Home » 開催情報 (Page 3)
MICEプランナーが目指すアフターコロナのデジタル化語る MPI Japan 3月度セミナー「リアルとハイブリットイベントにおけるDXの活用」

MICEプランナーが目指すアフターコロナのデジタル化語る MPI Japan 3月度セミナー「リアルとハイブリットイベントにおけるDXの活用」 »

9 2月, 2022

MICEプランナーが目指すアフターコロナのデジタル化語る MPI Japan 3月度セミナー「リアルとハイブリットイベントにおけるDXの活用」

リアルイベントやハイブリッドが開催可能になるこれからの新時代に、イベント・MICEのオンライン化で進化してきたイベントテクノロジーをどう活用していくか。さまざまな立場でイベントに関わる3人が、イベントテックのノウハウを語る。

基調講演は1月20日に虎ノ門ヒルズフォーラムで開催されたSHOWCASE2.0での具体的なDXの活用事例を、30年以上の実績を持つイベントプロダクションのホットスケープ前野伸幸氏が語る。 パネルディスカッションでは、Sansan(株)の松尾佳亮氏さんとイベントレジスト大友香織氏の二人を交えて、名刺管理の「Sansan」が乗り出した「イベントテック事業」の戦略とは? イベントフラットフォームの「イベントレジスト」が手掛けるイベントテックの世界観は?といったテーマで、アフターコロナのイベントDXについて論を展開する。

開催概要 日時:2022/3/2(水) 18:30-20:10 方式:ハイブリッド *コロナ感染症の状態によりオンラインも検討 場所:虎ノ門ヒルズ森タワー5F メインホール(予定)/オンライン

内容:タイトル:「リアルとハイブリットイベントにおけるDXの活用」

タイムスケジュール(予定) 開会 18:30

基調講演 18:40 前野伸幸氏(株式会社ホットスケープ代表取締役) 「イベントにおけるDX活用事例」 パネルディスカッション 19:10-20:10*質疑応答含む 「イベントテックにおける事業戦略と世界観とは?」 松尾 佳亮氏(Sansan株式会社 Contract One Unit AGM) 大友 香織氏(イベントレジスト株式会社 カスタマーサクセス / BACKSTAGE実行委員会 統括ディレクター) モデレーター 前野伸幸氏(株式会社ホットスケープ代表取締役)

申込み

 

速水もこみちさんが第10回キャンピングカーアワードを受賞

速水もこみちさんが第10回キャンピングカーアワードを受賞 »

8 2月, 2022

国内最大級のキャンピングカーイベント開催

最新・人気モデルなどが一堂に集結する国内最大級のキャンピングカーイベント『ジャパンキャンピングカーショー2022』が2月10日から13 日までの4日間、幕張メッセ国際展示場1〜4ホールで開催される。

昨年6月に公開された日本RV協会の調査「キャンピングカー白書2021」では、キャンピングカーの国内総保有台数は、2020年には約12万7千台を突破し、同年の販売総額も過去最高の約582億円となった。コロナ禍で医療現場でも活用されるなどキャンピングカーの可能性はさらに広がっており、今後も需要拡大が予測される。展示会場には、最新・人気モデルの車両が全国から一堂に集結し、200万円台のお手頃な価格の車両や1,500万円を超える豪華車両が集まる。イタリアのフィアットは新モデル「FIAT Professional DUCATO」、ジープを日本市場で販売するFCAジャパン(株)は、「Jeep Gladiator」を出展する。

速水もこみちさんが「第10回キャンピングカーアワード」を受賞

キャンプやアウトドア、キャンピングカーが好きな著名人に毎年贈られる「キャンピングカーアワード」。第10回となる今年は、俳優の速水もこみちさんに決定。受賞にあたり速水さんは「食材を求めていろんな場所へドライブする事が好きなので、今回このような賞を受賞させて頂き、とても嬉しく思います。僕自身キャンピングカーに憧れがあり、アウトドアや料理、そして出会い等、様々なシーンで活躍してくれると思うので、キャンピングカーライフを楽しみたいと思います。」とコメントしている。

展示会場には速水もこみちさんをイメージしたキャンピングカーを展示予定。株式会社レクビィと釣具メーカーティムコとのコラボモデル「ホビクル・オーバーランダーIV TIEMCO」 と、有限会社オー・エス・ピー代表であり、バスフィッシング・プロフェッショナルの並木敏成氏が使用しているバスボート「レンジャーZ520C」が展示される。

「ジャパンキャンピングカーショー2022」開催概要

《会期》 2022年2月10日(木) 11:00〜18:00 ※10:00〜11:00 プレス・来賓・関係者内覧会(一般来場者は入場いただけません) 11日(金祝)10:00〜18:00 12日(土)10:00〜18:00 13日(日)10:00〜17:00 《会場》幕張メッセ国際展示場1・2・3・4ホール(千葉県千葉市美浜区中瀬2-1) 《内容》 キャンピングカーの展示・販売、企業情報コーナー、各種物販、アウトドア用品の展示・販売、ステージイベント他 《入場料》 ・前売券…大人(高校生以上)800円/小人(小・中学生)500円 ・イベントガイドブック付前売券…大人(高校生以上)1,250円/小人(小・中学生)950円 ※購入:CNプレイガイド、セブンチケット、ローソンチケット、PassMarket ・当日券…大人(高校生以上)1,000円/小人(小・中学生)600円 ※未就学児無料 ※ペットケア費1頭500円/2頭以上1,000円(当日ご入場の際に支払い) ※障がい者手帳をお持ちの方と付添の方1名様無料(手帳等を提示) ※くるま旅クラブ会員…会場外のくるま旅クラブ受付で入場券を発行(会員の種類のより発行数が異なる。) 《公式HP》https://www.jrva-event.com/jccs/ 《2021出展社数》キャンピングカー;73社、407小間、282台/用品・情報出展・出版社・キャンプ場・観光施設;53社 《2021来場者数》3日間合計 24,166名 ■主催:ジャパンキャンピングカーショー2022実行委員会 ■後援:千葉県/千葉市/アメリカ大使館商務部/駐日スロヴェニア共和国大使館/在日ドイツ連邦共和国大使館/一般社団法人 日本自動車連盟(JAF) ■協力:月刊オートキャンパー/キャンプカーマガジン/カーネル

AppExchange Virtual EXPO 2022に3DCGのメタバース型バーチャルイベントサービス「ZIKU」が採用

AppExchange Virtual EXPO 2022に3DCGのメタバース型バーチャルイベントサービス「ZIKU」が採用 »

8 2月, 2022

AppExchange Virtual EXPO 2022に3DCGのメタバース型バーチャルイベントサービス「ZIKU」が採用

3月3日にオンラインで開催されるSalesforce専用アプリケーションのイベント「AppExchange Virtual EXPO 2022」のプラットフォームに、3DCGでバーチャル展示会を実現できるメタバース型バーチャルイベントサービス「ZIKU」が採用された。

「AppExchange EXPO」は、Salesforce のライセンスの有効活用、業務効率を向上させるクラウドソリューション、成約数・案件数の増加のために「実践的なミニセミナー」を提供し、AppExchangeの特性・活用法を体感できるAppExchangeの専門展示会。2020年からはオンラインで開催されている。今回は従来のセッション動画視聴や資料ダウンロードができる2D型の開催方式に加えて、来場者がアバターで3D仮想空間の展示ホールを自由に動き回り、リアルイベントのようにブース訪問や出展社とのコミュニケーションを体感できる、(株)ジクウが提供するメタバース型バーチャルイベントサービス「ZIKU」を採用する。

ZIKUの採用により、企業ブース内では来場者、出展社双方が音声、チャットで話しかけることができ、すぐに商談がスタートできる。また、出展社は来場者のブース滞在時間や訪問履歴、資料・パネル・ビデオの閲覧履歴なども取得でき、来場者の興味に応じた話しかけが可能になる。

また、来場者がアバターで会場内を自由に歩ける。実際の展示会のような「偶然の出会い」を可能になる。ブラウザだけで動作するので3D専用ソフトは不要だ。。

従来の2D環境でのセッション視聴・資料ダウンロードもできる。

3D空間の展示ブースを設定すると同時に2D環境の出展社ページが開設できるため、3Dイベントへの参加が叶わない環境の来場者も、豊富なコンテンツを視聴・閲覧可能です。

ZIKUの公式サイト

https://ziku.inc

株式会社ジクウ

ジクウは、“時空を超え、時を活かす 世界の繁栄に貢献する”をミッションとして、売り手にも買い手にも必要とされる顧客創造のための新しい出会いの場を、ZIKUサービスを通じて、現実を凌駕する空間として創造していきます。 地域を超え、国を超え、言語を超えた新たな空間は、新しい出会いと気づきとビジネスを生み、互いの繁栄と発展を実現していきます。 また、ZIKU(ジクウ)という社名には、時空を超えるサービスを創り、新たな『時空』を創造していくという想いを込めています。

社名商号  株式会社ジクウ(英文:ZIKU Inc. ) 代表者   代表取締役社長 堀 譲治 所在地   東京都港区三田3-13-16 三田43MTビル4階 事業内容  3Dバーチャルイベントサービス“ZIKU”の開発 URL    https://ziku.inc/

接合技術モダンEXPO’21オンライン2月14日から28日まで開催

接合技術モダンEXPO’21オンライン2月14日から28日まで開催 »

8 2月, 2022

接合技術モダンEXPO’21オンライン2月14日から28日まで開催

ダイセルミライズ株式会社など9社が、異種材料接合技術に関するウェブ展示会「接合技術モダンEXPO’21」を開催する。一昨年に続き、ウェブの特性を生かし、地域にとらわれずPC等の端末からの視聴可能、開催期間中は24間視聴可能とする。今回は期間中に2日間、合計1時間強のパネルディスカッション動画を公開。接合技術の専門家が、接合技術の現状、将来像、普及への課題について議論を展開する。

ダイセルミライズは、金属/異種材料接合技術「DLAMP®」、熱接着フィルム「サーモライトTM」を展。PDFの紹介資料に加え、技術プレゼンテーション動画、加工実演動画も視聴できる。

<展示会概要>

■名称:「接合技術モダンEXPO’21オンライン」 ■主催:接合技術モダンEXPO推進委員会 ■URL:https://www.join-materials.com/ ■日程:2022年2月14日(月) 10:00[NY1] ~2月28日(月)18:00  ※会期中は24時間アクセス可。 ■参加企業 大成プラス株式会社、株式会社中野製作所、株式会社レーザックス、株式会社守谷商会、伯東株式会社、 タキロンシーアイシビル株式会社、ダイセル・エボニック株式会社、ポリプラスチックス株式会社、 ダイセルミライズ株式会社 ■パネルディスカッション タイトル   「金属/異種材接合の用途と普及のための課題」 ゲストパネリスト: 金沢工業大学大学院 教授 影山裕史 先生 パネリスト:大成プラス(株) 代表取締役 板橋雅巳 氏、 (株)ダイセル パフォーマンスマテリアルズ本部副本部長 兼 事業創出本部 副本部長 六田充輝 氏 公開日 2022年2月18日(月) 10:00~18:00、25日(月) 10:00~18:00 ■参加方法 ・上記URLから会場サイトで。必要事項を入力する。

 

 

CP+2022 横浜会場中止、オンラインのみに

CP+2022 横浜会場中止、オンラインのみに »

8 2月, 2022

一般社団法人カメラ映像機器工業会(CIPA )は、 2 月 24 日より 開催を予定していた 「CP +(シーピープラス)2022 」のパシフィコ横浜会場イベント中止を発表。オンライン単独開催となる。

CP+2022 は、コロナ禍の中で 開催するイベントとして 『来場者と出展社の安全・安心』を最重要事項に掲げ、万全な安全対策 を 行う前提で 、パシフィコ横浜会場とオンラインのハイブリッド 開催 に向けた準備を進めてきた。しかし、年明け以来急拡大しているオミクロン株の猛威によって、現在、 感染者や濃厚接触者の急増 、 抗原検査キットの供給逼迫など、 安全なイベント運営に支障をきたす 事態になっていること。現在の感染状況から、2月末までに感染者数が大幅に減少し、安全・安心にイベントを開催できる状態まで回復する可能性 は 低いとし、来場者 、出展関係者 の方々 の心理的不安も考慮して、リアル開催の中止を決定した。CP+のリアル開催は、実施すれば3年ぶりのパシフィコ横浜での開催となるはずだった。

 

博報堂とアイレップが「BtoBマーケティングDXカンファレンス GRIP&GROWTH」開催

博報堂とアイレップが「BtoBマーケティングDXカンファレンス GRIP&GROWTH」開催 »

11 9月, 2021

博報堂とアイレップが「BtoBマーケティングDXカンファレンス GRIP&GROWTH」開催

10月6日(水)、7日(木)の2日間、BtoB企業のマーケティング・セールス領域のDXを推進するカンファレンス「BtoBマーケティングDXカンファレンス GRIP&GROWTH」が開催される。

博報堂と博報堂DYグループ7社は、BtoB企業のDXを統合的に支援する「GRIP&GROWTH(グリップ&グロース)」の提供を開始。サービス名は顧客を獲得(GRIP)し、クライアント企業のビジネスと顧客を育てていく(GROWTH)という意味に由来する。博報堂が当サービスを全体プロデュースすることで、部分最適ではなく全体最適という視点でクライアント企業のマーケティングDXを全面サポートいたします。

アイレップと博報堂が共催で、BtoBマーケティングにおける潜在顧客の獲得や育成、その後のセールス領域に関する戦略や事業支援など、企業のDX を推進するための知識や戦略、トレンドや今後の展望について、各社が解説する同カンファレンスを実施する。

参加対象となるのは、BtoB企業のマーケティング・セールス領域に関わる全ての企業、BtoBマーケティング・セールスのDXに関する戦略立案や実装の方法が知りたい、BtoBマーケティング・セールス全般のトレンドについて興味がある、対象市場における自社製品・サービスのプレゼンスを高めていきたいというビジネスパーソン。

カンファレンス概要

開催場所 オンライン 参加費  無料 開催日時 2021年10月6(水) 13:00~17:00 2021年10月7(木) 13:00~17:00 定員 1000名

 

カンファレンスの詳細・申込みはこちら https://digiful.irep.co.jp/event/grip_growth/

※応募者多数の場合は抽選となる可能性がある。 ※広告代理店、Web 制作会社など、同業他社の方の参加は不可。

■株式会社アイレップについて

アイレップは、広告主のマーケティング成果を最大化する統合デジタルマーケティングエージェンシー。国内圧倒的ナンバーワンの SEM 領域に、データを起点とした新たな広告事業・ソリューション事業、そしてクリエイティブ事業を加え、高度なプランニングを展開することで、「ユーザーへの最適な情報流通により、国内外のクライアント企業の成果を最大化へと導く統合マーケティングエージェンシー」の立場を確固たるものにしていく。 ※アイレップは博報堂DYグループの企業です。

━━ 会社概要 ━━ 【社名】 :株式会社アイレップ 【所在地】:東京都渋谷区恵比寿四丁目20番3号 恵比寿ガーデンプレイスタワー21F 【URL】  :https://www.irep.co.jp/ 【代表者】:小坂洋人 【設立年月】:1997年11月 【資本金】 :5億5,064万円(2021年3月末現在)

【事業内容】: ・広告代理事業 ・ソリューション事業 ・クリエイティブ事業 ・その他

ビジネス×動画のいま!! ブライトコーブ・大野耕平さん 【ライブ配信番組 9/10(金)12:00~】「コースケ・よーこのミュートを解除!第30回」

ビジネス×動画のいま!! ブライトコーブ・大野耕平さん 【ライブ配信番組 9/10(金)12:00~】「コースケ・よーこのミュートを解除!第30回」 »

9 9月, 2021



ビジネス×動画のいま!! ブライトコーブ・大野耕平さん

【ライブ配信番組 9/10(金)12:00~】「コースケ・よーこのミュートを解除!第30回」 動画配信プラットフォームを提供するブライトコーブは、最近では甲子園ライブ配信、また見逃し配信サービスGYAO、TVerなどの裏側を支えているほか、企業マーケティングや社内コミュニケーション、eコマース、e-Learningなど動画活用シーンで導入されています。

今回は「ビジネスシーンで、動画はまだまだ活用できる」と話すブライトコーブ株式会社マーケティングマネージャーの大野耕平さんに、「ビジネス×動画のいま」をテーマに、BtoBでも裾野が広がっている動画活用のいまについて、その変化とこれからをお聞きします。9月28・29日にはブライトコーブさんはじめ動画関連会社による実行委員会主催のカンファレンス「VIDEO HELPS SOCIETY」も開催されるということで、その舞台裏のお話も先取りしますよ。

ブライトコーブ株式会社 マーケティング マネージャー 大野耕平さん

大野耕平さんプロフィール

大手独立系Slerにてソリューション営業を10年経験後、2016年にブライトコーブ入社。3年間の営業職を経験した後、19年より現職。様々な角度で企業における動画活用の啓蒙に注力し、様々なイベントやメディア取材で講演をしている。また、日本における大企業内での社内広報や従業員エンゲージメントにおける動画活用の提案も多数実施している。

配信元: ▼FacebookLIVE イベントマーケティングFacebookページにてライブ配信

▼YouTubeLIVE https://youtu.be/eFOfuyym-V0

▼Podcast(音声のみ) 「コースケ・よーこのミュートを解除!」はPodcastからもお聴きいただけます!

Apple Podcast https://podcasts.apple.com/jp/podcast/月刊イベントマーケティング/id1477460172

Google podcast https://podcasts.google.com/feed/aHR0cHM6Ly9hbmNob3IuZm0vcy8xZjIxZTQ5NC9wb2RjYXN0L3Jzcw

Anchor この放送回の音源 https://anchor.fm/event-marketing/episodes/910120030-e17658c イベントマーケティングのチャンネル https://anchor.fm/event-marketing

 

MPIが新企画、海外チャプターとつながろう!#SeriousFun Twineを使ってみる

MPIが新企画、海外チャプターとつながろう!#SeriousFun Twineを使ってみる »

5 9月, 2021

MPIが新企画、海外チャプターとつながろう!#SeriousFun Networking and Learning Combined: #SeriousFun―#SeriousFun:ネットワーキングと学びの組合せ Twineを使って

ミーティングプランナーの国際団体MPIのベルギー支部が、他支部の会員やMICE関係者とのネットワーキング・イベントが9月16日に開催される。

バーチャルの部屋に入るだけではなかなかネットワーキングの目的を十分に果たせないという考えから、新しい企画として「#SeriousFun」を実験的に実施、ネットワーキングと学びと組み合わせがどのようにされるかを追究される。

セッションにはMindMeetingのミーティングディレクター、Mike Van Der Vijver氏をパートナーに迎え、Twineというツールをインタラクティブ・プラットフォームとして利用する。今回のネットワークイベントはMPIヨーロッパでも初めての試みだという。

MPI ジャパンチャプターは、これまで日本国内のネットワーキングにフォーカスしてきたが、今期は海外とも繋がっていくことを目標にしている。海外チャプターがどのような活動をしているか覗くことのできる、MPIならではの機会となっている。

詳細はMPI Japanのウェブサイトまで。

▼開催概要

【日時】2021年9月16日(木) 23:00 – 24:00(日本時間) 【開催場所】オンライン(参加方法の詳細については、開催日近くに案内される)

▼#SeriousFunで得られること

1. ネットワーキングしながらどのように学ぶかを発見すること 2. #SeriousFunの紹介:よりよい学びとネットワーキングのコンビネーション 3. 参加者たちに活発なネットワーキングを促すためにオンライン・イベントにTwineを組み込む方法

▼参加してみよう!

例えるなら、ジャパン・チャプターの皆さんにはおなじみのオンライン・イベント「IDOBATA-KAIGI」のインターナショナル版。MPI会員はもちろん、一般参加も可能です。ご参加には事前登録が必要。

▼事前登録はコチラから https://events.bizzabo.com/twineMPI ※MPI会員の皆さんはなるべくグローバル会員番号を入力ください。(グローバル会員プロフィールページでご確認ください)

 

Marketing CIRCUS Day Autumn 9月15日オンラインで

Marketing CIRCUS Day Autumn 9月15日オンラインで »

5 9月, 2021

Marketing CIRCUS Day Autumn9月15日オンラインで

デジタルマーケティング事業を手掛けるクラウドサーカス株式会社は9月15日、「日本企業が実践し、成果につなげる、デジタルマーケティングとは」をテーマにした無料オンラインカンファレンス『Marketing CIRCUS DAY Autumn 2021』を開催。キャスティング、運営企画はSTARS株式会社が実施する。「驚くほど簡単に顧客が増やせるしくみ」をスローガンにしたデジタルマーケティングのSaaSを提供する同社がマーケティングに対する知識や課題解決のヒントを提供する。 https://cloudcircus.jp/marketing_circus_day_autumn2021/

開催概要

カンファレンス名: Marketing CIRCUS DAY Autumn 2021 テーマ: 日本企業が実践し、成果につなげる、デジタルマーケティングとは 主催: クラウドサーカス 日時: 2021年9月15日(水)11:00-18:25 開催方法: オンライン開催(無料) 申込方法: 公式サイトより。※申込後に視聴用URLが送られる。 参加費: 無料

セッションテーマ

全15セッション ※変更になる可能性あり

キーセッション 11:15~12:00 日本らしいデジタルシフト戦略

・日本アイ・ビー・エムデジタルサービス株式会社 代表取締役社長 日本アイ・ビー・エム株式会社 執行役員 井上 裕美 ・パイオニア株式会社 NP事業本部 CMO 井上 慎也 ・クラウドサーカス株式会社 代表取締役CEO北村 健一 ・クラウドサーカス株式会社 取締役 小友 康広(モデレーター)

A会場 12:10~12:55 日本型テックタッチ・カスタマーサクセス

・株式会社Box Japan Boxコンサルティング部兼カスタマーサクセス部 シニアディレクター 西 秀夫 ・Sansan株式会社 ビジネス統括本部 カスタマーサクセス部 Small Business CSMs マネジャー 多田 舞衣 ・クラウドサーカス株式会社 事業責任者兼プロダクトオーナー 橋口 浩暉

13:05~13:50 デジタル活用によるマーケティングプロセスの最適化

・株式会社ニューステクノロジー 取締役 大北 潤 ・Chatwork株式会社CMO兼セールス・マーケティングユニット ユニット長 大森 勇輝 ・クラウドサーカス株式会社 マーケティング責任者 石田 拓己

14:00~14:45 CVを最大化させるためにWeb運用で大切な視点

・株式会社才流 マーケティングコンサルタント 澤井 和弘 ・株式会社ブイキューブ・GAX 代表 コンサルタント 佐藤 岳 ・株式会社WACUL取締役 垣内 勇威 ・クラウドサーカス株式会社 DPO事業部グロースマーケティンググループ マネージャー 金海 載大(モデレーター) ・クラウドサーカス株式会社 DPO事業部グロースマーケティンググループ コンサルタント 山元ほるん(モデレーター)

14:55~15:40 日本におけるセールスのデジタル化

・株式会社Rockets CSO鈴木 純太 ・株式会社セレブリックス マーケティング本部長 兼 セールスエバンジェリスト 今井 晶也

AfterコロナのMICE都市とは?GDSがウェビナー開催

AfterコロナのMICE都市とは?GDSがウェビナー開催 »

2 9月, 2021

AfterコロナのMICE都市とは?GDSがウェビナー開催

持続可能な都市づくりのコンサルティングを行うGDS-Movementが9月22日16時から、「サステナビリティの先を行くリジェネレーションとは︖」をテーマにウェビナーを開催する。自治体、コンベンションビューロー、DMO(観光地域づくり法人)など、MICEや観光関係者に向けて、観光旅行からサステナブル・ツーリズムへの移行が加速している世界の潮流や、サステナビリティの次に来ると言われている世界のトレンド「リジェネレーション(再生)」、「リジェネレーション」の先進都市コペンハーゲンの成功事例を紹介する。

観光・イベントの視点から都市のサステナビリティ度を数値化し、持続可能な都市づくりのコンサルティングを行う組織GDSが、日本の観光業に携わる方に向け開催するもので、日本のMICE都市の国際競争力の強化および地域活性化、観光立国の推進にむけた取り組みに活用されることを目的として実施される。

都市の持続可能性を観光・イベントの視点から評価する唯一の指数であるGDS-Indexには、現在世界75都市が参画しており、日本では札幌と京都がこの枠組みに参加している。

今回のセミナーでは、国内のより多くの都市にGDSの最新の取り組みを紹介し、新型コロナウイルス感染症の流行下で、サステナブルの視点から都市が考えるべき課題について、更にはAfterコロナで求められる課題について、問題共有を行う。

開催概要

・日時︓2021年9月22日(水)16:00~17:00 ・主催:GDS-Movement ・タイトル:サステナビリティの先を行くリジェネレーションとは? ・スピーカー:ガイ・ビッグウッドGuy Bigwood(GDS-Movement 代表Chief Change Maker) ミルダ・サルシュートMilda Salciute (GDS-Movement) ピル・クロー・テューセン Pil Krogh Tygesen (Wonderful Copenhagen) ・開催形式:オンラインセミナー ・使用言語:英語。日本語字幕あり。 ・対象:自治体、コンベンションビューロー、DMO、PCO、会議施設、旅行代理店などMICEならびに 観光業界関係者 ・参加費:無料。事前申込制 ・定員:150名 ※定員に達し次第、募集を締め切る場合あり。 ※参加方法及び詳細は下記URLより確認すること。 https://www.convention.co.jp/news/detail/contents_type=15&id=1103