Home » Articles posted by 田中力 MICE研究所 (Page 59)
田中力 MICE研究所

田中力 MICE研究所

田中力 MICE 研究所 代表 展示会 イベントの集客は、来場者数、来場者の質、滞留時間という「集客3D理論」を展開。

ビーコンとアプリで来場者の嗜好探る »

16 2月, 2016

ブレイブソフト熊谷敏宏氏

コンテンツ化するイベント »

16 2月, 2016

ニューズ・ツー・ユー朝火英樹氏

ビジネスツアーxコンテストxSNS »

16 2月, 2016

台湾貿易センター篠田圭佑氏

公共空間のイベント覚醒 »

16 2月, 2016

スコップ山中清隆氏

JCMA 第2回つながり勉強会ーJCMA

JCMA 第2回つながり勉強会ーJCMA »

6 2月, 2016

1月27日、ICSコンベンションデザイン会議室で、日本コンベンション協会(JCMA)の「第2回つながり勉強会」が開催され、27人が参加した。

今回は「効果的な情報発信の秘訣」をテーマにWasei 代表の鳥井弘文氏が登壇し、どのような文章がウェブ上で読み手を惹きつけるのか、講演とグループワークを通して学んだ。

 

ブログ「隠居系男子」やウェブメディア「灯台もと暮らし」を運営する鳥井は、ウェブで多く読まれやすい文章の特徴として、①主張、理由、客観的事実が明記されていること②起“転”承結であること③「エモい!」(エモーショナル:共感される内容であること)をあげた。

また、自己満足に終わりがちな自分の書きたいものでなく、「自分たちが読みたいもの」を書くことをポイントとし、共感が得られるような文章がウェブ上で多く読まれると説明した。

グループワークでは4つのチームにわかれて、「JCMAの新規会員を増やすための3行程度の文章を作成する」という課題に取り組んだ。

 

ドローン、モーションセンサーからBIGBANDまでーRayExpo2015 (株式会社レイ)

ドローン、モーションセンサーからBIGBANDまでーRayExpo2015 (株式会社レイ) »

1 2月, 2016

レーザーによるショー演出やイベント・プロモーションの企画制作を行う株式会社レイは、1月20日~22日の3日間、ベルサール六本木で「第2回レイ展ーRay expo’16」を開催した。

同イベントは2011年に創業30周年を記念して初開催され、創業35周年の今回で2回目となる。コミュニケーション事業本部、クリエイティブ・デザイン事業本部、イベント事業本部、映像技術事業本部の4事業部がそれぞれの最新技術を活用した事例など、エンターテイメントから企業のコミュケーションまで多彩なソリューションを紹介。クライアントや社会へ喜びと感動を提供する同社の取組みを紹介した。同社の動画レポートはこちらhttps://www.ray.co.jp/news/20160126_1086/

下は弊社でiPhoneにより撮影したものです。

  4Kシアターでは圧倒的な高精細の映像を上映。 コンテンツもすべて自社で撮影!使用した機材や苦労話もお聞きしました。

 

左)360度ホラー 360度の動画撮影とVRが連動。逃げ場が無いです。渋谷TSUTAYAの3日間イベントで採用。監督はゾンビに扮して演出。カット割りできないので、最初から最後までミスが許されない撮影現場だったそうです。

右)ボール戦士NG タッチパネルではなく、高精度の位置認識と、その後の軌道を予測!

 

階段わきのスペースにもプロモーション動画を設置。 3台のプロジェクターの角度を微妙に変えて縦長に投影。 ポートレートプロジェクションといって幾何学補正とエッジブレンディングで シームレスな画面をつくっています。

  ステージではドローンショーのほか、同社の各事業部が連携したソリューションの提案や、女性だけのビッグバンド「たをやめオルケスタ」のバーチャルステージで18画面をシンクロ。

 

BtoBに特化しリニューアル 〜物産展にしない方法とは  あだちメッセ

BtoBに特化しリニューアル 〜物産展にしない方法とは  あだちメッセ »

1 2月, 2016

1月22日、23日、東京都足立区のシアター1010で「あだちメッセ」が開催された。

“夢をカタチに足立の技術”をテーマに足立区や東京商工会議所足立支部、足立成和信用金庫などが中心となって開催、製造業・情報通信業など多彩な企業が先端技術を携え、80社が出展する足立区最大の展示商談会となっている。今年からは運営にサクラインターナショナルが加わり、商談重視の施策を実施した。

会場が北千住駅マルイ内ということもあり、買い物客をはじめ一般来場者が多く、企業間マッチングの充実が課題になっていた。解決策の1つがレイアウトの変更。これまで入口近くに配置していた物産関連や工芸品など一般向け商材は出口近くに、その変わりに工作機械などの企業向け商材を入口そばに配置した。また、企業の購買担当者を惹きつけるセミナーの充実にも注力した。マーケティング関連のキーパーソンであるアビームコンサルティングの本間氏や赤城乳業監査役の鈴木氏など、ものづくりや販促のキーパーソンの講演9本と「顧客の心をつかむアイデアとは?」をテーマにしたパネルディスカッションを実施。トークイベントとしても成立するラインナップとした。

来場者数の減少を懸念しながらも、企業担当者の集客に特化した展示構成、プログラム改変の効果もあり、金曜、土曜ともにビジネスマンの姿が目立っていた。

 

 

50社が最新映像機器を出展ー2016最新映像機器内覧会(光和)

50社が最新映像機器を出展ー2016最新映像機器内覧会(光和) »

1 2月, 2016

映像や音響機器の販売やレンタルを手がけ、心に届く演出を創りだす光和が、1月21日・22日の2日間、東京都江東区辰巳の同社新社屋で 2016最新映像機器内覧会を実施した。

同イベントは光和の機器や演出提案を展示するだけでなく、同社の協力会社が多数参加するもので、毎年1月に開催しており、20回目となる今回は協力会社50社が出展し、各メーカーの最新映像・音響機器が揃い踏みした。 シームレス・マルチプロジェクションシステムWatchOutの実演。 なんと80面以上の複雑な造作に画像を投影。調整が大変そう。。。

座れるLED、階段とかに施工できますね。 耐荷重90kgなので、ワタクシはもう少しダイエットが必要なようです。

巨大な曲面LEDは、右側写真の、内側に20度、外側に15度くらい(だったか)曲がるLEDパネルの組み合わせでできています。

 

 

 

イベント・テクノロジーの現在と未来がわかる議論の場に  イベントマーケティングサミット開催

イベント・テクノロジーの現在と未来がわかる議論の場に  イベントマーケティングサミット開催 »

22 1月, 2016

イベントが大好きな皆さまへ

月刊イベントマーケティングと仲間たちが、イベントJapanの会場内で、国内外のイベント事情や最新テクノロジーを語る「イベントマーケティングサミットを開催します。ひらたく言うと、

6小間使ってセミナーやります。 ブースNo.44 にぜひお越しください

ということです。

<<目次>> ◆動画イベマケサミット出展者情報 その1 ブレイブソフト ◆動画イベマケサミットSpecial Thanks その1カナモト ◆イベマケサミット 講演スケジュール・概要 ー

—————————————————————

◆イベマケサミット 出展者情報 その1 株式会社ブレイブソフト

イベントや展示会に特化したアプリ作成・運用サービス「Appvisor event(アップバイザーイベント)」をご紹介します。イベントアプリを最短5日で制作でき、[PUSH配信]や[場内マップ]、[ブース紹介]、[タイムテーブル]、[他言語]、[ニュースメディア化]、[ARカメラ]、[デジタルサイネージ連携]、[人流分析]等、様々な機能が含まれています。アプリのダウンロード施策からお任せください。

______________________________________

◆イベマケサミット Special Thanks その1  カナモト株式会社 −ブースNo.78

建設機械からイベントレンタルまで幅広く対応しています。全国ネットで北海道から沖縄、海外まで対応いたします。イベントのブースの設営、運営、企画もお任せください

 

————————————————— ■イベントマーケティングサミット■

”face to faceを科学する”をテーマに マーケティング視点でイベント価値を最大化するイベント 「Event Marketing Summit in イベントJapan」

—————–開催概要——————– 日時:2016年1月26日(火)10:00~18:00 2016年1月27日(水)10:00~17:00

会場:東京ビッグサイト 西1ホール (イベントJAPAN2016内) ブースNo.44

定員:各セミナー40席ほどご用意していますが、入れ換え制ですのでいつでものぞきに来てください。オープンスペースです。

申込み:http://eventregist.com/e/eventjapan2016

*[Event Marketing Summit]への参加には、「イベントJAPAN2016」への参加登録が必要です。当日登録の場合は、お名刺持参ください。

参加特典:月刊イベントマーケティングバックナンバーの配布と紙面参加!

——————-セミナー 登壇者—————-

1月26日(火) 14:20〜15:00 「台湾発ICT活用型MICE誘致ーアジア6か国を集めた企業参加型キャンペーンー」 篠田 圭祐氏(台湾貿易センター東京事務所本部プロジェクトマネージャー)

15:10〜15:40 (株)ニューズ・ツー・ユー朝火英樹氏 ✕ イベントレジストのヒラヤマさん

1月27日(水) 14:00〜14:20 「海外イベント事情〜Experiential Marketing Summit/EVENTTech裏話」

ヒラヤマ コウスケ氏(イベントレジスト(株)代表取締役/CEO) 田中 力氏((株)MICE研究所 代表取締役)

14:30〜15:30 「公共空間のイベント覚醒」 山名 清隆氏(ソーシャルコンテンツプロデューサー/スコップ代表取締役社長)

————————ABOUT————————–

[Event Marketing Summit] とは、”face to faceを科学する”をテーマに、マーケティング視点でイベント価値の最大化、イベントの拡張性を考えるイベントです。

マーケティング業界の革新は進んでいる。 一方で、イベント業界は、このトレンドに乗れているのか?

企業のマーケティング活動において、イベントの重要性が高まっているなか、改めてマーケティング視点でみたイベントの位置付け、ソーシャルの活用、MA(マーケティングオートメーション)で可視化するイベント効果、コミュニティの育成など、海外イベント事情や最新事例から共有します。

企業のマーケティング担当者・イベント企画運営者や、MICE関係者の皆さまにぜひ、お越しいただければと思います。

[Event Marketing Summit]は以下の企業が協力して企画しています。

・オンラインイベントプラットフォームを提供する 【イベントレジスト株式会社】

・動画メールマーケティングを提供する 【有限会社ビディア】

・イベント企画・運営/ MICE施設コンサルティングを行う 【株式会社ホットスケープ】

・月刊イベントマーケティングを発行するメディア 【株式会社MICE研究所】

・展示会・イベントアプリを開発する 【株式会社ブレイブソフト】

・付加価値型モバイルバッテリーカードを販売する 【株式会社ネットランドジャパン】

—————-SPECIAL THANKS———————

映像・音響とイベントとICTのトータルサービスを提供する【株式会社タケナカ】*「イベントJAPAN2016」出展(ブースNo.1)

マーケのヒント集めブログをリニューアル  ーマルケト

マーケのヒント集めブログをリニューアル  ーマルケト »

17 1月, 2016

マーケティングソフトウェアと関連ソリューションを提供するマルケトは1月12日にブログをリニューアルした。(http://jp.blog.marketo.com/

アメリカのマーケティングトレンドやマーケティング業務の効果を向上させるヒント、マーケティング・オートメーション導入のコツなどを掲載している。

 

現在掲載されている情報は、

基本に立ち返る: マーケティングオートメーションソフトウェアでできる7つのこと

[インフォグラフィック] 手軽に楽しむ: 一口サイズのコンテンツを作るには

ソーシャルメディアの効果を測る6つの方法

マーケティングオートメーションチームはどのように構築すべきか?

など