Home » MICE » インセンティブトラベル

インセンティブトラベル

レッドブル・エアレース今季限りで終了<br>幕張が最終戦に

レッドブル・エアレース今季限りで終了
幕張が最終戦に »

31 5月, 2019

Sports MICE Redbull AIr race

主催者・開催地・スポンサー・支援企業 それぞれのマーケティング<BR>レッドブル・エアレース

主催者・開催地・スポンサー・支援企業 それぞれのマーケティング
レッドブル・エアレース »

30 5月, 2019

<2018年大会のレポートです>

2018年5月26・27日、千葉県幕張ビーチでレッドブル・エアレースが行われ約7万人が来場した。千葉での3連覇がかかっていた室屋義秀選手は1回戦で敗退したものの、大会はおおいに盛り上がった。

レッドブルは売上の1/3をマーケティング費用に、そのうちの1/3をスポーツに使う。それも必ずメインスポンサーになり、マイナー競技であろうと「スポーツと一体となる」手法で育てていく。その独自の戦略はイベントマーケティングのお手本事例だ。

エアレースをマーケティングに活用しているのは主催のレッドブルだけではない。会場となっている千葉市にとって、レッドブル・エアレースは、“Chiba”という地名を世界中のメディアで放映する最高のシティプロモーションの場となっている。

効果上げるラウンジの高級感

大会には、国内外の多くの企業がスポンサーとなっている。 そのうちの1社であるJTBは、プレミアムスカイラウンジにブースを構えて、顧客向けのホスピタリーイベントを実施した。同社の金井大三さんは、「メガスポーツイベントでのコーポレートホスピタリティの一環。グローバル企業の商談決定手段で重要視されている」という。

金井さんによると、「メガイベントでは、1開始前に仮設の宴会場で食事をしながら、試合の予想や解説、2専用導線利用〜VIPルームでの観戦、3ハーフタイムでの軽食、4試合終了後のエンターテインメントが基本構成だ。ラグジュアリー層をターゲットにしたイベントでは、質の良い内装やインテリアなどにより、上質な雰囲気づくり、空間づくりが欠かせない。

今回、イベント運営の(有)セットアップとともに、プレミアムスカイラウンジに高級家具を提供したのがモニックだ。品質の高い家具の提供と行き届いたメンテナンスでイベント業界でも高く評価されている。

プレミアムスカイラウンジに要望されるのは高級な家具や応接セット。日本のイベントではこのグレードを使う機会は少ないため、ハイエンドな品揃えをするモニックでも、はじめて携わった第2回大会の時は十分な質と量の在庫が揃わなかった。そこですべて新しい家具を調達したという。

雨が多かったこと、海岸沿いでの開催だったこと、汚れやキズが目立つ白の家具が中心だったことにより、毎日、競技終了後に雨対策やメンテナンスを必要とした。神経を使う現場だが、家具の選定やメンテナンスを担当した営業部部長の小野晃生さんは、「VIPの方々が集まりそこで、大きなビジネスが生まれるので、より良いホスピタリティに貢献しよう、と力が入ります」と笑顔を見せる。

レッドブル・エアレースには今後メガスポーツイベントが続くゴールデンスポーツイヤーズに向け、コーポレートスポーツホスピタリティ分野を見据え、実績で一歩先行し、開拓する企業の姿もあった。

 

記事制作:MICEニュース

MICE施設

MICE施設 »

21 5月, 2019

MICEイベントを開催するのに、まず最初に考えるのは”会場”。アクセスは集客に大きく影響する、施設のクオリティはMICE(マイス)主催者のブランディング、どこでやるかはそのイベントのカラーを、そしてMICE施設運営者の力量が、スムーズに運営できるかどうかを左右する重要な要素となっています。

MICE施設はどんな会場のことを指すのか、それぞれ施設のタイプに明確な定義はないが、どのような会場があるのか、タイプ別に考えてみます。

いまは会場新設ラッシュとなっています。新たに開業する会場や開発中、計画中の全国のMICE施設と、その状況についてもまとめます。

前野前会長が日本版IRへ提言 〜 MPI Japan セミナー 〜

前野前会長が日本版IRへ提言 〜 MPI Japan セミナー 〜 »

28 9月, 2018

MPI ジャパンチャプターが9月26日、六本木アカデミーヒルズで“「IR×MICE」 ~IR(カジノを含む統合型リゾート)の現状とMICE業界への効果~”をテーマにセミナーを開催。前会長の前野伸幸氏が講師を務め、約70人が出席した。

前野前会長は、IR実施法案について、「IRとMICEの相互に与える影響」、「IRにむけて日本のMICE企業が準備しておくべきこと」などの説明と提言を行った。

IR実施法案(特定複合観光施設区域整備法案)の概要について、2030年にインバウンド6000万人という高い観光立国の目標実現という背景があり、国際会議場、展示施設、劇場文化施設、観光案内など日本各地への送客機能、宿泊施設などが盛り込まれたのではと考えを述べた。

また、カジノフロアの面積は3%という上限を設けたことで、MICEをはじめ各施設の規模が大きくなると、マリーナベイサンズの12万m2のMICE施設の例を踏まえて予想した。

一方で日本人の来場を制限したことで、どこに行くのもカジノスペースを通るレイアウトになっているラスベガスのような、カジノとMICEの送客連携が弱まる懸念や、先進国都市はIR後発となるため規制が多い法律になったこと、まだ未定の詳細な規定に重要な要素があることなどをあげつつ、産業革命的な インパクトがある法律だという見解を明かした。

また実際の開業時期については、東京五輪後で誘致中の大阪万博の前の2024年ごろになると、日本でのメガイベント開催が継続的になるのではと話した。

IRとMICEの送客連携については、IRでMICEを開催するメリットとして1)大人数をワンストップ(同一施設)で受入可能で、コスト・時間のロスがない。2)テーマレストランなどユニークベニューの充実。3)カジノVIP用プログラムの転用。4)深夜のプログラムも実現可能。5)オプションツアーの充実。6)少人数のラグジュアリープログラムも対応できることなどをあげた。MICEがIRに与える効果としては、平日の集客に貢献、宿泊費の寄与、他のカジノとの差別化、IR成熟後に必要なカジノ頼みでない利益構造の根幹になるとした。

また、IRで開催するMICEの参考事例として、AWSの re:Inventのようすも紹介。5つのホテルのほとんどの宴会場や駐車場など50会場で1,200セッションを行い、4万3000人登録(内日本人1000人)、基調講演は1万3000人が聴講しサテライト会場も満員という規模で開催された。

フェアウェルパーティ用の巨大テントや仮設歩道橋、ホテル内でのロゴ装飾などの規模の大きさとそれを実現する、企業のスポンサードや1799ドルという参加料などについても触れた。

一方でハラル対応や祈祷室、LGBTの方用トイレ設置といった多様性の配慮や、WifiのSSIDが全会場共通など細い対応の重要性を指摘。そのほか、IRとマッチしやすいイベントとして格闘技大会やeSportsなど賭けの対象になるイベントもあげた。一方医療系や製薬系金融系の国際会議の多くはカジノのあるラスベガスでは開催していないという。

懸念点としてはディーラだけで2000人、IR全体での2万人くらいの人材の確保。育成に時間がかかることもあり、現在海外IRで活躍している日本人の帰国以外に 多くの人材が必要になりそうだ。

最後にメッセージとして、アデルソン会長のサンズなどカジノとMICEを融合したIRが得意な海外事業者が多いが、エンターテイメントの誘致も含めて日本資本でもできる部分があるのでは、IR設置は当面3か所が上限だが、それ以上に増える可能性もあり、それにそなえて日本企業もビジネスとして積極的に参画できるような準備をするべき、そのためにライバル企業と競合ではなく連携してあたるべきと提言を行った。

欧米からみた日本MICEへの期待語る 〜MPI Japan Chapter〜

欧米からみた日本MICEへの期待語る 〜MPI Japan Chapter〜 »

19 1月, 2018

2月20日、MPI Japan Chapterは 第3回セミナーを六本木アカデミーヒルズで開催する。 「日本に求められるMICEの対応 〜What International MICE planners are looking for”」【DMO六本木協賛企画】をテーマに、ドイツ・ケルンに本社を置く国際的MICE企画運営会社teamtravel international Gmbh社の代表Yuji Andreas Wendler 氏と、タイ・バンコクに本拠を置くディスティネーションアジアの日本支社のジェネラルマネージャーのPeter Cools氏 が議論する。モデレーターはメットライフ生命保険イベントマネージメントチーム シニアマネージャー でMPI Japan Chapter教育委員会副委員長の保坂恵子氏が務める。

【平成29年度 MICEグローバル人材育成講座】開催

【平成29年度 MICEグローバル人材育成講座】開催 »

12 7月, 2017

1.講座の目的 東京では、国際団体本部が主導する国際会議の増加や、東京2020オリンピック・パラリンピック開催に向けたスポンサー企業等によるインセンティブツアーの来訪など、MICE業界を取り巻く環境が変化するとともに、展示会の国際化、国際イベントの誘致・開催促進によるさらなるインバウンドの獲得等、新たな取組の必要性が高まっている。(公財)東京観光財団は、東京都と連携し、国際会議、国際イベント、インセンティブツアーの誘致・開催を推進する都内事業者や展示会の国際化を推進する主催者等を対象に、MICE誘致・開催に関する専門的なスキルやノウハウを提供し、MICEビジネスのグローバルスタンダードを身につけた人材を育成することを目的に本講座を実施する。 2.講座の内容 「講座内容」のとおり 3.期間 国際会議(全6回) 平成29年8月1日(火)~9月12日(火) 19:00-20:30 ※お盆(8/14~)週を除く毎火曜日に開催。 展示会(全4回) 平成29年8月3日(木)~8月31日(木) 19:00-20:30 ※お盆(8/14~)週を除く毎木曜日に開催。 イベント(全2回) 平成29年9月7日(木)、9月14日(木) 19:00-20:30 インセンティブツアー(全6回) 平成29年12月6日(水)~平成30年1月24日(水) 18:45-20:15 ※年末、年始を除く毎水曜日に開催。 4.会場 公益財団法人東京観光財団 会議室 新宿区山吹町346番地6 日新ビル5階 (http://tcvb.or.jp/jp/office.html) ※国際会議及びインセンティブツアーの講座は、全6回中のうちの1回は外部施設を予定 5.定員 各期(講座) 25名程度 6.受講資格 都内会議等施設、ホテル、PCO、DMC、エリアマネジメント協会等に勤務する方で、次に掲げる各要件を満たしていることが必要。(1) 受講者の所属する企業または団体が次のア及びイの条件を全て満たしていること

ア、本講座の趣旨を理解し、現在、東京におけるMICE誘致・開催に積極的に取り組んでいること、若しくは今後取り組む予定であること イ、東京都内の事業所であること

(2) 受講者の勤務先が上記(1)-イであること

(3) 原則、各期の講座を全て受講できること 7.申込の受付 (1) 受付方法 申込の受付は、原則、先着順。但し、同一の企業・団体からの申込数が多い場合や、参加希望企業・団体の業種に偏りがある場合は、人数調整の場合あり。申込締切り後、速やかに申込をされた方へ受付確認書を発送。 (2) 申込書 同一者が複数の講座を受講希望の場合は、申込書は1通。 8.受講料及び支払い 国際会議: 20,000円(全6回) 展示会: 13,500円(全4回) イベント: 6,500円(全2回) インセンティブツアー: 20,000円(全6回) 9.取消料 【国際会議】、【展示会】、【イベント】

7月18日(火)以降の取消・・・・受講料の50% 8月1日(火)以降の取消・・・・受講料の100% 【インセンティブツアー】 11月22日(水)以降の取消・・・受講料の50% 12月6日(水)以降の取消・・・受講料の100% 10.修了証書 各期とも、全講座を受講された方に修了証書を交付。 11.申込手続 (1) 申込書配布場所 公益財団法人東京観光財団 こちらから(2) 申込方法 申込書に必要事項を記入の上、郵送・FAX・Eメールにて下記問い合わせ先に申込。(3) 申込の締切り

【国際会議】、【展示会】、【イベント】 平成29年7月24日(月) 【定員になり次第締切】 【インセンティブツアー】 平成29年9月29日(金) 【定員になり次第締切】 12.問い合わせ先 (申込書送付先) 公益財団法人東京観光財団 コンベンション事業部 誘致事業課 担当:橋本・石田・辻本 〒162-0801 東京都新宿区山吹町346番地6 日新ビル6階 TEL:03-5579-2684 FAX:03-5579-2685 Eメール: mice-global@tcvb.or.jp

MICE の新しい可能性を拓く ユニークベニュー八芳園が創るコンテンツ 〜日本文化のエクスペリエンス・イベント 『WAZA DEPARTMENT 2016 』in HAPPO-EN

MICE の新しい可能性を拓く ユニークベニュー八芳園が創るコンテンツ 〜日本文化のエクスペリエンス・イベント 『WAZA DEPARTMENT 2016 』in HAPPO-EN »

17 10月, 2016

 八芳園では訪日外国人観光客へのおもてなしとMICE 誘致を目的に、イベントやインセンティブパーティを数多く手がけている。なかでも昨年、日本各地の職人技を体感できるイベントとして好評を博した『WAZA DEPARTMENT』の第二回を8 月31 日に開催。関係省庁、旅行会社、外資系企業、ホテルコンシェルジュなど、2,000 名を超える参加者に八芳園の「企画力」と「プロデュース力」をプレゼンテーションした。

 

「『WAZA DEPARTMENT』はヒトやモノを通して、技術や文化を知っていただくというイベント。ヒトに興味をもってもらい、その職人がいる町を紹介することで、そこへ足を運んでほしいのです」と話すのは八芳園 経営企画室・企画課係長の窪田理恵子さん。単に職人技を紹介するイベントではなく、そこには「地方の人たちと共創をして日本を発信していこう」という八芳園の思いが込められている。  第一回でコラボレーションした、福岡県「家具の町」大川市の職人から各地の職人へ。そのネットワークと絆は、瞬く間に全国へと広がって行った。

1 年をかけて企画された第二回『WAZA DEPARTMENT』では、大川をはじめ、萩(山口)、徳之島(鹿児島)、有田(佐賀)、高崎(群馬)、中津(大分)、博多(福岡)、京都と8 つの地域の職人たちが参加した。イベントは1 階から6 階までのバンケットルーム、離れの「白鳳館」から庭にいたるまで、全館すべてを使って開催され、まさに非日常を提案するユニークベニューとなった。八芳園の「企画力」と「プロデュース力」がうかがえるブースをいくつかご紹介しよう。

2 階は職人技を見て、体験できるブース。建具の生産日本一を誇る大川では、その装飾に使われる「組子」が有名だ。これは釘を使わずに木と木を組み付けて、「麻の葉」など200 種類以上の図柄をつくっていく技法。参加者は大川組子の職人、木下正人の緻密な技に感嘆の声を漏らし、組子のコースターや木のスプーンづくり、八芳園のシェフが指導する巻き寿司づくりを楽しんでいた。

3 階の竹をモチーフにした「グレース」は有田焼のブース。七代目弥左衛門・松本哲が生み出すモダンな器に八芳園のパティシエがインスパイアされて生まれた「和のアフタヌーンティー」が披露された。プラチナをかけた三層の重箱にディスプレイされた和菓子や点心は、さながら宝石箱のような美しさを演出している。

同じく3 階にある大空間の「チャット」でプレゼンテーションされたのは、八芳園オリジナルブランドの「KIKI」。八芳園のスタッフが見つけた全国の食材と「行列のできるショコラティエ」野口和男とのコラボレーションで生まれた和のスイーツだ。桜・紫蘇・酒粕・竹炭など、厳選した和の食材を練り込んだチョコレートのほか、パウンド生地に米粉を使い、ホワイトチョコを合わせた新作のガトーショコラもお目見えした。

自慢の庭で、ひときわ目を引いたのは離れへと続く小道にディスプレイされた氷柱だ。氷の中に入っているのは博多織職人が使用する道具や糸。氷柱に浮かぶそれらを眺めつつ会場「白鳳館」に入ると、鳥をイメージしたストールがアート作品のようにディスプレイされている。ステージでは博多織とバイオリンのコラボレーションによるミニコンサートが行われ、参加者を花鳥風月の世界へと誘っていた。

イベントも終盤にさしかかった頃、1 階のガーデンフロアで「WAZA ENTERTAINMENT」と銘打ったパーティが始まった。 オープニングではVTR が上映され、八芳園の井上専務のあいさつに続き、大川の家具職人と作った櫓「KAGURA」で和のエンターテイメントが繰り広げられた。フロア続きの庭園から職人が登場。参加者の「よいしょ」のかけ声のなか、鏡開きが行われ夏の最後を飾る粋なパーティも終演。第二回『WAZADEPARTMENT』も幕を閉じた。

「八芳園の強みは、ウエディングで培った企画力とプロデュース力です」という窪田さん。お客さまの想いに向き合い、丁寧にヒアリングしながら、予想を超える企画を実現するのがモットーだ。選任スタッフが初回打ち合わせから当日までワンストップで担当。案件ごとにチームを編成し、コンセプトに沿って、内装・花・料理・器から箸の袋に至るまで、トータルプロデュースすることが可能だという。

また、日本文化を海外に紹介することは八芳園のビジョンでもある。「2020 年に向けて、私たちのOMOTENASHI で、お客さまと一緒に東京と、日本を盛り上げていきたいと思っています」(窪田さん) (文:西口みな子)

沖縄MICEの魅力が一堂に ~ コンテンツショー盛況のうちに幕

沖縄MICEの魅力が一堂に ~ コンテンツショー盛況のうちに幕 »

25 10月, 2015

4月から9月までの上半期の観光客数がはじめて400万人を超えた沖縄。その好調を支えるMICEのサービスを提供する県内の団体・企業が一堂に集まり「沖縄MICEコンテンツトレードショー2015」が開催された。毎年独特なプログラムが表彰される沖縄MICEコンテンツコンテストは、無人島で宝探しやサンゴの植え付けをする「作るから、残す・育てるへ 未来の懸け橋プロジェクト」がJNTO特別賞を受賞した。

8回目の開催となる今回は国内外のMICE主催者・観光事業者・メディア約130人が招待され、コンテンツショー前後にも、ガンガラーの谷で行われた沖縄MICEナイトや、座喜味城址でのエイサーの見学と泡盛古酒の試飲、チームビルディング体験、観光資源や宿泊施設、イベント会場などの視察を実施し、沖縄MICEの魅力を体験し沖縄観光商品企画の素材を持ち帰った。

※コンテンツショーの詳細やツアーのもようは、月刊イベントマーケティング05号(11月28日発行)および、ウェブサイトとメルマガでお届けします。