【特別企画】サクラインターナショナルが―中国成都の展示会で成田国際空港の出展をサポート

サクラインターナショナルは、2016年9月24から27日の間、中国・成都で開催された『World Routes 2016』で、成田国際空港の出展をプロデュースした。

3『World Routes』は展示会主催の世界大手であるUBMが主催するイベント『Routes』の世界版であり、新規航空路線の誘致、観光業の発展を目的とする関係者が、新たなネットワーキングを構築するためのイベントだ。また『Routes』の地域版も世界各地で開催しており、アジアでは2017年3月に『Routes Asia』が沖縄で開催される。

これらのイベントに成田国際空港は毎回出展しており、今年は“日本を代表する国際空港としての成田空港”をコンセプトに、ブースにおいて来場者に日本文化の魅力を感じてもらうことを目的に出展した。

この目的に沿うよう、サクラインターナショナルでは、中国語が母国語である姚懿恬さんを企画担当、李鈞婷さんを施工担当に付け、出展の準備を進行。イベント会期中は両名が現地に行き、施工や言語サポートしたほか、姚さんは運営ディレクターとしてブース内の運営管理も行った。予測できないことが発生することも多い海外展示会で、2人がコミュニケーション力を十分に生かし主催者や事務局、会場などと調整を行い、現地協力会社をコントロールしたことで、成田国際空港ブースの施工・運営をスムーズに導いた。

具体的なプロデュースの内容としては、成田空港のブランドイメージ向上、および来場者に日本や東京を連想させるということを念頭におき、「日本の伝統の美しさ」を施工・運営面で表現した。このうちブース施工では、東京の伝統工芸である江戸切子を造作の一部にスタイリッシュなイメージで取り込み、日本ならではの美しさを訴求。また飛行機の尾翼を連想させる造作イメージで、空港会社らしさも演出した。

2一方、運営面では、似顔絵切り絵師の土田祥子氏が海外では珍しい切り絵をブース内で披露。来場者の注目を引いた。その他、オリジナル樽酒による鏡割りを行い、焼き鳥、海苔巻き等の和軽食と共に日本酒を江戸切子のグラスで提供。また重要なお客さまには江戸切子グラスをノベルティとして配布した。

サクラインターナショナルは、来年3月開催の『Routes Asia』においても成田国際空港のお手伝いすることが決定している。『World Routes』に続き出展を成功に導けるよう、新たなプロデュース内容を現在検討している。

関連記事

広告

PR

イベント大学 by イベント学会

イベント大学 Powered by イベント学会   感動、喜び、発見、楽しみ。イベントには新たな時代を創る力がある。イベント学会最大のリソース=会員の知識・知恵の共有と活用、個人会員/賛助会員とも相互にもっと知り合う場を創出する

イベントの未来をつくる105人

イベントの未来をつくる105人 森ビル 虎ノ門ヒルズフォーラム   時代とともに進化していくイベント。 そのイベントの未来の形を考えながら、これから活躍する人々や技術を発掘し、イベントのつくり方などをサポート。5年後10年後の未来を探るコミュニティです。

2024年6月の展示会・イベント

2024年6月のイベント・展示会の開催予定

次号 「LIVeNT2024」の歩き方

108号特集: -「LIVeNT2024」の歩き方 (2024年6月30日発行)

- イベント企画・運営・機材・用品・会場・施設・イベントテック
- イベント総合展 - ライブ・エンターテイメントEXPO
- 第16回マーケティングWeek夏

イベントマーケティング バックナンバー

107号 2024年5月31日発行

安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー 安全は無料じゃないーイベントで育む共助社会づくり・安全の舞台裏ー


106号|2024年4月  
体験価値を向上する映像のチカラ 演出意図と実践

105号|2024年3月  
会場・エリアと共創するイベントづくり

104号|2024年2月  
空間デザインの分岐点

103号|2024年1月  
2024 年の動向を聴く

102号|2023年12月  
体験価値をあげるイマーシブな演出と映像活用

101号|2023年11月  
会場からはじまるイベントづくり -

100号|2023年10月  
イベントプロフェッショナル100

Like Us On Facebook

Facebook Pagelike Widget

イベマケYoutubeチャンネル

イベントマーケティングYoutubeチャンネル

2024年 編集計画(特集)

月刊イベントマーケティング 2024年編集計画(特集)

 

PR

カテゴリー

広告

ページ上部へ戻る