Home » Posts tagged "サクラインターナショナル"
4月30日号のMICE関連ニュース 〜 MPI Japan / 観光庁 / サクラインターナショナル

4月30日号のMICE関連ニュース 〜 MPI Japan / 観光庁 / サクラインターナショナル »

13 5月, 2019

世界MICE産業に発信 —MPI Japan GMID

4月4日のGlobal Meeting Industry Day (GMID)にMPI Japanチャプターが参加した。各国のMICE関係者とオンラインで交流したほか、会場を提供したDMO東京丸の内の藤井宏章氏がプレゼン、菅優子氏はEMEC19報告を行った。POOL代表中村友哉氏は、参加者にフェイスペイントを施した。

 

ICTでMICE強化 — 観光庁

観光庁がMICE×ICT事業の調査成果報告会を実施。AI、ICT、XR、ロボット、IoT、センシング、次世代ネットワークなどのテクノロジートレンドと日本MICEの競争力強化や差別化の手法について、スタートアップ企業5社とMICE有識者を交え議論した。弊社からは代表の田中が参加。取材を通じて得た知見を語った。

期待の新人15人が入社  ―サクラインターナショナル

展示会やMICEイベントの運営サポートや出展企業の支援を行うサクラインターナショナルは4月2日、今年1月に東京都江東区木場に移転した同社の東京本部オフィスで入社式を開催した。妙代金幸社長や牧さき子社長室長のほか各取締役の訓示、同社の海外事務所やパートナー企業など世界中からの祝辞と激励のメッセージも寄せられた。今年の新入社員は東京と大阪採用合わせて15人。国籍と個性豊かな新戦力が参入し、さらなる同社の飛躍にむけて体制が整った。

イベント総合EXPO リポート

イベント総合EXPO リポート »

2 4月, 2019

イベント総合EXPO  Report

2月27 日から3日間、幕張メッセで「第6回イベント総合EXPO」が開催された。注目の出展者のようすをレポートする。

サクラインターナショナル 新入社員がフレッシュな提案

国内外の展示会やMICE イベントを手がけるサクラインターナショナルは、企画・運営会社ゾーンに出展。コンセプトは”FRESH START そのイベント、

特集 クライアントと創る空間デザイン

特集 クライアントと創る空間デザイン »

2 3月, 2019

空間をデザインするうえで手がかりとなるコミュニケーションシーンでは、どんな言葉や手法を使っているのか。現地に赴き聴いた2つの事例インタビューと、プランナーにヒアリングしたケースを紹介する

映像で別世界をつくる  〜 エプソン販売株式会社 x シムディレクト株式会社

映像で別世界をつくる 〜 エプソン販売株式会社 x シムディレクト株式会社 »

28 2月, 2019

特集 クライアントと創る空間デザイン

今回のクライアントは… エプソン販売株式会社 プロジェクト名:オフィスエントランス空間演出

1)クライアントのニーズ 空間演出でのプロジェクターの利用方法を、オフィスを訪れるお客さまに実際に見て、理解していただきたい。打合せだけでなく、その後にショールームにも寄っていただくためのきっかけを作りたい。

2)ニーズ具現化のポイント パート1、2、3と3つのコンテンツを制作し、時間ごとにパートを切り替えることで、プロジェクターの映像により、その空間を一瞬にして別世界へ変えることができた。

ショールームへの誘引をスムーズに行うために、エレベーターホール→ショールームへと、コンテンツがつながるように設計した。

パート1,2,3、それぞれに違ったインタラクションを加え、エプソン販売の営業の方がお客さまとプロジェクターや空間演出についてのお話をするきっかけ作りを行った

長田 理香さん シムディレクト株式会社 (アシスタントプロデューサー)

技術のイメージを具現化  〜 太陽誘電株式会社 x サクラインターナショナル株式会社

技術のイメージを具現化  〜 太陽誘電株式会社 x サクラインターナショナル株式会社 »

28 2月, 2019

特集 クライアントと創る空間デザイン

今回のクライアントは…. 太陽誘電株式会社 プロジェクト名:CEATEC 2018

1) クライアントのニーズ 年間通した展示会出展のブースデザインのコンペティション案件。CEATEC を皮切りに、1 年間にわたり発信していくメッセージの具体化と、太陽誘電が有するコア技術の見せ方のアイディア。

2)ニーズ具現化のポイント CEATEC が掲げている「Society 5.0」という世界における、太陽誘電がもつIoT 技術のイメージのビジュアル化をしていきました。 同社の得意とするセンシングや情報の集積技術のイメージ化をヒアリングとアウトプットの繰り返しでつくり上げ、そのキービジュアルは年間を通して掲出しています。 また、ブース意匠もそれにそって「集めて束ねる」を具現化しました。その大きなイメージとIoT を切り口に各展示はSMART社会のシーンをグラフィックと共に展示していきました。

名嘉 朝樹さん サクラインターナショナル株式会社 課長(デザイナー)