Home » Posts tagged "イベント再開"
10月16日20:00開始 なんとなく座談会 2「BtoBイベントの在り方を考える」EVENT MARKETING TALK SHOW

10月16日20:00開始 なんとなく座談会 2「BtoBイベントの在り方を考える」EVENT MARKETING TALK SHOW »

11 10月, 2020

なんとなく座談会 2「BtoBイベントの在り方を考える」

10月16日金曜日、20:00からスタート。 イベントマーケティングYouTubeチャンネルで配信。

第一部

展示会を例題の軸に据え、BtoBイベントの在り方について考える。 現在位置の確認 → 現在抱えている課題の抽出 → 誰が何をどうするべきか提言

「関西ホテレスショー視察で見た会場の様子」 「展示会の取材で感じたこれまでとの変化」 「いま展示会が抱えている課題」 「主催展示会の準備期間(実務)から会期(反応)の変化・主催者が抱える課題」

「リアル展示会開催の意義と来場者メリット・出展者メリットは?」 「支援会社は何を提案するパートナーになるのか」 「出展者ブースの在り方とは?」

第二部

ただのオンライン飲み会。スピーカーも参加可否は自由。飛び入り参加も受け入れ開始。※遅くとも23時には終わりましょう(前回の反省)

登場人物

モデレーター【 おーいわ将士 】 展示会の中の人 柿と梨が好きです。でも、展示会はもっと好きです。

【 カジヤマ ユカリ 】 イベント運営会社勤務8年目のもうすぐ30歳。 スタッフのブッキング、マジシャン・演奏家・大道芸人など特殊人材のキャスティング、会場手配など。

【 たけうち のぶお 】 イベント制作会社→自治体の芸術祭事務局→空間装飾会社(展示会中心)→フリーランス。イベント・空間・マーケティング・事業企画などの「プランナー」として活動している、大阪在住のフリーランスです。

【 近藤和彦@イベント業界.com 】 株式会社シンシアプロデュース代表取締役 イベント業界の就活サイト「イベント業界.com」代表 大学卒業後、施工会社・SP会社・制作会社を経験し独立。業界歴25年。専門学校でイベントの講師も務めていた、生粋のイベント屋。

【田中力@元モデレーター/イベマケ 】 もうグチは言わない…。 ヒグチ編集長にいつも怒られてなどいない。

【山口雄三@展示会主催者】 New! 新卒で出版業界の営業に携わった後に今の会社へ転職。最初は広告営業で採用されたが気がついたら展示会の担当になっていました。今や、イベンターとして世の中を盛り上げていくことが生きがいです。

 

月刊イベントマーケティング63号(9月30日号)発刊

月刊イベントマーケティング63号(9月30日号)発刊 »

11 10月, 2020

月刊イベントマーケティング63号(9月30日号)発刊

株式会社MICE研究所(代表取締役:田中力)は、月刊イベントマーケティング63号(9月30日号)を発行した。

月刊イベントマーケティングは、イベントや展示会を活用して企業のマーケティングを加速する、イベントマーケティングの専門紙。

2015年7月の発行以来、毎月マーケターの関心の高いテーマに沿った特集記事、注目のイベント、展示会出展効果を高める成功事例など、多様なコンテンツを掲載。購読希望者に無料で送付している。

オンラインでPDFも無料配布しており、今号は10月10日に下記URLで公開した。 https://www.event-marketing.co.jp/wp-content/uploads/2020/09/63go.pdf

また各記事は再構成され、イベントマーケティングのウェブサイトでも順次公開されていく。

今号の特集 「新しいイベント様式のリアル」

新型コロナウイルスによる感染症の拡大は縮小傾向となり、人の移動や集まりの制限が解除されているが、引き続きイベントや旅行については厳しい状況がつづく。 そのような状況のなか、コロナウイルスと共存しながら経済を回す、Withコロナを実現するためのイベント界隈の動きをレポート。

新型コロナ・テック 都内イベントで活用へ   店舗型東京版新型コロナ見守りサービス 東京都戦略政策情報推進本部 ICT 推進部 次世代通信推進課長 菊地 智春さん – リアル再開 沈滞ムードに一石投じる  「SHOWCASE 2.0 コロナ対策ハイブリッドカンファレンス」

– それぞれの立場で対策を 感染症対策総合展

そのほかのコンテンツ

○ enavle 開発者に聴いた  オンラインイベント スポンサー投資効果の見える化に特化 シンガポール法人 Actioport 代表 種倉 章仁さん

リアルとオンライン融合 竹芝街びらきイベント   ―― TAKESHIBA SMARTCITY FES

○ 出展者 コロナ対策さまざま ―― 第 12 回 Japan マーケティング Week 夏

○ 主催者インタビュー Back to Business! 東京・大阪で一挙に再開 インフォーマ マーケッツ ジャパン株式会社 代表取締役 クリストファー・イブさん

オンライン開催でもスポンサー満足度高める工夫 ―― シェアサミット 2020

研究大会をクラウドで東・名・阪に 3 元中継  ―― イベント学会 ○ あらゆる 価値観を 再定義 する場所 #09 「point 0 は 2 年目へ」 Powered by point 0

○ オンラインイベント先駆者 半年を語る オンライン×オフラインの可能性 ~2020 年度上半期を振り返って アフロマンスさん(パーティークリエイターほか) [モデレーター]舟橋 健雄さん(078KOBE実行委員会 Interactive部門企画統括) [モデレーター]藤田

イベント制限緩和 講演会・展示会は収容率100%まで

イベント制限緩和 講演会・展示会は収容率100%まで »

15 9月, 2020

新型コロナウイルス感染拡大防止のために実施されていたイベントの開催制限が9月19日から一部緩和される。11月までは同条件とし、12月以降の扱いは今後検討・発表される。

今回の内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室長から各都道府県知事などにむけた事務連絡では、 「大声での歓声、声援等 がないことを前提としうる場合」として下記の条件を満たす催事は、収容率の上限を100%とする。となっている。(これまでは収容率50%、上限5000人とされていた)

これまでの当該イベントの出演者等による類似のイベントの開催実績において、参加者が歓声、声援等を発し、又は歌唱する等の実態がみられていないこと(開催実績がない場合、類似の出演者によるこれまでのイベントに照らし、観客が歓声、声援等を発し、又は歌唱することが見込まれないこと) 。

として別表では、講演・式典、展示会等は大声での歓声がない前提として収容率100%以内の催事に分類されている。

一方、開催においては (1)エビデンス等に基づく感染防止策の注意喚起 として以下の注意喚起を行っている。 【接触感染】 ・ こまめな 手洗いの 励行 ・ 出入口 、トイレ 等での 手指消毒 ・ ウイルスが付着した可能性がある場所の消毒 ・ 人と人とが 触れ合わない距離の確保 ・ 混雑時の 身体的距離を確保した 誘導

【飛沫感染】 ・マスク着用 (飛沫の 飛散 は相当程度抑制可能) ・演者が 発生する場合には、舞台から観客の 間隔を 2m確保 ・劇場 ・ホール内での食事は長時間マスクを外すことが想定され、隣席への飛沫感染のリスクを高めるため 自粛を 促す ・混雑時の 身体的距離を確保した誘導

【マイクロ 飛沫感染 】 ・大声を 伴うイベントでは 隣席 との身体的距離の 確保 ・同一の 観客グループ内は座席を空けず、グループ間は1席(立席の場合は 1m) 空ける ・微細な 飛沫が密集し、感染が発生することを避けるため換気を強化

感染症対策

ダイエット&ビューティーフェア開幕、展示会再開続々と

ダイエット&ビューティーフェア開幕、展示会再開続々と »

15 9月, 2020



19回目の開催を迎える「ダイエット&ビューティーフェア」の様子をレポーター久野華子さんが東京ビッグサイトから生中継でお届けします。化粧品をはじめとするコスメ・美容機器や、サプリメント等を扱うインナービューティ業界等、様々な美容・健康業界のプロが集結するビジネスの展示会(トレードショー)として、商談はもちろん、市場でのトレンドや商機を生みだす情報交流の場ともなっています。

展示会再開が続々続いてるようすを東京ビッグサイト青海展示棟から生中継でお届けする。

開催概要:

名称 ダイエット&ビューティーフェア2020(第19回) アンチエイジング ジャパン2020(第6回) スパ&ウエルネス ジャパン2020(第11回) 健康産業展(新設)

会場 東京ビッグサイト 青海展示棟A・B 日時 2020年9月15日(火)・16日(水)・17日(木) 10:00-18:00(最終日10:00-17:00) 主催 インフォーマ マーケッツ ジャパン株式会社 企画 DIET & BEAUTY 後援 環境省、観光庁、スポーツ庁、独立行政法人 中小企業基盤整備機構、日本貿易振興機構(ジェトロ)

協賛 ダイエット&ビューティーフェア 一般社団法人日本エステティック振興協議会、一般社団法人日本エステティック協会、一般社団法人日本エステティック業協会、一般社団法人日本エステティック工業会、特定非営利活動法人日本エステティック機構、一般財団法人日本エステティック試験センター、一般社団法人日本全身美容協会、厚生省生衛第135号認可全日本全身美容業協同組合、公益社団法人日本フィットネス協会、一般社団法人CIDESCO-NIPPON、公益財団法人日本健康スポーツ連盟、特定非営利活動法人日本ホリスティック医学協会、特定非営利活動法人日本ネイリスト協会、公益社団法人スポーツ健康産業団体連合会、一般社団法人日本フィットネス産業協会、特定非営利活動法人アンチエイジングネットワーク、一般社団法人日本ホームヘルス機器協会、公益社団法人日本通信販売協会、特定非営利活動法人日本スパ振興協会、特定非営利活動法人健康と温泉フォーラム、一般社団法人日本リラクゼーション業協会、公益社団法人日本アロマ環境協会、一般財団法人国際指圧普及財団、公益財団法人日本エステティック研究財団、日本健康科学学会

アンチエイジングジャパン 特定非営利活動法人日本抗加齢協会、特定非営利活動法人アンチエイジングネットワーク、日本健康科学学会

スパ&ウエルネス ジャパン 特定非営利活動法人日本スパ振興協会、特定非営利活動法人健康と温泉フォーラム、公益社団法人日本サウナ・スパ協会、地域活性学会、全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会、特定非営利活動法人アンチエイジングネットワーク、一般社団法人日本エステティック協会、一般社団法人日本エステティック業協会、一般社団法人日本エステティック工業会、一般財団法人日本エステティック試験センター、一般社団法人日本全身美容協会、厚生省生衛第135号認可全日本全身美容業協同組合、公益社団法人日本フィットネス協会、一般社団法人CIDESCO-NIPPON、公益財団法人日本健康スポーツ連盟、特定非営利活動法人日本ホリスティック医学協会、一般社団法人日本リラクゼーション業協会、公益社団法人日本アロマ環境協会、一般社団法人日本ホームヘルス機器協会、一般財団法人国際指圧普及財団、公益社団法人スポーツ健康産業団体連合会、一般社団法人日本フィットネス産業協会、一般財団法人日本健康開発財団、日本健康科学学会

入場方法 来場事前登録の上、「入場証」を印刷しご持参ください。

内容: 美容・健康業界向け専門トレードショー ダイエット&ビューティーフェア、アンチエイジング ジャパン、スパ&ウエルネス ジャパンは、美と健康をテーマに、化粧品・美容機器・健康器具等の業界のプロが集結するビジネス展示会。

愛知・名古屋でも展示会再開、2展が同時開幕

愛知・名古屋でも展示会再開、2展が同時開幕 »

8 9月, 2020

新型コロナウイルスの影響によるイベント自粛・制限が徐々に収まってきそうだ。9月末のイベント制限緩和が19日に前倒しになる見通し、IOC副会長の五輪開催表明など、イベント再開にむけたニュースが飛び交う中、9月9日には、愛知県・名古屋市で産業展示会が2展開幕。イベント再開にむけた機運が高まっている。

イベントマーケティングでは両展示会にレポーターを派遣し、そのようすを生中継する。

名古屋市のポートメッセなごやでは9月9日から11日、「~名古屋から提案!新しい生活様式のビジネスシーン~ 感染症対策総合展」が開催。イベント開催に欠かせなく数々の感染症対策の機器やソリューションの展示や感染症の専門家、イベント主催者などのセッションが注目を集める。

”生まれるのは新しい生活様式とウィズコロナ時代の展示会開催モデル。 徹底した対策により本展では密は発生させません!”と銘打っての開催は 全国のイベント関係者やリアルなコミュニケーションが必要な関係者の注目を集める。

一方、セントレア空港隣接の国際展示場Aichi Sky Expoでは「第5回 名古屋 ものづくり ワールド」が同じ日程で開催される。主催は日本展示会産業最大手のリードエグジビションジャパンだ。同展示会は、東京、大阪、名古屋にて、年3回開催されており、中部地域から出展社が集まり、製造業ユーザーとの間で商談が行われる。

展示会再開の息吹を愛知・名古屋の2会場から2元生中継でお届けする。

生中継 17:30~ 展示会再開の東京ビッグサイト JapanマーケティングWEEK夏

生中継 17:30~ 展示会再開の東京ビッグサイト JapanマーケティングWEEK夏 »

2 9月, 2020



東京ビッグサイトでは昨日から、久々の展示会が開催されています。 2月末にコロナの影響でイベント開催の是非が問われるようになり 4月7日緊急事態宣言が発出されました。

5月25日になって緊急事態宣言解除されても 三蜜をさけるということで、 なかなか大規模な展示会が開催できませんでした。

しかし7月末に大阪の関西ホテルレストランショー 8月には神戸で国際宝飾展が開催されていました。

そしていよいよ 東京ビッグサイトでも 展示会が再開となり その第一弾として JapanマーケティングWEEKがはじまりました。

現地にいる樋口編集長がお届けします。

9月3日20:30開始 なんとなく座談会「いまこそ考えようイベントができること」EVENT MARKETING TALK SHOW

9月3日20:30開始 なんとなく座談会「いまこそ考えようイベントができること」EVENT MARKETING TALK SHOW »

2 9月, 2020

9月3日木曜日、20:30からスタート。 中止・延期・オンライン化が続いたイベント業界。ようやく少し動きはじめてきたが、前のようは戻れないのか。4人のおじさんと、×アイスティ 〇カフェラテ(中はたぶん女子)が語ります。

1)コロナの影響ってどう? 2)オンラインイベントはイベントなのか? 3)イベントの定義、リアルイベントの意味をあらためて問う 4)注目のイベントと、良いイベント、好きなイベント 5)こうなったら面白い」、イベントの世界

↑ という感じの話をする予定ですが、どうころぶかわかりません。

■登場人物

【 カジヤマ ユカリ 】 イベント運営会社勤務8年目のもうすぐ30歳。 スタッフのブッキング、マジシャン・演奏家・大道芸人など特殊人材のキャスティング、会場手配など。

【 たけうち のぶお 】 イベント制作会社→自治体の芸術祭事務局→空間装飾会社(展示会中心)→フリーランス。イベント・空間・マーケティング・事業企画などの「プランナー」として活動している、大阪在住のフリーランスです。

【 近藤和彦@イベント業界.com 】

【 大岩将士@JAPAN PACK 】  一般社団法人 日本包装機械工業会    柿��梨が好きです。でも、展示会はもっと好きです。

「イベント制作会社の企画営業→空間づくり会社の制作ディレクター →BtoB展示会主催者(業界団体)の運営事務局。コンシューマー向けイベントやショウルームも経験しましたが、展示会が一番好きです。イベントディレクター歴9年目。」

【田中力@イベマケ 】  ヒグチ編集長にいつも怒られている

【特集:リアルイベント復活の舞台裏】日本コンベンションサービス  上田  達也さん インタビュー

【特集:リアルイベント復活の舞台裏】日本コンベンションサービス 上田 達也さん インタビュー »

11 8月, 2020

特集:リアルイベント復活の舞台裏 より 【PCO(学術集会)】 日本コンベンションサービス株式会社 コンベンション事業部 マーケティング部AM&C 上田 達也さん

コロナウイルスとイベント業界の戦いは続いている。参加人数制限の緩和は8月末まで延期。 特集、リアルイベント復活の舞台裏では、目まぐるしく変わる情勢のなかイベント人が奮闘する姿をお届けする。

医学系学術集会運営や学術団体の組織運営をサポートする日本コンベンション サービス(株)の上田達也さんが、bravesoft(株)の「イベ博」に登壇した。

リアルとウェブ融合が主流に −学術集会というのはどういうものなのでしょうか

上田 よく学術集会はMICEのCに分類されますが、学術発表のほかに教育プログラム、著名人の講演会、ビジネスミーティング、展示会、懇親会、セレモニーなど、MICEすべてが入っています。収入は展示、セミナー、広告等の企業協賛、と参加登録料が約半々か協賛の比率が少し高い場合が多いです。

 

−オンライン開催が多かったようですが、いかがですか

上田 多くが延期・中止、オンライン開催になりました。日本ラジオロジー協会(JRC)の大会と同時開催の国際医用画像総合展(ITEM)は4月開催を5月からに変更しオンライン開催しました。同会議はもともとスライドに解説文を同時に閲覧できるCyPosというEポスターシステムがあり、移行障壁は少なかったと思います。会期を長くしオンデマンドで聴講できるため、多くのセッションが聞けた、より深く理解できた、遠隔地から参加できたというお声もいただき、ほぼ24時間ウェブへアクセスがありました。

 

−オンライン開催でむずかしかった点は何でしょうか?

上田 JRCとITEMの目的の1つは、研究者、医師、放射線技師、医学物理士、企業が交流することです。演題ごとにチャットで交流できる場を用意したのですが、まだ課題はあり、ウェブ展示会も目に見える効果が得られていないようです。

 

個包装やアクリルでニューノーマルな立食

日本コンベンション研究会が7月24日に開催した「MICEフューチャー・アクション」では懇親会も実施。

ケータリング担当のCITABRIAは料理の個包装やあらかじめピンチョス各種を皿に取り分けること、ディスプレイはアクリルで覆うなど、感染防止を施した。

 

懇談をするハイテーブルはサクラインターナショナルがアクリルボードの仕切りを施工した。会場で参加したMICE参加者はニューノーマルな懇親会で交流を深めていた。

日本コンベンションサービス株式会社のWebサイトはこちら

 

【特集:リアルイベント復活の舞台裏】マグネットスタジオ  薗田  光史さん インタビュー

【特集:リアルイベント復活の舞台裏】マグネットスタジオ 薗田 光史さん インタビュー »

11 8月, 2020

特集:リアルイベント復活の舞台裏 より 【会場運営】 株式会社マグネットスタジオ 代表取締役 薗田 光史さん

コロナウイルスとイベント業界の戦いは続いている。参加人数制限の緩和は8月末まで延期。 特集、リアルイベント復活の舞台裏では、目まぐるしく変わる情勢のなかイベント人が奮闘する姿をお届けする。

都内12会場で、コンサル・運営を手がけるマグネットスタジオでは、「DON’T STOP EVENTS」のメッセージを掲げた特設サイトを開設。主催者・制作会社200名の生の声を集め、いま必要な情報でイベント開催の後押しをする。

お客様目線で、いま必要な情報を −イベント開催状況はいかがですか

薗田 2020年は本来、予約ベースで例年の80%の稼働率を上回る勢いのある年でした。3月以降は新型コロナの影響で12会場合わせ400件のキャンセルがでました。日数にしたらもっとです。

 

−特設サイト「DON’T STOP EVENTS」では会場の換気機能も細かく掲載していますね

薗田 一括りにイベント会場と言っても異なる設備特性の違いや開催に向けた体制、主催者への負担軽減について、わかりやすく伝えたい、ということが第一にあります。

たとえば、サイト掲載の各会場スペック表には「換気機能」という項目があります。最新のビル内に会場があるため、1時間につき最大約16回もの換気回数がある会場もありますが、建設・ディベロッパー業界以外にはよく知られていません。また、ビジネスイベントだけでなくエンターテインメント系イベントを受け入れている弊社の会場は、興行場申請しており、会議施設とも扱いが別です。興行場法によって換気設備の厳しい基準があるんです。

開催体制は設備面でハードの備えを、感染防止策用貸出の備品面で消毒液、非接触体温計、簡易サーモグラフィカメラ、飛散防止シート、来場者用マスク無償提供といったソフトの対応を伝えています。

また、大事なのは、イベント開催費の主催者負担軽減です。政府のイベント開催緩和策で収容人数が50%となれば収入が半分となることも考慮し、8月までの利用限定で各会場の会場費を最大半額相当で提供しています。

 

−イベント開催を応援するサイトを開設した経緯は

薗田 一言でいえば、ライブ・イベント業界への恩返しです。もともとは大学で演劇を勉強して、その流れで舞台に関わる仕事をしたいと、ファッションショーの制作会社に入り、ずっとイベント業界にいます。

今年は、ホールのコンサル・運営をする弊社を創業して20周年。足掛け20年以上この業界にいると当然ながら、恩があるわけです。この真只中にいて、コロナ禍でホールが動かなくなると、当然仕事がなくなります。それはつまり、自社だけでなく、出演者、照明・音響・演出、舞台制作のほか、関わっているプロダクション、プロモーターすべてです。

いち早くメッセージを打ち出していけば、参加されるお客様にも気持ちの後押しになるのではないか、また、イベントを主催する側にも勇気が湧いてくれたらうれしい。実際に「応援するよ」「やっぱりイベントやるよ」とメッセージに応えてくださる方はいます。自ら打ち出すことで、社員にとっても業界を絶やさないという別の責任感も芽生えます。メッセージシールの裏面には、「イベント業界が、必ず復活することを願って!」という言葉を添えています。

 

「DON’T STOP EVENTS」特設サイトはこちら

 

【特集:リアルイベント復活の舞台裏】「病院警備で感染対策を蓄積」JSS 倭文 浩樹さん

【特集:リアルイベント復活の舞台裏】「病院警備で感染対策を蓄積」JSS 倭文 浩樹さん »

11 8月, 2020

特集:リアルイベント復活の舞台裏 より 【イベント警備】 (株)JSS 代表取締役 倭文 浩樹さん

コロナウイルスとイベント業界の戦いは続いている。参加人数制限の緩和は8月末まで延期。 特集、リアルイベント復活の舞台裏では、目まぐるしく変わる情勢のなかイベント人が奮闘する姿をお届けする。

緊急事態宣言から条件付きながイベント開催ができるようになった。イベント関連企業の方々に、コロナ禍での事業の影響、イベント再開へ向けた準備、これからのイベントはどうなっていくのかをうかがった。

病院警備で感染対策を蓄積 コロナウイルス禍の影響

当社の事業はイベント警備が25%、空港警備が25%、商業施設や集合住宅などの施設警備が40%、残りが工事現場などの臨時警備となります。現在イベントがほぼなし、空港もわずかなので、売上は半減してしまいました。

イベント再開に向けた準備

感染症指定医療機関でN95マスクをつけて警備もしており、感染症対策や消毒についてのノウハウが蓄積されています。また、副業として経営している居酒屋もコロナ対策の知見を得る場になっています。ほかにも塩素電解水の精製機器やフェイスシールドも完備しており、いつでもイベント警備に横展開できます。

イベントはどう変わるか

私の個人の考えでは、日本人は風邪の免疫があるなど、重症化、死亡の数も海外と比べ少ないので、元気な人で経済を回すことが大切と考えています。展示会には体調の悪い方や既往症をお持ちの方は来ないでしょうし、会場の天井高や広さもあり、感染防止策をしっかりと施してイベントを開催してほしいと思います。

とはいえ、もしイベントで感染者を出たら、マスコミやネットで叩かれるでしょうし、難しい判断と思いますが、もし開催される場合には弊社が感染防止の機器とノウハウとともにご支援に参上いたします。

株式会社JSSのWebサイトはこちら