Home » Posts tagged "ジールアソシエイツ"
体験重視のオンラインイベント開発 〜 ジールアソシエイツ 【動画あり】

体験重視のオンラインイベント開発 〜 ジールアソシエイツ 【動画あり】 »

15 6月, 2020

体験デザインをテーマに、イベントの企画・運営を手がけるジールアソシエイツは、実写やCGによる没入感の高いバーチャル空間を特長として、オンラインイベントプラットフォーム「zone.(ゾーン)」を開発した。

<<動画ニュース&インタビュー>>

==目次== 0:00 zone. について概要説明(田中) 0:56 zone. 開発のきっかけは? 1:40 zone. のターゲットは? 2:43 zone. の特長は? 7:10 いつから使えますか? 11:04 β版トライアル(音声と静止画のみ) 12:43 コロナ後のイベントは?

zone.は、イベント運営会社がつくったオンラインイベントのプラットフォームであり。イベント主催者の世界観をつくるために、バーチャル空間のリアリティを追求している。「リアルイベントに負けない、楽しくワクワクする空間をつくる。」とくに来場者との接触点となるボタンや細かな演出を、自由にカスタマイズできる。「細かいアクションほど、主催会社のカラーをだせるところ」とイベント会社ならではのこだわりだ。

一方、来場者の行動履歴などマーケティングデータも取得できる。うんこミュージアムのようなエンタメ施設から展示会のブース企画まで行うジールアソシエイツらしいコンセプトとなっている。

zone.の特長は

1.リアルに近づけた体験・商談 CGまたは実写による没入感の高いバーチャル空間をつくる。リアルイベントでは実現不可能な演出もできる。 2.来場者の行動分析によりバーチャルブースの公開 トラッキングログからバーチャルブース訪問者を抽出、また各コンテンツの閲覧履歴も統合することで、重点的な営業フォローがにつながる 3.伝えたい・みたい情報がすぐそこに 一般的なスマホやPCからアクセスリアルイベントのように情報を収集・伝達 4.リアルとオンラインの相乗効果 これからの増加が予測される、オフライン・オンラインイベントを同時に設計する、ハイブリッドイベントに対応する

<搭載機能例> チャットボット機能・決済システム ライブ配信 ウェビナー受付登録管理 リッチコンテンツの掲示 商品展示 SNS連動 社員スタッフ紹介 アンケート機能 等

 

zone. の公式サイト https://zeal-as.co.jp/digital/zone/

zone. バーチャルイベント

 

<<インタビュー内容>>

イベント総合EXPO リポート

イベント総合EXPO リポート »

2 4月, 2019

イベント総合EXPO  Report

2月27 日から3日間、幕張メッセで「第6回イベント総合EXPO」が開催された。注目の出展者のようすをレポートする。

サクラインターナショナル 新入社員がフレッシュな提案

国内外の展示会やMICE イベントを手がけるサクラインターナショナルは、企画・運営会社ゾーンに出展。コンセプトは”FRESH START そのイベント、

デザイン発想刺激する新オフィス  〜ジールアソシエイツ

デザイン発想刺激する新オフィス 〜ジールアソシエイツ »

31 3月, 2019

空間デザインやコミュニケーションプランニング、プロモーションなどをてがけるジールアソシエイツが、本社オフィスを中央区築地に移転した。3月4日から新オフィスで業務をはじめている。

設計テーマは、アメリカ西海岸カリフォルニアスタイル。打合せをする共有スペースは、自由で開放的な空間となっており、サーフボードやウエットスーツも飾られている。移転と同時に、2年前から営業スタッフに導入したフリーアドレス制をデザイン部門にも導入。異なる経験やセンスをもつデザイナーたちが触れ合うことで、あらたな体験価値を提供するのが狙いだ。

【新住所】 東京都中央区築地2-3-4 築地第一長岡ビル2F

 

特集 クライアントと創る空間デザイン

特集 クライアントと創る空間デザイン »

2 3月, 2019

空間をデザインするうえで手がかりとなるコミュニケーションシーンでは、どんな言葉や手法を使っているのか。現地に赴き聴いた2つの事例インタビューと、プランナーにヒアリングしたケースを紹介する

世界観を空間いっぱい  〜 サイバーエージェント x ジールアソシエイツ

世界観を空間いっぱい 〜 サイバーエージェント x ジールアソシエイツ »

28 2月, 2019

特集 クライアントと創る空間デザイン

今回のクライアントは…. 株式会社サイバーエージェント プロジェクト名: 東京ゲームショウ2018

1) クライアントのニーズ

グループ連結子会社サムザップ、アプリボット、グレンジが『リンクスリングス』、『ブレイドエクスロード』、『キックフライト』の新作スマホ向けタイトルを発表。初披露にふさわしい空間、体験を作り出すこと。

2)ニーズ具現化のポイント

『リンクスリングス』では最大同時16 人がプレイできる試遊スペースを設置したほか、『キックフライト』では高さ6mのバンジートランポリンによるゲーム独特の浮遊感を表現、そして『ブレイドエクスロード』では幅10 m×高5mの超巨大グラフィックボードを設けるなど、それぞれ新作タイトルの世界観を空間いっぱいで表現しました。

杉山 耕平さん 株式会社ジールアソシエイツ 営業本部 第1 営業部 部長 (全体コスト設計、企画D、設計D、プロジェクト全体統括)