Home » Posts tagged "コロナ"
緊急事態宣言で東京ビッグサイト突然の使用禁止!補償求める署名の発起人に聞いた

緊急事態宣言で東京ビッグサイト突然の使用禁止!補償求める署名の発起人に聞いた »

3 5月, 2021



署名活動はこちら http://chng.it/ypm5JFSf

緊急事態宣言で東京ビッグサイト突然の使用禁止!補償求める署名の発起人に聞いた

令和3年4月22日(木)に東京都への緊急事態宣言の発令決定後、翌23日(金)夜に東京ビッグサイト側からイベントの主催者に突然「無観客イベントしか開催できない」とアナウンスがありました。

緊急事態宣言下においても、イベントの開催においては観客の上限の設定及び収容率を下げて開催というのが通例になっていたため、イベントの主催者、出展者、関連業者及び来場者はすでに準備を全て終えた状態でした。特に4月25日(日)及び4月26日(月)に開催のイベントはゼロ営業日でのイベント中止に追い込まれました。

イベントのブースの施工、配布予定のチラシやノベルティ、ケータリング(お弁当など)、会場で勤務するスタッフの手配等々全て準備が終わっておりました。また、23日夜の発表だったため、連絡が間に合わず24日には会場に届いてしまった搬入物やお弁当、勤務予定だったスタッフ(地方からの出張者を含む)で大変な混乱となりました。そして準備していたもの全て破棄することになり、各社に多大な損害が出ました。

こういった状況にもかかわらず、24日(土)にイベント関係者が東京都に問い合わせても土日であることを理由に窓口対応を一切拒否。また、東京都及びビックサイトは緊急事態宣言の発令を理由に、損害の補償を発表していません。

①準備期間が一切ない上での使用禁止の強行 ②曖昧なイベント開催可否基準

という理由で補償を求める署名活動をはじめた、トライフルの久野華子さんにお話しをお伺いします。

仮設ワクチン接種会場を提供 西尾レントオール

仮設ワクチン接種会場を提供 西尾レントオール »

8 2月, 2021

仮設ワクチン接種会場を提供 西尾レントオール

新型コロナウイルス感染拡大のため緊急事態宣言が延長されている状況のなか、ワクチン接種にコロナ禍収束へ期待が高まっている。

医療従事者への接種が2月中旬、高齢者は4月1日以降の接種予定となっているが、接種会場の確保が課題になりそうだ。

イベントツールや建設機器のレンタルを行う西尾レントオールでは、新型コロナウイルスのワクチン接種開始に向けて、屋内・屋外の「仮設ワクチン接種会場(ワクチンセンター)」の会場ごとのレイアウト計画・運営計画などのプランを用意。注目を集めている。

西尾レントオールは2月3日、大阪市住之江区の咲州会場に、自治体向けのモデルケースとして作ったワクチン接種の会場を公開した。

 

システムパネルを利用した各種ブースの設営

  ワクチン接種会場をシステムパーテイションで構築するメリット 1.組立、解体が迅速簡単 2.既存の壁や床に固定穴を開けず傷つけない 3.レイアウトを変更し、何度でも使用が可能

テントを利用した場合の会場レイアウト案

ワクチン接種会場デモンストレーション↓ http://r31.smp.ne.jp/u/No/6532162/aeBzhKH7ci0D_4271/wakutindemo.html

ワクチン接種会場での工程(以下は計画例)

1.受付:ワクチン接種招待状を身分証明書と照らし合わせ本人確認 2.待合室にて待機(その間問診表記入やビデオ説明) 3.医師による説明、問診 (3と4は同時に実施する場合もある) 4.接種ルームにて看護師よりワクチン注射(医師が行うケースも) 5.経過観察室にて約30分待機 6.ワクチン接種証明書を受け取り終了(1回目と2回目の接種識別できる形)

これらの流れを一つのテント内で可能になる。

●接種会場・運営備品について

西尾レントオールは全国各地に拠点を構え、感染症対策商品から会場養生資材まで多数の商品を取り揃えて対応している。

 

緊急事態宣言解除、イベント再開は100人程度から段階的に

緊急事態宣言解除、イベント再開は100人程度から段階的に »

26 5月, 2020

2020年5月25日午後、安倍首相が記者会見を行い、緊急事態宣言の全面解除を表明。安倍首相は、「欧米の爆発的な感染拡大発生や、世界中で現在も日々10万人を超える新規の感染者が確認され、2カ月以上にわたり都市封鎖などの措置が講じられている国もあるなか、日本ではわずか1カ月半で今回の流行をほぼ収束させることができた」と解除基準を全国的にクリアしたと判断を明らかにした。

緊急事態宣言全面解除後の次なるステージとして、新しいやり方で、日常の社会経済活動を取り戻していくこと、コンサートや演劇など文化芸術イベント、スポーツや観光旅行などの再開についても言及。プロ野球は来月から無観客で再開、コンサートや各種のイベントについても100人程度からはじめ、感染状況を見ながら、1000人、5000人規模、さらには収容率50%へと順次拡大していく」と考えを述べた。感染防止対策を講じることを大前提に本格的に再開していくとした。

そのほか、最大600万円の給付金の創設や、クラスター対策としての接触確認アプリの導入、感染再拡大の防止と両立する形で国際的な人の往来を部分的、段階的に再開するかを検討することなどを説明した。

 

また22日には東京都が「新型コロナウイルス感染症を乗り越えるためのロードマップ~「新しい日常」が定着した社会の構築に向けて~」を発表した。 https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2020/05/22/documents/11_00_1.pdf

それによると、Step1で50人までのイベント開催、Step2で100人まで、Step3で1000人までのイベント開催を可能としている。

 

マーケティングWeek【夏】開催延期

マーケティングWeek【夏】開催延期 »

21 5月, 2020

Japan マーケティングWeekを開催するリードエグジビションジャパン(株)は、新型コロナウイルスに関の影響により、6月24日から26日に東京ビッグサイトで開催を予定していた「第12回Japan マーケティングWeek【夏】」の開催延期を発表。新しい会場については現時点で確定していないが、5月中に決定する予定。

同社公式サイトより https://www.sp-world.jp/ja-jp.html

 

自己紹介はPRの場 イベント&観光の大学講師、宮地克昌の企画プレゼン上達法!その1 

自己紹介はPRの場 イベント&観光の大学講師、宮地克昌の企画プレゼン上達法!その1  »

17 5月, 2020

わかる!イベント・プロデュースの著者で、二松學舍大学 国際経営学科 非常勤講師の宮地克昌先生がお送りする、企画プレゼン・スキルアップの動画。第1回目は、自己紹介と自己PRをお送りします。

イベント業界 新展開 支援プロジェクト 2019年末に発生した新型コロナウイルスの世界的な感染拡大によって、2020年、イベント業界は大きな打撃を受けています。治療薬やワクチンの開発には1年近い時間がかかり、経済活動が元の姿を回復する「収束」はその先になると考えられます。新型コロナウイルスの驚異が完全になくなる「終息」は予測できません。 イベント業界が再び活気を取り戻すためには、イベントの新しい形態や手法を検討していかなければなりません。 しばらくの間、対面によるセミナーを実施することはできないので、イベントの新たな時代に向けた準備のために、広告業界やイベント業界の若手担当者向けに「企画プレゼン・スキルアップ ネット・セミナー」を公開していきます。 一般社団法人 日本能率協会で実績のある『マーケティング発想による企画・プレゼン スキル習得セミナー』と宣伝会議で実績のある『イベント集客企画セミナー』、および『わかる!イベント・プロデュース 増補改訂版』の内容を基にしてコンテンツをつくりました。 『イベント・マーケティング』編集部のサイトでパワポの動画を公開し、緊急事態宣言が解除された後、「演習」の動画を制作していく予定です。

 

スライドの内容: プレゼンテイターに求められる 自己PR能力

コロナウイルスの蔓延によって、イベントに対するネガティブな気持ちは、人から人へ伝染してしまった。 しかし、コロナウイルスが終息した後、企業や企業の商品やサービス、地域などをしっかりとPRして、利用者や観光客などを改めて獲得することが求められる。 目的や与えられた目標に対して出来ない理由を上手に説明することにエネルギーを費やしていても未来はない。 メリットよりもデメリットを強調する反対を払拭するようなイベントの企画が求められる。 “できない理由” を考えるのではなく、「どうしたらできるか」をポジティブに考えることが大切である。 イベントもその魅力を生活者にしっかりと伝え、来場者を獲得するため、まず、自己PRがしっかりとできるようになりたい。

自己紹介を 自己PRに昇華させる 自己紹介(参考) •おはようございます。講師の宮地克昌です。 •私は子供の頃、人前に出ると極度に緊張していました。心臓の鼓動がドクドクと高鳴り、そして、耳が熱くなりました。頭の中が真っ白になり、後で何を話したのか思い出せないこともありました。 •そんな私が、広告業界2位の会社へ転職してしまったのです。そこは、広告コミュニケーションに関する競合プレゼンで勝てなければ存在価値が認められない厳しい世界でした。 •プレッシャーの中で胃が痛くなるような経験を重ね、情報収集から企画、そしてプレゼンのスキルに磨きをかけました。そして、早期退職後、この経験を活かして整理したのがこの「総合コミュニケーション活動」の内容です。 •様々なコミュニケーション活動に生かせるスキルをお伝えし、すぐに役立てていただけるように心掛けます。 自己PR(参考) •おはようございます。講師の宮地克昌です。 •私は、コミュニケーションやイベントなどに関する講師を務めています。大学や専門学校の講師は70才まで務めることができますが、その前にこれまで経験することができなかった「新しい活動を始めたい」と真剣に考えるようになりました。 •現在、「江戸東京ガイドの会」という組織に所属し、日本人だけでなく、外国人の観光客にも江戸東京の歴史と文化について、理解してもらえる「歴史観光ガイド」を目指して、努力しています。 •コロナウイルスの終息後、2021年のオリンピック開催によって、訪日外国人の数はV字回復することが期待されます。したがって、それまでに外国語でのコミュニケーション能力を高め、外国人を対象にした「歴史観光ガイド」にチャレンジしたいと考えています。 •よろしくお願いいたします。