Home » 開催情報 » 展示会開催情報 (Page 3)

展示会開催情報

予定通り開催「第12回教育総合展(EDIX)東京」リード社が開催宣言

予定通り開催「第12回教育総合展(EDIX)東京」リード社が開催宣言 »

8 5月, 2021

リード社が開催宣言

リード エグジビション ジャパン株式会社は5月8日、緊急事態宣言延長ともに、イベント(展示会)が無観客要請から「収容率50%以下かつ人数上限5000人」に緩和されたことをうけ、「第12回 教育総合展(EDIX)東京」をガイドラインを遵守し、徹底した感染症対策を講じた上で、予定通り5月12日(水)~ 14日(金)の3日間、東京ビッグサイト 青海展示棟で開催することを発表した。

同展は大学、小・中・高校、教育委員会、塾・予備校、専門学校などの職員・教員、企業の人事研修部門などの方が来場する教育分野 日本最大級の展示会。教育ITソリューションEXPO、学校施設・サービスEXPO、STEAM教育EXPO、保育・幼稚園ICT化EXPO、人材育成・研修EXPOの5展で構成され、 学校・教育現場のあらゆる課題解決に役立つ製品・サービスが一堂に出展するほか、文部科学省や大学、学校トップによるセミナーも開催している。

開催概要

第12回 教育総合展(EDIX)東京 概要 会 期:2021年5月12日(水)~14日(金)10:00~17:00 会 場:東京ビッグサイト 青海展示棟 主 催:リード エグジビション ジャパン株式会社 公式サイト: https://www.edix-tokyo.jp/ja-jp.html

▼リードエグジビションジャパンの開催宣言 https://www.edix-tokyo.jp/ja-jp/reference/declaration1.html

※具体的なコロナ対策について https://www.edix-tokyo.jp/doc_statement/

人事関連テック集まる「第3回 HR オンライン展示会」5月20日から開催

人事関連テック集まる「第3回 HR オンライン展示会」5月20日から開催 »

7 5月, 2021

株式会社ネオキャリアは、経営者・人事担当者向けにHR関連テックのイベント「第3回 HR オンライン展示会」を、2021年5月20日(木)、21日(金)に開催する。

今回は、「勤怠管理」「給与計算」「労務管理」「タレントマネジメント」「採用管理」「組織サーベイ」の6つのカテゴリーで、HR Tech事業を行うSaaSベンダー15社が出展、サービスを紹介する。 デモ画面を中心に臨場感あるサービスを体験できる貴重な場になりそうだ。

■開催概要 ・日程  :2021年5月20日(木):13時~17時45分 ★勤怠管理、給与計算、労務管理       2021年5月21日(金):13時~18時15分 ★タレントマネジメント、採用管理、組織サーベイ       ※両日ともに12時55分から入室可能 ・会場  :オンライン開催(ZOOMを利用)       ※視聴URLは、後日御申込頂いたメールアドレス宛にお送りいたします       ※御申込が多い場合、YouTube Live配信に切り替えさせていただく場合がございます ・定員  :500名 ・参加費 :無料 ・出展企業(50音順) 株式会社あしたのチーム、株式会社アスマーク、株式会社OKAN、 株式会社HRBrain、株式会社エフアンドエム、株式会社カオナビ、株式会社SmartHR、 株式会社Donuts、株式会社ネオキャリア、パーソルプロセス&テクノロジー株式会社、 株式会社ビズリーチ、株式会社ヒューマンテクノロジーズ、株式会社マネーフォワード、 株式会社ラフール、freee株式会社

■問合せ先 株式会社ネオキャリア inbound_jinjer@neo-career.co.jp

深圳で10 月、シアル・チャイナ・サウス初開催 日本からの出展企業も募集

深圳で10 月、シアル・チャイナ・サウス初開催 日本からの出展企業も募集 »

7 5月, 2021

 

食品飲料のSIALが深圳で初開催

フランス見本市協会は、世界各国で開催されている食品・飲料総合国際見本市シアルの新ブランドとして、中国深圳で『SIAL China SOUTH』を初開催する。第1回は、今年10月28日から30日までの3日間の日程で、深圳国際会展中心 (Shenzhen World Exhibition & Convention Center)が会場となる。800 社の出展企業・50,000 人の業界関係者の参加が見込まれている。

中国では、すでに上海で、20年以上にわたり『SIAL China』が開催されているが、新たな見本市の立ち上げで中国第2位の経済圏である華南地域でも、プレミアムな食品・飲料製品と有力なバイヤーとのマッチングを提供していく。

オフラインでの開催を目指すだけでなく、24 時間アクセスできるオンライン上のマーケットプレイス『シアル・オンラインマーケットプレイス(SIAL ONLINE MARKETPLACE)』に加え、新しいマッチングプログラム『シアル・マッチ・ミー(SIAL MATCHME)』を用意。出展者のニーズ適したバイヤーとの1対1での商談サービスを提供するという。

シアル・チャイナ・サウス 2021 概要 開催期間:2021 年 10 月 28 日(木)~30 日(土) 開催場所:中国 深圳深圳国際会展中心 (Shenzhen World Exhibition&Convention Center) 2021 年第 1 回展(予定) 出展者数 800 社(うち 45%が中国国外から参加予定) 来場者数 50,000 人 総展示面積 30,000 ㎡※COVID-19 の世界的感染拡大が続いている状況を鑑み、フランス見本市協会では当見本市に関する日本からの来場者・バイヤー誘致は行っていない。

BeautyWorld Japan 開催中の東京ビッグサイトから生中継 ー 化粧品、ネイルなど美容関連の見本市

BeautyWorld Japan 開催中の東京ビッグサイトから生中継 ー 化粧品、ネイルなど美容関連の見本市 »

17 4月, 2021



化粧品、ネイル、美容機器、ヘア、スパ等ビューティに関する最新の製品、サービス、情報、技術が国内外から一堂に集う総合ビューティ見本市「ビューティーワールド ジャパン」が4月19日から3日間開催。 その初日のようすを会場の東京ビッグサイトから、美の求道者こと、株式会社トライフル 久野 華子さんがレポートします。

主催のフランクフルトメッセのご担当者からのメッセージもあります。

1998年に東京で初開催を迎えて以来、着実にその規模を拡大してきたビューティワールドジャパンは、美容ビジネスには欠かせない業界の キーイベントとして日本のみならずアジアの美容業界関係者のから高い注目を集めています。

販促ツールの祭典、PIショー開幕 池袋サンシャインから生中継 -reported by 清永健一

販促ツールの祭典、PIショー開幕 池袋サンシャインから生中継 -reported by 清永健一 »

8 4月, 2021



4月14日から16日まで池袋サンシャインシティ・コンベンションセンター文化会館で、国内最大級の販売促進ツールの総合見本市「第63回インターナショナル プレミアム・インセンティブショー春2021」(PI SHOW)が開催される。

販売促進ツールの専門展示会として春・秋2回開催されており、メーカーや卸、商社、印刷関連企業が出展し、企業の販促担当者、広告代理店、百貨店外商部、販促品卸業者が来場する。今年のテーマは「オムニチャネル戦略による、顧客とのリアルコミュニケーションの確立 PartⅡ」。ネットでは意外と見つからない、集客・販促に役立つPOP、印刷サービス、定番の文具・日用品、食品・オリジナル製品が、一堂にそろう。

PI SHOWの会場から、展示会営業Ⓡコンサルタントの清永(きよなが)健一 さんがレポートします。

関連動画 PIショーやギフト・ショーを主催するビジネスガイド社の代表取締役 芳賀信享さんのインタビュー動画はこちら    展示会の良さ、アフターコロナ、Withコロナの展示会、展示会のオンライン化 、展示会再開への想い、コロナでわかった展示会の意義についておうかがいしています。

▼YouTube https://youtu.be/CkaRBR3CbFA​

▼Website https://www.event-marketing.co.jp/contents/21793/

保育博が浜松町館に会場を変え、12月に開催

保育博が浜松町館に会場を変え、12月に開催 »

14 3月, 2021

「保育博2021-保育・教育ビジネス&サービスフェア-」が2021年12月1日・2日の両日、開催される。主催は保育博実行委員会、事務局はメッセフランクフルト ジャパン株式会社。開催発表と同時に出展者募集も開始した。

保育博は2019年に初開催、3回目の開催となる今回から、会場を東京都立産業貿易センター浜松町館に移し、規模を大幅に拡大する。

2020年の第2回開催では、新型コロナウイルスの影響を受けたものの、初年度を大幅に上回る122社が出展し、約2,400名の園経営者、保育従事者、業界関係者が来場。出展者からは「コロナ禍の影響を心配していたが、非常に熱心で商談に結び付きやすい来場者が多かった」「新製品のお披露目の場が減少する中、直接顔を合わせて説明できる貴重な場となった」などのコメントが寄せられた。また、来場者のうち41.2%は保育従事者および運営業者で、会場内の随所で熱心に質問する姿が見受けらた。 今回の開催は新型コロナウイルス感染症対策には十分配慮し、日本政府の方針[1]および一般社団法人日本展示会協会の「COVID-19感染拡大予防ガイドライン」[2]、東京都立産業貿易センターの「新型コロナウイルス感染防止の取組みと主催者向けガイドライン」[3]に従い、すべての人に安心して参加していただける商談の場を提供する。自粛を余儀なくされた時代だからこそ、オンラインではなく顧客の生の声を聞ける貴重な機会として、新たな販路開拓のきっかけづくりと保育業界の活性化を図る。

■開催概要 ・名称:保育博2021-保育・教育ビジネス&サービスフェア- ・会期:2021年12月1日(水)-2日(木)10:00-17:00 ・会場:東京都立産業貿易センター浜松町館 ・主催:保育博実行委員会 オーガナイザー:メッセフランクフルト ジャパン株式会社 保育博事務局 メディアパートナー: パステルIT新聞(株式会社サンフロント)、ベビーテック(株式会社パパスマイル) ・出展製品:不動産・ディベロッパー・リフォーム業者、経営コンサルタント・人材派遣・仲介サービス、保育施設用家具・什器類、乳幼児用品、保健・衛生用品・サービス、給食・食材・授乳用品・サービス、室内備品・設備類、運輸・送迎・配送・回収サービス、寝具・お昼寝関連製品・サービス、教員用・事務室用品、小型遊具・玩具(含知的玩具)、園庭遊具・運動用具・プール用品、学習教材・教育サービス、ギフトアイテム、デコレーショングッズ、防犯・見守りシステム・サービス、業務効率化・経営システム・サービス、保育園・幼稚園・こども園・保育所、学童保育等設営・運営業者、プレス・出版・関連団体・専門学校・教育機関など ・来場対象:保育園、幼稚園、こども園、小学校、学童保育、塾、保育施設開設・運営支援、産院、小児科、歯科等の医療機関、ホテル、ショッピングセンター、レジャー・公共施設など、メーカー・サービス提供者、小売、通販、卸問屋、商社、保育士・幼稚園教諭養成学校、官公庁、地方自治体および各種団体、保育・教育機関など ・2020年実績:出展者数:122社、来場者数:2,366名 ・申込締切:7月20日(火)

■出展申込み・問合せ先 保育博事務局 〒102-0072 東京都千代田区飯田橋1-3-2 曙杉館7F Tel.03-3262-8446 / Fax.03-3262-8442 info@hoikuhaku.com https://hoikuhaku.jp.messefrankfurt.com/tokyo/ja.html

[1] 内閣官房「新型コロナウイルス感染症対策」 https://corona.go.jp/ [2] 一般社団法人日本展示会協会「展示会業界COVID-19感染拡大予防ガイドライン」 https://www.nittenkyo.ne.jp/caution-jp/186 [3] 東京都立産業貿易センター「新型コロナウイルス感染防止の取組みと主催者向けガイドライン」 https://www.sanbo.metro.tokyo.lg.jp/efforts/covid19

SoVec社の「そのまま展示会」がジャパン建材 オンライン展示会に採用

SoVec社の「そのまま展示会」がジャパン建材 オンライン展示会に採用 »

13 3月, 2021

3月17日から19日までの3日間、国内最大級の住宅総合建材展示即売会イベント「ジャパン建材 オンライン展示会」が開催される。バーチャル展示会のプラットフォームは、「ヴァーチャル産業交流展2020」、「ソニーグループ社内向けオンライン展示会イベント」、「バーチャル新卒採用EXPO2022」で採用された、SoVeC社の「そのまま展示会」。

建築資材や住宅関連機器メーカーが一堂に集結し、工務店様や販売店様などを対象に新商品や売れ筋商品の展示や実演を行い、毎回2万人以上が来場する国内最大級の住宅総合建材展示即売会イベント「ジャパン建材フェア」は、今回初めてのオンライン開催となる。

「そのまま展示会」は、不動産VRなどで評価の高いラストマイルワークス株式会社のVR技術を駆使することで、ハイクオリティな表現でのバーチャル展示会を実現する。

 

■「そのまま展示会」を活用した「ジャパン建材 オンライン展示会」の特徴 <リアル展示会のような臨場感>

オンラインの会場をマウス操作で自由に移動が可能で、リアル展示会のような高い臨場感。

<リアリティを感じる充実のステージプログラムをバーチャルで再現>

リアルなイベント空間のようなステージを設置。専門家講師のライブ配信セミナーや、期間中24時間いつでもオンラインでのプレゼンテーションが視聴可能。

<充実した企業情報とコミュニケーションツールで商談機会を創出> ①充実した企業情報

出展者の企業情報をはじめ、製品・サービス詳細やPRコメントが閲覧可能。 展示パネルやパンフレットなどは全てダウンロードすることもできる。 さらに製品・サービスのPR映像も掲載しているため、文字情報だけでなく映像も合わせて閲覧可能で、リアル展示会さながらの企業情報を得られる。

②充実したコミュニケーションツールと最新情報のニュース欄表示機能

会議ツールは商品カテゴリーや部署など対応者別に分けて用意。より適切な情報提供を可能に。 画面上に常に最新情報が流れるニュース欄表示によってリアルタイムに場内プログラムへ集客。

<「ジャパン建材 オンライン展示会」開催概要>

会期:2021年3月17日(水)から3月19日(金) 主催:ジャパン建材株式会社 協賛:ジャパン建材会/ブルズ会/ブルズ木材会 公式HP:https://www.jkenzai.co.jp/event/jkfair/2021/

 

SoVeC株式会社

社名: SoVeC株式会社 本社所在地: 東京都品川区東品川4-12-3品川シーサイドTSタワー 代表取締役社長:上川 衛 事業内容:デジタルコミュニケーション領域におけるソリューション提供 URL:https://www.sovec.net/

ラストマイルワークス株式会社

社名: ラストマイルワークス株式会社 本社所在地: 東京都新宿区新宿2-11-2 カーサヴェルデ4F 代表取締役社長:小林 雄 事業内容:住宅業界向けデジタルコンテンツ制作サービス terior、 都市開発向けインタラクティブコンテンツ制作サービス Digital City 仮想空間共有プラットフォームcomony オフショア開発・ラボ型開発業務 URL:https://lastmile-works.com/

Withコロナのスタートアップが集まるThe JSSA MeetUp Vol.33開催

Withコロナのスタートアップが集まるThe JSSA MeetUp Vol.33開催 »

6 3月, 2021

一般社団法人日本スタートアップ支援協会は3月29日オンラインで、ビジネスの革新や新市場の創造、次世代技術の開発に挑んでいる6社のスタートアップのビジネスコンテストと、話題のスタートアップの経営者ら3組とのトークセッションを実施する。「ウィズコロナ」「アフターコロナ」に立ち向かうスタートアップ企業を支援すべく、学びと気づき、企業同士の提携や、コネクションづくりになる場も提供する。協会スポンサー企業14社から豪華賞品も提供される。

 

【イベント概要】 ・名称:スタートアップ支援協会主催『The JSSA MeetUp Vol.33』 ・開催日:2021年3月29日(月) ・開催時間:16時~23時(予定) ・開催方法:オンライン(「zoom」システムを利用予定) ・主催:一般社団法人日本スタートアップ支援協会(本部:大阪池田市、代表理事:岡 隆宏) ・参加資格:スタートアップ・ベンチャー企業、IPOビジネス関係者、VC,エンジェル投資家、金融、士業、 大企業、報道関係者、政府、地方自治体、学校法人。 ※対象者以外の方の申込み・参加は不可の場合あり。 ・参加費:無料 ・定員:300名(定員になり次第締め切り予定) ・申し込み: https://peatix.com/event/1812881/view ・備  考:上記より事前の申込みが必須

◆タイムスケジュール(予定) 15:45  開場 16:00  代表理事挨拶 16:10  協会ファンド投資先によるトークセッション 16:40  協会会員によるトークセッション 17:10  上場企業経営者とメガバンク執行役員とのトークセッション 17:40  第2期シードアクセラレーションプログラムキックオフ(採択社3社の紹介) 18:00 審査員紹介と審査員へのインタビュー 18:20  アクセラレーションプログラムのデモディ(成果発表会/ピッチ3社&質疑応答) 19:15 The JSSA Award(ピッチ3社&質疑応答) 20:00  審査会(※スポンサーPR動画放映) 20:30  アクセラ&The JSSA Award/最優秀賞と各スポンサー賞の発表 21:15  中締め挨拶 21:20 ネットワーキングタイム(別会場のzoomミーティングでのブレイクアウトルームでピッチ登壇者との質疑応答など) 22:20  終了予定

《イベントの主なプログラム》 ・協会ファンド投資先2社とのピッチ&トークセッション 投資先のシードステージのスタートアップ2社に資金調達環境やコロナの影響についてインタビュー。 1.ゲシピ株式会社/代表取締役 真鍋 拓也氏 eスポーツをしながらオンライン英会話を学べるエデュテインメントサービス。 https://gecipe.co.jp/ 2.ラウンズ株式会社/代表取締役 合田 翔吾氏 声のバーチャルオフィス「roundz (ラウンズ)」を開発・提供 https://roundz.jp/corp

有力会員2社とのピッチ&トークセッション ミドルレイタ―の会員にコロナの影響やこれまでのハードシングスについてインタビュー。 1.株式会社ビットキー 代表取締役COO 福澤 匡規氏(資本金:58.8億円)あらゆるモノ・サービスをつなげるコネクト事業を展開。自社開発のスマートロック https://bitkey.co.jp/ 2.株式会社RevComm 代表取締役 会田武史氏(資本金:16.7億円)電話営業・コールセンター・人事面談を人工知能で解析・可視化する『MiiTel』 https://www.revcomm.co.jp/

上場企業経営者とメガバンク執行役員とのトークセッション 「今、振り返ってみてIPO準備でやり直したいことは?」「IPOの本当のメリット・デメリットは?」「ハードシングスはどう乗り越えた?」「交友関係や私生活の変化は?」「最近会った有名人は?」などについて深堀トーク。シークレットゲストも登壇予定。 1.【東証1部】株式会社チェンジ/代表取締役社長 福留大士氏インダストリーソフトウエア・トランスフォーメーション事業 https://www.change-jp.com/ 2.【マザーズ】株式会社ココペリ/代表取締役社長 近藤繁氏 各金融機関が取引先に対してBig Advanceブランドのサブスクリプションサービスを提供 https://www.kokopelli-inc.com/ 3.【東証1部】株式会社みずほ銀行/イノベーション企業支援部執行役員 部長 大櫃直人氏 https://www.mizuhobank.co.jp/corporate/index.html

・審査員の上場企業経営者2名へのインタビュー 全審査員の紹介と最優秀賞、審査委員賞の説明、上場企業経営者の審査員にご自身のスタートアップとの関わり方やピッチの審査ポイントなどについてインタビューします。 1.【東証1部】株式会社ピアラ/代表取締役社長 飛鳥 貴雄氏 KPI保証型マーケティングプラットフォーム https://www.piala.co.jp/ 2.【東証マザーズ】株式会社イノベーション/代表取締役社長 富田直人氏 BtoBマーケティングと営業の支援 https://www.innovation.co.jp/

・シードアクセラレーションプログラムのデモディ 第1期(1月~3月)採択企業のピッチイベント。 3か月間の本プログラムの成長目標と成果発表、受講コメント、ピッチを行う。 この3社の採択企業には協会ファンドから500万から1000万円の出資を行い、「審査委員賞」と「スポンサー賞」が贈呈されます。

2020年度 X-HUB TOKYO INBOUND PROGRAMピッチイベント Mobility -ピッチイベント情報

2020年度 X-HUB TOKYO INBOUND PROGRAMピッチイベント Mobility -ピッチイベント情報 »

15 2月, 2021

モビリティ分野のピッチイベント「2020年度 X-HUB TOKYO INBOUND PROGRAMピッチイベント Mobility」が2月26日、オンラインZoomで開催される。主催は東京都。 X-HUB INBOUND PROGRAMはFinTech、Mobility、Life Scienceを事業領域とする 約45社の海外スタートアップに東京進出の機会を提供しております。当イベントでは、X-HUB INBOUND PROGRAM採択企業によるピッチイベントを開催します。 海外スタートアップとの連携に興味のある大企業、VC/CVC等、様々な方の参加をお待ちしております。と同時開催となる。入場料は開催時間は

公式サイトは

2020年度 X-HUB TOKYOINBOUND PROGRAMピッチイベント

2020年度 X-HUB TOKYO INBOUND PROGRAMピッチイベント Fintech -ピッチイベント情報

2020年度 X-HUB TOKYO INBOUND PROGRAMピッチイベント Fintech -ピッチイベント情報 »

15 2月, 2021

フィンテック分野のピッチイベント「2020年度 X-HUB TOKYO INBOUND PROGRAMピッチイベント Fintech」が2月19日、オンラインZoomで開催される。主催は東京都。

X-HUB INBOUND PROGRAMはFinTech、Mobility、Life Scienceを事業領域とする 約45社の海外スタートアップに東京進出の機会を提供。イベントでは、X-HUB INBOUND PROGRAM採択企業によるピッチイベントを開催する。

海外マーケットの最新トレンド、海外進出に成功している起業家のリアルな体験、海外スタートアップと協創するイノベーション等について情報共有し、グローバルイノベーションの創出機運を高める。海外スタートアップとの連携に興味のある大企業、VC/CVC等が参加する。

対象企業

海外展開を目指す都内のスタートアップ、国内外のスタートアップとの協業を目指す都内大企業、VC等 人数 150名/回

テーマ(案)

・VCが見る海外マーケットの最新トレンド ・起業家が語る海外展開成功のヒケツ ・海外スタートアップとのグローバルオープンイノベーション

問合せ先:

https://x-hub-tokyo.smktg.jp/public/application/add/66?lang=ja

公式サイトは

https://x-hub.tokyo/event/5179