜デリカ・弁当・中食・外食業界に特化した国内最大級の業務用専門展[ファベックス]と、和洋菓子・ベーカリー・カフェ・飲料に特化した食材・機器・容器の業務用専門展[デザート・スイーツ&ベーカリー展]の開催最終日。セミナーの前後にぜひ展示会へもご来場ください。 http://www.fabex.jp/index.html <開催概要>

*日程:4/13(金) *場所:東京ビッグサイト 会議棟1F 104会議室 *時間:13:30~15:30 (2時間) *定員:限定10社 *受講料:無料 *主催:月刊イベントマーケティング/展示会マーケティングコンソーシアム

<セミナー内容>

「展示会マーケティングは『シナリオ』を設計せよ」(MICE研究所 代表取締役 田中力)

展示会出展の目的が「できるだけ多くの来場者に来てもらう」という漠然としたものになっていませんか?目的が漠然としているので、その成果も漠然としたものになるのです。本セミナーでは、映画の1シーンのように、見込み顧客がどう振る舞うのかについてのシナリオを描き、ハッピーな結末を用意した上で展示会に望むという「シナリオ思考」の展示会出展を企画する方法をお伝えいたします。

「展示会マーケティングでの業界専門紙の使い方とは」(日本食糧新聞社 ネット事業開発本部 木下猛統)(招待講演者)

展示会は限られた期間のみ開催されます。業界関係者が多数来場されますが、来場された方以外にも多く決定権を持つ方が日本中にちらばっています。展示会が持つコンテンツ力を組み合わせ、業界専門紙が持つ業界関係者層を活用すれば、認知拡大策や反響効果の向上策を手軽に取ることが出来ます。その具体的な方法についてお教えします。

「ブース訪問者を「案件化」する動画マーケティングの裏側の仕組み」(ビディア 代表取締役 酒井統史)

展示会の来場目的は情報収集目的が8割。直接案件を相談しに来るケースは年々低下しているとの傾向もあるようです。多くの来場者に向け製品を紹介できたとしても、会期後は日常業務に追われ問い合わせが入ってくるのを待つような態勢になっていませんか?お客様は1展示会で平均20社程度回るため、記憶も薄くなっています。より印象を強め、案件に結びつける手法である動画マーケティングを、受講者それぞれに用意した端末で体験していただけます。

<月刊イベントマーケティング/展示会マーケティングコンソーシアムについて>

「月刊イベントマーケティング」は、株式会社MICE研究所が発行する、人と人とが出会うイベントをマーケティングの観点から分析する月刊紙。イベントマーケティングの最新動向をレポートしています。 「展示会マーケティングコンソーシアム」は、展示会をマーケティングツールとして利用していく手法を、より効率的に、より効果が出せるように進化させるビジネスコミュニティです。隔月ペースでセミナーを開催して参ります。

<お申込み>

お申込みは下記の申し込みサイトよりお申し込みください。

http://eventregist.com/e/tenjikai-markething

 

モスクワにて第18回溶接材料・設備・技術国際展(Weldex)が開催

モスクワにて第18回溶接材料・設備・技術国際展(Weldex)が開催 »

9 2月, 2018

ITEグループでは、10月16日から19日までの3日間、ロシアの首都モスクワにあるコンベンションセンターECCソコルニキ(ECC Sokolniki)において、溶接材料・設備・技術のための展示会「第18回溶接材料・設備・技術国際展(Weldex)」を開催する。

出展範囲は、溶接および切断、産業用ロボット、保護硬化コーティング、溶接品質管理装置、溶接関連資材などとなっている。

開催規模は、出展者数は13カ国から176社、来場者数は25カ国とロシアの65地域から 5330人(いずれも2017年の実績)となっている。来場者は溶接および切断装置のエンドユーザー(金属構造の製造および組立、産業および溶接設備製造、航空宇宙製造、建設、造船、パイプライン建設、冶金など)が71%、産業機器および溶接機器の販売代理店が11%とのこと。 詳細は第18回溶接材料・設備・技術国際展(Weldex)のWEBサイト( http://www.weldex.ru/en-GB )及び日本代理店の有限会社ビディア(http://www.vidya.jp/)まで。

モスクワにて第16回アナリティカエキスポ(AnalitikaExpo)が開催

モスクワにて第16回アナリティカエキスポ(AnalitikaExpo)が開催 »

18 1月, 2018

ITEグループでは、4月24日から26日までの3日間、ロシアの首都モスクワにあるコンベンションセンターECC Sokolnikiにおいて、試験装置や化学試薬のための展示会「第16回アナリティカエキスポ(AnalitikaExpo)」を開催する。

出展範囲は、ラボ用機器&インスツルメンツ、ガラス製品、実験用消耗品、化学試薬、実験室での研究機器および自動化機器等となっている。

開催規模は、出展者数は19カ国から238社、来場者数は28カ国とロシアの65地域から 6069人(いずれも2017年の実績)となっている。R&D、化学工業、医薬品、ヘルスケア、医療、診断、環境保護、食品業界、石油・ガスなどの業界から専門家や意思決定者が集まる重要なビジネスイベントの一つとなっている。 詳細は第16回アナリティカエキスポのWEBサイト(http://www.analitikaexpo.com/en-GB/)及び日本代理店の有限会社ビディア(http://www.vidya.jp/)まで。

マレーシアにて第21回SE-アジア ヘルスケア&ファーマショーが開催

マレーシアにて第21回SE-アジア ヘルスケア&ファーマショーが開催 »

18 1月, 2018

ABCエグジビション・マレーシアでは、5月14日から16日までの3日間、マレーシアの首都クララルンプールにあるクアラルンプール・コンベンションセンターで、ヘルスケア・医薬品・ビューティーウエルネス・クリーンルームに関する展示会「第21回SE-アジア ヘルスケア&ファーマショー(21st SE-Asian Healthcare & Pharma Show)」を開催する。

取り扱い品目は、ヘルスケア分野では医療機器、病院用品/消耗品、診断検査室、リハビリ、理学療法、緊急救助、病院ITサービス、建物メンテナンス、クリーンルームテック。ファーマ分野では医薬品、バイオテクノロジー。メディカルビューティウェルネス分野ではハーブ、フィットネス – ウェルネスセラピーとなっている。

開催規模は、来場者数約6000人(うち海外から1500人)、出展社数は約200 社(うち海外から80 社)、展示面積は約6000平米(いずれも2017年実績)となっている。 来場者は、商談バイヤーに特化しており、一般来場者は入場しない。主催者として主要バイヤーとのマッチングサービスを行っており、急速に成長している市場であるマレーシア及び周辺国への商談機会をつかむ最適な展示会とのこと。 詳細はABCエグジビションのWEBサイトまで。(https://www.abcex.com/

ヒルズカフェ/スペース(六本木ヒルズ)

ヒルズカフェ/スペース(六本木ヒルズ) »

17 1月, 2018

<会場アクセス ショート動画シリーズ> 会場:六本木ヒルズ ヒルズカフェ/スペース スタート地点:日比谷線六本木駅1C出口 住所:東京都港区六本木6-10-1 ヒルサイド2F 撮影日:2018/1/16

 

[No Mapsレポート]2045年:人工知能の旅

[No Mapsレポート]2045年:人工知能の旅 »

19 12月, 2016

10月10日から始まったNo Maps。チカホ空間にはブースが開設され、地上では市内観光用人力車にロゴがプリントされるなど、街はNo Maps 一色に染まっています。さらに専用アプリによる「No Maps GO!」が登場。位置情報やアクセス時間をもとに、近くで開催されているプログラムを伝えたり、街中に設置したビーコンからプッシュ通知を受信して、最新の情報を得ることができる。

 

No Maps は10月16日(日)に、「2045年:人工知能の旅」と題し、有識者による基調講演およびパネルディスカッションをわくわくホリデーホール開催。人工知能の現状や方向性、生活へのかかわり、ビジネスに結び付けるための方策などが発表された。世の中を便利に変えるテクノロジーは、どのように生まれるのか。それを聞ける貴重な機会である。

 

北海道において人工知能をビジネスに結び付けるためには

 

松原 仁氏 (公立はこだて未来大学 教授)がモデレーターを務め、伊藤 博之氏 (クリプトン・フューチャー・メディア株式会社 代表取締役)、岡田 陽介氏 (株式会社ABEJA 代表取締役社長 CEO)、川村 秀憲氏 (北海道大学 教授)、山川 宏氏 (株式会社ドワンゴ ドワンゴ人工知能研究所/NPO法人 全脳アーキテクチャ・イニシアティブ)、米倉 千貴氏 (株式会社オルツ 代表取締役)がパネラーを務め、自社の取り組みや大学での研究を発表、人工知能をビジネスに結び付けるためのセッションが交わされた。

 

松原 仁氏は、「農業、酪農、水産、観光、北海道の基幹産業はまだアナログな部分が多く、人工知能が活用できる余地が多いという。例えば搾乳するためには出産をさせる必要があるが、数多くの牛の中から人工授精のタイミングを見分けるのは難しい。もし人工知能によって飼育している牛のデータを管理でき、それがモバイルで場所を選ばずに確認できたのなら、効率的に搾乳できるだけでなく、病気にも早く対応できる」と力説。

 

最後に「他を追従するのではなく独自のビジネスモデルで、新しい可能性にチャレンジしていければいいと思う」と結び、大きな拍手に包まれてディスカッションが終了した。

 

 

 

人工知能ビジネスの展望

パネルディスカッション終了後、人工知能ビジネスの展望についてNo Maps実行委員長の伊藤 博之氏にコメント。

「今日のコンベンションには農業、行政関係者も多数出席いただき、AIの活用について理解いただけたと思う。今後は「AIって必要だよね」という機運が高まり、現在計画している企業や行政は、スタートしやすくなるのではないか。来年もAIについてコンベンションを行うと思うが、話を聞くだけでなく、音楽やカンファレンスなどに積極的に参加して、アイデアをぶつけ、実践できる人を北海道から増やしていきたいですね」

 

 

 

取材・執筆・撮影:(有)マーヴェリック