Home » 特集 » いまがチャンス!海外展開 » いまがチャンス!海外展開 8 対応力と現場力で目的達成 -George P.Johnson

いまがチャンス!海外展開 8 対応力と現場力で目的達成 -George P.Johnson

 

対応力と現場力で目的達成 -George P.Johnson

(株) George P. Johnson 平澤 彰紀さん

World Future Energy Summit Japanパビリオンなどのサポート実績が多数あります。主催者とのコミュニケーション、現地調査、ブース位置選定、申込・契約の代行、ブースデザイン・施工、現地スタッフの調達、各種輸送手配、各種渡航手配、現地でのプレスカンファレンス、レセプション手配・運営、プロジェクト予算・進行管理を行っています。

海外での商慣習や文化の違いへの理解、そして現地でソリューションを提供出来る「対応力」と「現場力」 をもって、クライアント様が国内出展と同じように負荷を感じず、目的を達成することが出来る出展をサポートします。弊社の「対応力」と「現場力」とは緻密な出展準備と、現地での予期せぬ事態に対する柔軟性です。何かと海外では予期せぬ事態が起こり得るので、それらを想定した準備と現地での対応を重視しています。

 

特集「いまがチャンス!海外展開」の他の記事を読む

3 変化の大きいところへ行こう ービッグビートの「JRIT ICHI(市)」ー  株式会社ビッグビート 代表取締役 濱口豊さん
5 開催地に応じた対応とデザイン 株式会社エキスポインターナショナル 岩本圭祐さん
6 調査と情報設計で最適な戦略を ー 中国企業と提携 ー 博展  中島 健希さん 阿南 健太さん
7 日本唯一の CES公認代理店 米国出展支援 クリエイティヴ・ヴィジョン 吉野 昌秀さん

 

田中力 MICE研究所

田中力 MICE研究所

田中力 MICE 研究所 代表 展示会 イベントの集客は、来場者数、来場者の質、滞留時間という「集客3D理論」を展開。

Similar posts